左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の29件の記事

2016年7月30日 (土)

20世紀の合唱名曲を聴く

「20世紀の名曲を歌う会」 という公募型の合唱団があります。

シリーズで、20世紀の合唱の名曲を歌っていますが、既に3回終えて今日のコンサートが4回目とのことでした。

20世紀の名曲を歌う vol.4   指揮/雨森文也 合唱/20世紀の名曲を歌う会 ピアノ/平林知子 2016年7月30日 サラマンカホール

Dc6ba2486cfee5253109c02a97d870cd7bf

高田三郎 「心の四季」 を聴きたくなって、このコンサートに出掛けました。 廣瀬量平 「海鳥の詩」 も思い出の曲です。

プログラムにも書いてありましたが、確かに20世紀の日本の合唱作品が忘れ去られようとしています。合唱ファンとしては憂慮すべきことですが、こうして演奏会で取り上げてもらえることで、名曲の数々が21世紀に受け継がれることは素晴らしいことです。

さて、「山田耕作による五つの歌」は、緩急のコントラストを付けた5曲を興味深く拝聴しましたが、特に 「からたちの花」 の繊細な表現力に感銘を受けました。情景が目に浮かぶようでした。

「海鳥の詩」 は、混声合唱曲の醍醐味を味わうことのできる名曲ですが、3曲目「海鵜」の男声の情感が際立っています。そして、全曲を通してドラマティックで立体感のある演奏は指導者の力量を表していたと思います。 ピアニストの美しい響きも特筆ものです。

千原英喜 「おらしょ」 は意欲的な選曲だと思います。日本と西洋が融合したかのような雰囲気に少し戸惑いながら聴かせていただきました。Ⅲ番の男声ソロは音楽性豊かで魅力的でした。

「心の四季」 は、期待通りの演奏でした。ゆったりとしたテンポで歌い出され、時に激しく、起伏のある演奏で混声合唱を堪能することができました。こんなにイメージの膨らむ演奏は初めて聴きました。

7曲目「真昼の星」 が静かに歌い終わりました。その時、長い数秒間の沈黙があって盛大な拍手が沸き起こりました。

この沈黙こそが、本日の演奏会のハイライトだったような気がします。

それは、今日の演奏で、「合唱団の皆さんの思い」 が、会場の 「お客様の心」 に届いた証だからです。

団員の皆さんがステージで深々と頭を下げられましたが、お礼を言いたいのは私たちです。 ステキな演奏をありがとうございました。

Dscn19321

尚、アンコールは、「生きる」 (作詞:谷川俊太郎/作曲:三善 晃) でした。

人生観が変わるほどの感銘を受けました・・・




   
    

2016年7月29日 (金)

映画 人間爆弾 「桜花」 特攻を命じた兵士の遺言

予告編を見て、いきなりシューマンの歌曲が流れてきたので驚きました。

映画 -人間爆弾 「桜花」 特攻を命じた兵士の遺言- 

人間爆弾と言われた特攻兵器 「桜花」 の出撃隊員の選出にあたった元海軍大尉との対話から、日本人としての死生観、戦争の記憶を描き出したドキュメンタリー映画です。

F75c32bd61e67615
画像 映画.comより

この映画には、シューマン作曲(ハイネ詩)の 「二人の擲弾兵(てきだんへい)」 という有名な歌曲が挿入されています。

擲弾兵とは、いわゆる手りゅう弾を武器とする歩兵のことだそうです。日本軍の場合は、捨て身で攻撃する手法(肉弾戦)が用いられました。

悲しいですが、或る意味、この映画に相応しい選曲かも知れません。

youtube ハンス・ホッターの名唱 → Hans Hotter sings Schumann: Die Beiden Grenadiere ※曲の最後に、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が高らかに歌われます。

