左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」/クロスする異文化 | トップページ | 参議院が調べた日本のオーケストラの課題と役割 »

2017年2月16日 (木)

ひとすじの気持ち/花の季節

いつも写真をお借りしている DADA’sブログさんの記事を見て、梅の名所 「百梅園」 に行って来ました。初めて訪れましたが、何でも100種類以上1200本の梅があるそうです。

ぐんぐん気温も上がり、観梅には絶好の日和でした。梅まつりを開催中でしたが、さすがにまだ早く三分咲きくらいでしょうか。それでも紅梅、白梅が青空に映えてきれいでした。

Dscn24061

Dscn24091

梅の花を眺めながら、最近カルチャーセンターで習ったばかりの和歌を思い出しました。

梅の花まどの硯にちりうきぬ人なつかしき歌かきをれば     与謝野鉄幹  

庭に咲いた梅の花びらが風に飛ばされて、窓際に置いた硯の中に落ちて浮かんでいる様子を風情豊かに表現しました。この時、作者は懐かしい女性を心に思って歌を詠んでいます。散った花びらが過ぎた日の思い出を象徴しているかのようです。

11

人は、咲く花、散る花にそれぞれの思いを込めてきました。


夭折の詩人 八木重吉は、人が花に魅せられる理由を一編の詩にしました。

花はなぜ美しいか

ひとすじの気持ちで

咲いているからだ

Photo

今年も花の季節がやってきました。ひとすじの気持ちを感じながら花を愛でたいと思います。

« 映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」/クロスする異文化 | トップページ | 参議院が調べた日本のオーケストラの課題と役割 »

趣味」カテゴリの記事