左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 文化は国境を越える/オバマとの面会の意味 | トップページ | 武満徹 没後20年の秋に思う »

2016年9月30日 (金)

「壺中日月長」 は、開設以来3年経ちました

皆様のお引き立てのお陰で、当ブログも 2013年9月の開設以来 3周年を迎えることができました。


思いつくまま書いてアップさせていただいた記事は、3年間で 925件になり、更新率は80%を超えました。

また、アクセスカウンターによれば、閲覧された(訪問)回数は、27万回に達しました。

もちろん、閲覧された方は特定できませんが、どの地域からアクセスがあったかは、解析可能です。

その結果、拙いブログにもかかわらず、全国すべての都道府県からアクセスいただいていることが分かり、嬉しくもあり恥ずかしくもあり複雑な思いです。

Photo
 図↑は、直近の地域別アクセス(閲覧)状況   (一例)

3年間累計では、やはり人口の多い首都圏が全体の40%、次いで関西圏、中京圏と続きます。


肝心の中身の方は私見に満ちており、自己満足の域を出ませんが、趣味のクラシック音楽を始め、社会問題から日々の所感まで多岐にわたりました。

その中で、わずかでも皆様のお役に立てる記事がありましたら望外の喜びです。

これからも精進を重ね、独自の視点と見やすい記事をモットーに、徒然の想いを書き止めて参りたいと考えております。

皆様には、引き続きお引き立て賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。ありがとうございました。

              
             2016年9月30日    
ブログ 「壺中日月長」 管理人 九拝


« 文化は国境を越える/オバマとの面会の意味 | トップページ | 武満徹 没後20年の秋に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事