人間爆弾 「桜花」 特攻を命じた兵士の遺言 (2014年フランス 原題 Parole de kamikaze)  ※原題を直訳すると、「神風の言葉」になります。 

2016年8月27日~公開

公式サイト

観音経を学ぶ

地元の檀信徒会が主催する夏季一週間の 「お経を習いましょう」 が始まりました。

昨年の 「般若心経」 に続き、本年は 「観音経」 を勉強させていただくことになりました。

高齢者の仲間入りを前にして、抵抗なく 「お経の世界」 に入れることは自然な流れと感じる次第です。

会場は、真言宗醍醐派 愛護山 (善光寺安乗院)  美濃四国第1番札所です。

Dscn19231

み空の星は観世音菩薩がわれを看(み)まもりたまふ瞳(ひとみ)である。梢(こずえ)に鳴る風の音(ね)、小川の潺々(せんせん)たる囁き、これら全ては観世音の吾(わ)れに告げ給ふ御言葉である。

自然界の凡(あら)ゆる力は吾れを生かさう生かさうとしてゐる力の顕(あらは)れである。吾が住む世界は最早未知の世界ではないのである。吾は此の世界を理解し、此の世界は吾を理解してゐる。(中略)

吾はいま眞に「愛」そのもの「智慧」そのものに導かれて平和の道を歩んでゐるのである。  「日々読誦三十章経」より一部抜粋

Dscn19281

観世音菩薩の妙智力とは、心の法則でしょうか・・・

今はただ、ご住職について必死に読経するだけです。

中村紘子さん亡くなる・思い出の幻想即興曲

中村紘子さんが、7月26日、大腸がんのため亡くなりました。 前日が誕生日で、72歳になられたばかりでした。

日本を代表する 「華」 のような存在のピアニストで人気も高く、何度も聴く機会に恵まれました。

ずいぶん昔ですが、あるコンサートで、彼女の弾いた 「幻想即興曲」 に魅せられました。その日以来、「幻想即興曲」に関する認識がハッキリ変わりました。

追悼の意味で、今、CDを聴きながら書いています。

">

夫の庄司薫氏によると、中村さんは死の直前まで、「このところみつけた、モーツァルトからラフマニノフまで、音色に新しい輝きを与える奏法を試すのだ」 と言って、興奮しておられたそうです。 本当に惜しまれます--

生前のご活躍を偲びつつ、謹んでご冥福をお祈りします。 合掌



2016年7月27日 (水)

初めて聴く「揚琴」/金亜軍コンサート

揚琴(ようきん)とは、中国、明朝~清朝(1368-1912)の伝統楽器です。揚琴の元祖はピアノのルーツとされるダルシマーです。

打弦楽器の一種で、台形型の箱の上に弦が張ってあり、竹のバチで叩いて音を出します。本日の演奏に使われた揚琴には、156本の弦が張ってありました。

今日まで生で聴く機会がなく、初めて演奏に触れることが出来ました。

T1ngqyxx0axxxxxxxx_0item_pic
参考写真

揚琴演奏の第一人者、金亜軍コンサート2016 (2016・7・26 HITOMIホール)

揚琴 : 金亜軍(きん あぐん)   ピアノ : 青木弘武(ジャズピアニスト)

20160522_1688483

クラシックの小品から、日本歌曲、映画音楽など幅広いジャンルの曲を、トークを交えて十数曲聴かせていただきました。

とても感情が移入し易い楽器で、打楽器というより弦楽器に近い表現力があります。トレモロが美しく印象的でした。

特に、金氏オリジナルの「 刻 ~とき~」は、日本人の感性に訴える哀切が表現されていました。 美空ひばりの 「リンゴ追分」 、荒井由実の 「卒業写真」 も楽しめました。

映画音楽 「第三の男」、ギターの名曲 「アランフェス協奏曲」 もアレンジが見事で、聴き応え十分でした。

会場の メニコン 「HITOMIホール」 は、100人ちょっとのお洒落な小ホールで、音響も良く、間近で奏者と接することが出来ます。

初めての揚琴コンサートは素敵な音楽体験でした。

金亜軍 公式サイト CD視聴


世界は予測不能に

この数か月に世界で起きた驚きの出来事--


今世紀最大のリーク 「パナマ文書」。

も予想しなかった 「英国のEU離脱」。

米国大統領選での 「トランプ旋風」。

「国ぐるみのドーピング」 が認定されたロシア。

碁の世界で 「人工知能が人間に勝利」。

「トルコでクーデター」 未遂、6千人拘束。

最近では、 「ポケモンGO、世界規模での社会現象化」。

 

これらの想像すら出来なかった事象が、現実に起こっています。


日本でもこの数か月間に、


震度7が二度、想定外の 「熊本地震」 発生。

「東京五輪誘致疑惑」 が浮上。

あの 「シャープが聞いたこともない香港の企業に買収」 される。

またも 「都知事が不祥事で辞任」。

天皇陛下の生前退位ご意向.。


そして昨日、戦後最悪の大量殺人事件が起きてしまいました!!

