左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 中村紘子さん亡くなる・思い出の幻想即興曲 | トップページ | 映画 人間爆弾 「桜花」 特攻を命じた兵士の遺言 »

2016年7月29日 (金)

観音経を学ぶ

地元の檀信徒会が主催する夏季一週間の 「お経を習いましょう」 が始まりました。

昨年の 「般若心経」 に続き、本年は 「観音経」 を勉強させていただくことになりました。

高齢者の仲間入りを前にして、抵抗なく 「お経の世界」 に入れることは自然な流れと感じる次第です。

会場は、真言宗醍醐派 愛護山 (善光寺安乗院)  美濃四国第1番札所です。

Dscn19231

み空の星は観世音菩薩がわれを看(み)まもりたまふ瞳(ひとみ)である。梢(こずえ)に鳴る風の音(ね)、小川の潺々(せんせん)たる囁き、これら全ては観世音の吾(わ)れに告げ給ふ御言葉である。

自然界の凡(あら)ゆる力は吾れを生かさう生かさうとしてゐる力の顕(あらは)れである。吾が住む世界は最早未知の世界ではないのである。吾は此の世界を理解し、此の世界は吾を理解してゐる。(中略)

吾はいま眞に「愛」そのもの「智慧」そのものに導かれて平和の道を歩んでゐるのである。  「日々読誦三十章経」より一部抜粋

Dscn19281

観世音菩薩の妙智力とは、心の法則でしょうか・・・

今はただ、ご住職について必死に読経するだけです。

« 中村紘子さん亡くなる・思い出の幻想即興曲 | トップページ | 映画 人間爆弾 「桜花」 特攻を命じた兵士の遺言 »

仏典を学ぶ(月例聞法会)」カテゴリの記事