左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 映画 「ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿」 | トップページ | 「壺中日月長」 は、開設以来3年経ちました »

2016年9月29日 (木)

文化は国境を越える/オバマとの面会の意味

2016年、アメリカのオバマ大統領は日本とキューバを訪問しました。その時実現した面会シーンは世界中に報道され大きな感動を呼びました。

~ 日本でのシーン ~

今年5月、広島から世界に配信された「オバマ大統領と森重昭さん(79)の抱擁の瞬間」。

被爆者である 森さんは、40年間 たった一人で 「被爆死した米兵捕虜」 の調査を行ってきた人です。

_89814773__89814446_89814443

■ 森さんは、ヤマハの社員でした。

当時8歳の森さんは、爆心地から2,5Kmで被爆しました。言語に絶する体験を経て、30歳で 「ヤマハ」 に入社しましたが、休日を利用して膨大な資料を調査し、関係者を訪ね、被爆死した12名の米兵捕虜を突き止めたのです。

ヤマハ在職中に、「世の中が平和でなければ音楽は栄えない。」 と実感し、「平和」への思いを強く持たれるようになったそうです。

生き残った者の使命として真実を後世に伝え、人種を越えて平和を希求してこられた森重昭さん。 その奥様(ソプラノ歌手)もまた、平和への祈りを歌い続けてみえます。

※ 参考 ヤマハ社内報 「Symphonia」



~ キューバでのシーン ~

昨年4月、米国とキューバは54年ぶりに国交を回復しました。

中米パナマでの首脳会談に続き、今年(2016年)3月には、88年ぶりに米国大統領がキューバを訪問し、両国の新たな時代の幕が開けました。

この時、ラウル・カストロ氏と共にオバマ氏を出迎えたのが、キューバを象徴するバレリーナでキューバ国立バレエ団芸術監督のアリシア・アロンソ(95)さんでした。

Cubagal032716043

アリシアさんは、20世紀バレエ界において最も偉大な人物の一人ですが、若い頃に渡米して、アメリカン・バレエ・シアターで活躍していました。

■ 盲目のバレリーナと、映画 「ホライズン」

視力を失いながらも踊り続け、バレエ界で最高位の“プリマ・バレリーナ・アッソルータ”の称号を得た伝説のバレリーナ、アリシアさん。

オバマ大統領も敬意をもって面談したことでしょう。


この度、困難を乗り越えて挑戦を続けた盲目のバレリーナの驚くべき人生が映画化されました。

映画 「ホライズン」 (原題"Horizontes") 2016年11月12日(土) ~ 全国ロードショー

映画 「ホライズン」 公式サイト



人種を越えて「平和」 を渇望した被爆者の森
重昭さん、失明しても希望を失わずバレエ界の頂点に立ったアリシアさん。

その二人と、オバマ大統領との面談は何を意味するのでしょうか。

戦争やテロを抑止するものは、決して軍備増強や核兵器開発ではありません。真に人類に和解をもたらす力は、芸術の普遍性と崇高さにあると思います。

対立からは何も生まれません。芸術という媒体を通して 「心を通わせる」 ことが、国境を越え、「平和に至る道」 の第一歩だと信じます。

« 映画 「ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿」 | トップページ | 「壺中日月長」 は、開設以来3年経ちました »

戦後70年関連記事」カテゴリの記事