--もう世界は 「予測不能」 の領域にあります--


さらに、

「中国の南シナ海埋め立て」 が深刻な問題に。 何の解決も出来ない仲裁裁判所。

世界中で起きる 「テロの脅威」。 何故なくならないのか?その黒幕は?

6500万人もいるのに、まだ 「増え続ける難民」。

無力な国際社会・・・


そんな中、

かつての栄光が色あせ、経済が低迷し、格差が進行する日本では、


高齢化ランキングが堂々の世界1位。 
(2015 世銀調べ)

ついに報道自由度ランキングが世界72位。 (国際NGO国境なき記者団2016)

いつの間にか東大が大学ランキングで世界43位。 (THE資料 2015-2016)

医療大国日本の平均寿命が香港などに抜かれて、男性4位、女性2位に。 (厚労省2016年7月発表)

--高齢化以外は誰も予測しなかったことです--

さて、東京知事選はどうでしょう?

宇都宮氏が降りた時点で、鳥越氏の圧勝かと思いましたが、世論調査によれば、小池氏がリードしているようです。勝ち馬に乗ろうとする有権者は、この世論調査を信じて小池氏に投票するかも知れません。危機感を募らせた自公陣営は組織の引き締めを図るでしょう。

当初は無謀とも思われた小池氏の立候補、そして与党の分裂選挙、思わぬ野党統一候補の実現。

「予測不能」 は、都知事選にも言えそうです。



混とんとする世界--

明日、UFOが飛来しても不思議でない世界。

予測不能の世界で生き抜くことは容易ではありませんが、「今を精一杯生きる」 ことだけが、私たちに出来る唯一の 「確実な世界」 なのかも知れません。

2016年7月25日 (月)

政府はもう嘘をつけない(本の紹介No.020)

Amazon.co.jp の売れ筋ランキング 2位(政治入門)! (2016・7・25 18:00現在)

「政府はもう嘘をつけない」 お金の流れで世界を見抜け! 堤 未果 著    角川新書 7月10日初版 800円(税別)

Dscn19071

著者の堤さんの記事を、毎日新聞(2016・7・19付けWeb記事)にて読みましたが、とても明快な文章に引き込まれました。 その一部です↓

「今回、執筆にあたって、つくづく思ったのは、人間がやることのモチベーションの元は全部、欲だということです。損得なんですね。一つの国家が全部、欲にのまれちゃったのが米国なんです。

ここで食い止めるか、それとも 「今だけ、カネだけ、自分だけ」 の方へ、さらに突き進んで滅びるか、というところに来ていると思います。今世界で起きていることって、全部これにつながることなんですね。」  堤 未果


本当にお金の流れを見ると世界が見抜けます。テレビでは決して報道されない世界の真実、マネーゲームの実態。

パナマ文書、アメリカ大統領選、日本に忍び寄るファシズム、憲法改正、テロなどをテーマに、気鋭の国際ジャーナリストが 世界の嘘」 を次々に見破る痛快な一冊です。

 

中韓の音楽映画

国際コンクールの世界で躍進を続ける中国、韓国ですが、音楽映画はさほど作られていないようです。そんな中で、このほど公開が決まった2作品を紹介します。


「あの場所で君を待ってる」 ( 2016年8月27日公開 
2015年中国映画 原題:有一个地方只有我們知道  Somewhere Only We Know ) 

歴史の街プラハを訪れた女性と、シングルファーザーのチェリストは恋に落ちた。

プラハ在住のチェリスト パン・ズーヤン(クリス・ウー)は、ロンドンフィルから誘いが来るほどの優秀な音楽家という設定ですが、劇中でクラシック曲を演奏するシーンは確認出来ていません。

