左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書の作品

  • Img_20170420_0004_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 映画 「いのちのかたち」 絵本のようなドキュメンタリー | トップページ | 双眼鏡と音楽のある喫茶店 »

2016年10月30日 (日)

秋の月/滝廉太郎の詩

「秋の月」      滝廉太郎 作詞 作曲  (山田耕筰編曲)

光りはいつも  變らぬものを
殊更 秋の 月の影は 

などか人に物思はする
あゝ 鳴く蟲も  おなじ心か
聲の悲しき

(旧字体使用)

滝廉太郎(1879-1903)は、明治33年(1900年)に日本の春夏秋冬を合唱曲(重唱曲)として 「組歌 四季」 を作曲しました。 (山田耕筰がピアノ伴奏用に編曲)

その3曲目が「秋の月」です。 ※ちなみに、この 「四季」 の1曲目が、「春のうららの隅田川~」 で始まる 「花」 です。その後有名な 「荒城の月」や「箱根八里」などが作られました。

Nagatsukifullmoon

男声ソロ youtube          男声合唱 youtube

「秋の月」 だけは、自身で作詞も手掛けています。調べてみると意外にも、滝廉太郎の作詞が多いことが分かりました。才能が豊かな人だったのでしょう。

しかし、才能豊かな天才作曲家 滝廉太郎は、肺結核で倒れ23歳で夭折しました。当時は結核の伝染力を恐れ、多くの楽譜が焼却されたそうです。


さて、この 「秋の月」 を聴きながら、歌詞を書いてみることにしました。書いてみると悲しさが伝わってきました。そして、2年前にかけがえのない友人を亡くした時のことを思い出しました。


Photo

余談ですが、知人の声楽家が、この曲は 「北上夜曲」 と、出だしが酷似していると、言っていましたが、そう言えば調性も同じです。 愛唱歌 北上夜曲 鮫島有美子

もう一つ余談ですが、滝廉太郎の遺品は、妹さんの子孫が管理されていますが、妹さんの孫がジャーナリストの筑紫哲也さんです。(筑紫さんの祖母が、滝廉太郎の妹)

 

聴いたり、書いたり、調べたりと、秋の夜長を楽しんでいます。



« 映画 「いのちのかたち」 絵本のようなドキュメンタリー | トップページ | 双眼鏡と音楽のある喫茶店 »

趣味」カテゴリの記事