左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書の作品

  • Img_20170420_0004_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 中韓の音楽映画 | トップページ | 世界は予測不能に »

2016年7月25日 (月)

政府はもう嘘をつけない(本の紹介No.020)

Amazon.co.jp の売れ筋ランキング 2位(政治入門)! (2016・7・25 18:00現在)

「政府はもう嘘をつけない」 お金の流れで世界を見抜け! 堤 未果 著    角川新書 7月10日初版 800円(税別)

Dscn19071

著者の堤さんの記事を、毎日新聞(2016・7・19付けWeb記事)にて読みましたが、とても明快な文章に引き込まれました。 その一部です↓

「今回、執筆にあたって、つくづく思ったのは、人間がやることのモチベーションの元は全部、欲だということです。損得なんですね。一つの国家が全部、欲にのまれちゃったのが米国なんです。

ここで食い止めるか、それとも 「今だけ、カネだけ、自分だけ」 の方へ、さらに突き進んで滅びるか、というところに来ていると思います。今世界で起きていることって、全部これにつながることなんですね。」  堤 未果


本当にお金の流れを見ると世界が見抜けます。テレビでは決して報道されない世界の真実、マネーゲームの実態。

パナマ文書、アメリカ大統領選、日本に忍び寄るファシズム、憲法改正、テロなどをテーマに、気鋭の国際ジャーナリストが 世界の嘘」 を次々に見破る痛快な一冊です。

 

« 中韓の音楽映画 | トップページ | 世界は予測不能に »

本の紹介」カテゴリの記事