あの場所で君を待ってる 公式サイト

36b3dc7e30246bd5

画像 映画.comより


「奇跡のピアノ」 (2016年10月22日公開 
2015年韓国映画 原題:Miracles on the Piano

母は娘の人生を見守り、夢の扉を開いた。

韓国で 「奇跡のピアニスト」 と呼ばれる、ひとりの少女を追ったドキュメンタリー映画。

目が不自由な少女イェウンは、3歳の時に母の口ずさんでいた歌をピアノで演奏し始めたことから音楽の才能を見出され、たちまち国中で天才少女ともてはやされる。イェウンの母は娘の夢をかなえるため、コンクールに出場させることにするが…

奇跡のピアノ 予告編 映画.com

Ab38e743de9b7da9
画像 映画.comより

2016年7月21日 (木)

月面着陸の日/夜空にやすらふ月

1969年7月20日(日本では7月21日)、アポロ11号が月面の 「静かの海」 に着陸し、人類が初めて月面に降り立ちました。

当時は、すぐにでも月面基地が出来ると思っていましたが、50年近く経った今も、月はほとんど手付かずのままです。

やはり、宇宙開発はSF映画の世界に任せて、神秘な宇宙を残しておいて欲しいと思います。宇宙に進出しても、人類はろくなことを考えないでしょう。


夏の夜の紫玉の中にやすらへり白鷺のごと美しき月   与謝野晶子

Photo

西日本は梅雨が明けました。 今夜あたり、「夜空にやすらふ月」 を眺めてみるのも一興です。



2016年7月20日 (水)

映画 「FAKE」 を観る

ある美術展の帰りに、映画 「FAKE](森達也監督作品)を観ることにしました。この上半期、最も注目されている映画の一つです。

館内は満席に近い状態でした。年配のおじさんから若い女性まで客層はさまざまです。 平日の午後にしては良く入っている印象でした。

この映画館で公開されてから、約1か月経っていますが、この人気はどこから来るのでしょう。 

※東京では6月4日公開以来、まだ上映が続いており異例のロングランに入りました。また、大阪、京都、神戸など関西圏でも、再上映が決まるなど人気は衰えていません。近年にない人気のドキュメンタリー映画と言えるでしょう。

Photo

新垣隆氏の謝罪の告白会見から2年半、あまりにも明暗の分かれた両者を区別するものは何だったのでしょうか?

新垣氏自身が共犯者だと述べているように、両者は18年間もの間、共謀して作品を世に出していました。依頼する側も、受ける側も同罪です。仕事の対価も払われていました。

俗にいう 「ゴーストライター」 ですが、こんなものは珍しくありません。書籍の世界では、矢沢永吉もホリエモンも 「ゴースト」 に書かせていました。松本伊代は、自分で書いた本を読んだこともありませんでした。音楽家もデザイナーも、弟子が作った作品を平気で世に出しています。

それなのに今回、佐村河内守氏が世間からバッシングを受けた理由は二つ考えられます。

一つは、佐村河内氏が 「現代のベートーヴェン」 と言われ、あまりにも脚光を浴びたからです。 世間を欺いた彼はとんでもない 「ペテン師」 だと言われました。

今一つは、 「耳が聞こえる」 のに 「全盲」 であると偽っていたことです。

Thum_01

メディアがブームを創出し、大衆が騒ぎ、CDが売れ、全国でコンサートが開かれました。気が付いたら佐村河内氏はスターダムに、新垣氏は影の存在のまま・・・

新垣氏の突然の告白によって事件が明るみに出ると、今度はすさまじいバッシングの嵐が彼を襲いました。TV局が佐村河内氏の記者会見を中継して、さらに視聴率が上がりました。

その記者会見で最大の争点が、「難聴は本当か?」 という疑問でした。実は、普通に聞こえているのではないか、と言う疑いです。そう思わせる場面もあったからです。

しかし、今回の映画で、彼の「難聴」(感音性難聴)は間違いないと確信できました。さらに、被爆二世であることも証明されました。

この映画が言いたいことは、事件の真相です。メディアが社会現象をけん引する怖さです。そして、TVに依存する社会です。主体性の欠如した国民性です。

加害者と被害者、善人と悪人、ペテン師と天才 という二極分化の社会の危険性です。

社会から抹殺され、ひっそり暮らす一人の人間を通して描かれる 「バッシング社会」、「迎合社会」 に対する叫びとならない「怒り」 が、やはりテーマになっていると感じました。

