左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 合唱団 CORMI デビューコンサートを聴く | トップページ | 秋の一枚/いわさきちひろ »

2016年10月24日 (月)

電線(電柱)の空

「今日あなたは空を見上げましたか。 空は遠かったですか、 近かったですか。」 という書き出しで始まる 長田弘の詩。   ※長田弘 詩集「最初の質問」より


「今日あなたは空を見上げましたか。」 と言われても、

忙しい現代人は空を見上げる余裕がありません。

忙しくない人も、空を見上げるような感性が退化しています。

結局、毎日空を見る人は稀になってしまいました。


でも、せっかくの秋空です。空を見上げて見ませんか。

ところが・・・

Dscn21661
空は、電線(電柱)に占拠されていました。

広い空き地か、田んぼの真ん中に行かない限り、電線のない空を見ることは出来ません。

国土交通省のサイト(ここ)には、電柱の問題点として次の写真を掲載しています。

1.風景を台無しにする電柱

Chi_03_map

2.災害時の救援活動を妨げる電柱

Chi_04_map

3.通行を妨げる電柱

Chi_05_map_2

無電柱化の推進は国策の一つですが、日本には3500万本もの電柱があって、毎年7万本も増えているのです。 (資料は国土交通省)

Denntilyuu

諸外国に比べても、対策の遅れが目立ちます。 (資料は国土交通省)

Hikaku


昨日の夕方、車の中から撮った一枚です。この堤防には電線(電柱)がなくてラッキーでした。

Dscn21751_2

町の中でも、スッキリした秋空が見える日は来るのでしょうか。



« 合唱団 CORMI デビューコンサートを聴く | トップページ | 秋の一枚/いわさきちひろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事