 Fake

ラスト12分は、森達也監督の賭けだったかも知れませんが、かなり核心部分で良くできています。

ただ、佐村河内氏の才能は感じますが、やはり新垣氏あっての作品だったと思います。構成力やイメージは非常にクリエイティブで非凡ですが、一人では完成出来なかったでしょう。

初めから共作として発表すれば、互いを補完しあって、さらなる秀逸な作品が生まれていたはずで本当に残念です。ラスト12分で強く感じました。

この映画の公開直後から、森監督と、ノンフィクション作家の神山典士氏や、新垣氏の所属事務所の間で意見の相違があるようですが、音楽ファンから見れば悲しくなります。

今後、新垣氏はクラシック作曲家として名声を確立すると同時に、タレントとしても益々活躍すると思います。 もちろん本人の並外れた音楽的才能と、人柄が評価されているからに他なりません。

しかし、影の存在だった彼を表舞台に引きずり出したのは、皮肉にも佐村河内氏の存在でした。 明暗が入れ替わったに過ぎませんが、佐村河内氏の今の境遇は、新垣氏に比してあまりに不当と言わざるを得ません。

「不信」 が蔓延する社会に生きる現代人に、この作品は 「信じること」 の難しさを問いながら、弱者や少数意見に耳を傾ける社会の在り方を模索しているのです。



偽り 「FAKE」 の世界にどっぷり浸かっているのは、本当は私たちなので
はないでしょうか・・・

2016年7月17日 (日)

リオ五輪/ブラジルを知ろう

ブラジルと言えば、「リオのカーニバル」、「サッカー」、「サンバ」、あとは、「日系人」、「コーヒー」 くらいしか思いつきませんね。

その意外と知られていないブラジルで、まもなく 「リオ五輪」 が開幕します。


少し、ブラジルについて勉強することにしました。 ご一緒にどうぞ・・・

1.首都はリオデジャネイロではありません。サンパウロでもありません。「○○○○○」です。 (答えは※)

2.よく見るこの写真の「像」は誰でしょうか?

Imageed338_2

キリスト様です。カトリック信者が多いブラジルの守り神として、リオデジャネイロの丘に立っています。この像のおかげで、地震も台風(ハリケーン)もないようです。

3.国土は広いですよ。日本の約23倍、ヨーロッパがすっぽり入ります。面積は中国に次いで世界第5位、人口も2億人います。GDPも世界第7位、立派な大国です。

4.国歌は、サッカーの試合で聞いたことがありますが、なんとも熱っぽい盛り上がる曲です。https://www.youtube.com/watch?v=s6lH_HUEdnM

国民の6割が29歳以下の若々しい国です。高齢化の日本とは対照的ですね。

5.治安は最悪です!殺人事件は日本の34倍、強盗は315倍です。(2015年データ)世界で一番治安が悪い都市ランキング で10都市のうち4都市がブラジルです。

9915fa3d
スラム街(手前)から高層ビル群を望む(画像http://shock.doorblog.jp/archives/38020214.html)ブラジルも日本と同じ格差社会です。

6.日本との時差は12時間、8月5日18:00~23:00の開会式は、日本では6日の朝6:00~11:00となります。8月6日は土曜日ですから、視聴率は上がること間違いなしですね。

7.南半球ですから、季節は冬になるようです。夏季オリンピックなのに、冬に行われるのは不思議ですが、冬といっても赤道に近いので、日本の秋のような季節とのこと。選手にとっては好条件でした。

余談ですが、2020年東京五輪は猛暑の7月24日開幕、各国選手は暑さ対策が不可欠なことは言うまでもありません。マラソンとか心配ですね。

8.音楽は、「サンバ」、「ボサノバ」、が有名です。(ちなみに「ルンバ」はキューバです)

リオのカーニバルの主要ダンスは 「サンバ」 です。優勝賞金は1000万レアル(1レアル=32円 2016・7・16現在)約3億2千万円です。

ボサノバの代表曲は、マシュケナダ と イパネマの娘 でしょうか。

クラシック系では、ヴィラ=ロボス(1887-1959)が世界的に知られています。曲は、「ブラジル風バッハ(1番~9番)」 が有名ですが、特に5番は良く演奏されますから聞かれたことがあると思います。

Villa Lobos: Bachianas Brasileira n.5 - Anna Moffo.Antonio UrasAntonio Uras

参考曲 Melodia Sentimental

9.さて、リオデジャネイロにある 「幻想図書館」 はご存知でしたか?

Real_gabinete_portugues_de_leitura_

まるで、ハリーポッターの世界のようです。ブラジルのアカデミックな一面を知るには絶好のスポットです。


と言うことで少し調べてみました。私も勉強になりました。
また、リオ五輪については当ブログで記事をアップする予定です。お引き立て宜しくお願いいたします。

音楽から見たリオ五輪開会式は「サンバ」一色だった


※そうそう、首都は 「ブラジリア」 です。

リオ五輪公式サイト

2016年7月16日 (土)

歌紡ぎ 「老猿の会」 を聴く

歩いて5分のホールで、小椋佳のコンサートがありました。 (2016・7・16 清流文化プラザ)

あの頃、未だ10代だった私は小椋佳の歌をよく歌いました。ギターを覚え、友人と夜遅くまで歌ったものです ~「しおさいの歌」、「さらば青春」、もう50年近く前の話です~

その小椋佳が間近で見れるとあって楽しみに出かけました。

歌紡ぎ 「老猿(おいざる)の会」 と称したコンサートは、申(さる)年生まれの小椋佳が自分で付けた会の名前で、「老去る(老いて去って行く)」という意味と、「老いざる(老いはしない)」の両方の意味があるそうです。

Ogura_hp

さて、高齢者であふれたホール内に、小椋佳の歌が響きました。さすがに声の衰えは隠せませんでしたが、あの小椋佳の歌は健在でした。

さらば青春、シクラメンの香り、愛燦燦、夢芝居などが歌われると胸がいっぱいになりました。 特に 「山河」 (作詞:小椋佳、作曲:堀内孝雄)は、切々とした哀感が心に迫りました。

人は皆 山河に生まれ、抱かれ、挑み、
人は皆 山河を信じ、和み、愛す
そこに 生命をつなぎ、生命を刻む
そして 終(つ)いには 山河に還る。

顧みて、恥じることない 足跡を山に 残したろうか
永遠の 水面の光 増す夢を 河に浮かべたろうか
愛する人の瞳に 愛する人の瞳に
俺の山河は美しいかと。美しいかと。

山河 youtube (リンク切れはご容赦下さい)


アンコールは、「顧みれば」 でした。


顧みれば今 込み上げる想い

わたしの運命に 関わった

全ての人々に ありがとう

~小椋さんの万感を込めた感謝のコンサートが終わりました~

2016年7月15日 (金)

「名曲のランチBOX」 を聴く

ヴァイオリンの浅野未希さんと、ピアノの斎藤洋さんによる 「名曲のランチBOX」 と題するコンサートに出かけました。 (2016・7・15 宗次ホール)

大好きな 「お弁当箱 (ランチボックス)」 の中から次々出てくる 「美しい音楽の小品」 を味わおうという趣向のようです。

Img_20160715_0001_new_2

お弁当箱ですから、バラエティに富んだ名曲がいっぱい詰め込んでありました。

ハンガリー舞曲5番、わが母の教え給いし歌、チャールダッシュ、アヴェ・マリア、軍隊ポロネーズ(pf)、夢見る人(pf)、ロンドンデリーの歌、リベルタンゴ、エストレリータ、剣の舞など。

満場のお客様の拍手に応えて、アンコールは 「ニュー・シネマ・パラダイス愛のテーマ」 でした。

超絶技巧の曲から、しっとりとした映画音楽まで、お二人の実力を感じさせる多彩な表現で、ランチタイムのひと時を大いに楽しませてもらいました。

中でも、極小サイズのヴァイオリン(1/16)と、卓上ピアノのデュオは見た目にも楽しめました。

そして、特筆すべきはユーモア満載のトークが素晴らしかったことです。曲の解説というよりエピソードが中心で、本来のレクチャーコンサートの理想の姿があったように思いました。

この続きがまた聴きたくなるようなステキなコンサートにめぐり会えて感謝です。


映画 「カノン」 三姉妹のピアノ三重奏

おかあさん、

憶えていますか?

私たちが弾いた

あの曲を

富山-金沢-東京を結ぶ 家族の絆のピアノ三重奏

B3fa3c310172fd4b

グランドピアノのシルエットが美しいポスター(映画.comより)


心温まる音楽と旅情にのせて、今を生きる女性たちの愛と葛藤を描いた珠玉の映画

Photo_2

感動の結末は、3人で母娘の思い出の曲 「カノン」(パッヘルベル「カノン」 )を奏でるシーンが収められています。 (使用ピアノはカワイ製です)


映画 「カノン」 2016年10月1日~公開予定

映画「カノン」 オフィシャルサイト


2016年7月14日 (木)

夏のメニューを満喫する

月1回の 「男の料理 in ほのりんプラザ」 。 皆勤賞で受講中です。

新しく女性スタッフが加わり、さらに華やかなスタジオになりました。

さて、今回の料理は夏メニューでした。

1.茄子のはさみ揚げ

2.ごまだれそうめん

3.オレンジゼリー

Dscn18992

茄子の間に、合いびき肉、玉ねぎ、土しょうがなどを挟んで揚げただけですが、ボリュームがあって大変おいしく頂けました。

手作りのごまだれで食べるそーめんは新感覚の美味しさです。オクラを添えて涼しさを演出しています。

100%オレンジで作るゼリーは、「パールアガー8」 という食材を使います。寒天やゼラチンを使わないゼリーですが、簡単に作れて夏のデザートに最適です。

Dscn19031_3 Dscn19021

食後は、アイスカフェラテを飲みながら歓談して楽しい時間が流れました。


ほのりんプラザ クッキングスタジオ


2016年7月11日 (月)

男声合唱の魅力に触れる (2)

およそ1年ぶりに男声合唱のコンサートに出かけました。

男声合唱団 コール・ファーテル第10回演奏会  指揮/吉田雅博 (2016・7・10 サラマンカホール)

Img_20160710_0001_new

創立25年の記念すべき演奏会は、第1ステージの 「愛唱歌集」 に始まり、第2ステージの「男声合唱組曲 水墨集」 (多田武彦 曲)、第3ステージは、「青春時代の思い出の曲」 を、ピアノや弦楽アンサンブルを交えて歌われました。

愛唱歌では、「見上げてごらん夜の星を」、「遠くへ行きたい」 などを、豊かな曲想で抒情的に歌い上げ、心地よいハーモニーが満場のホールに響きました。

団員の豊かな合唱経験と、指導者の溢れる音楽性が溶け合った見事な合唱でした。歌詞を大切にした丁寧な歌唱と、実に繊細な情感は、この合唱団の持ち味です。

無伴奏で歌われる 「組曲 水墨集」 は、北原白秋の格調高い詩の核心に迫る深遠な世界を表現して、男声合唱の醍醐味を満喫することができました。

最後のステージは、「竹田の子守歌」、「少年時代」などを、弦楽四重奏とピアノの彩りを添えて、懐かしい青春の日々を慈しむかのように甘く歌われ、会場の盛んな拍手を受けていました。

アンコールは、「精霊流し」 と 「遥かな友に」 。照明効果を考えた演出もあり感動的で楽しめました。共演の弦楽器奏者もピアノも実力者を揃えて熱っぽい好演でした。


さて、近年アマチュア合唱団の多くは、高齢化が進んでいます。また、聴衆も高齢者が目立つようになりました。

失礼を承知で言えば、「老老コンサート」 です。

しかし、この合唱団は、「老老コンサート」 を逆手にとって、お客さん目線でプログラムを組んでいるようです。

お客様に喜んでもらえる選曲に徹した結果、若かりし頃の名曲が並びました。「夏の思い出」、「からたちの花」、「夢見たものは」、「旅の宿」、「さよならをするために」、「岬めぐり」などです。 (前述の曲目を除く)

これらの青春歌を、人生経験豊かな男性が歌い上げることに意味があります。歌に哀愁が漂うからです。

ですから、この日のコンサートは立ち見が出るほどの盛況でした。

合唱を愛して止まない団員の 「純粋な心」 が伝わる素敵な演奏会でした。これからも聴衆に愛される男声合唱団として末永く活動されることを祈念いたします。

投票率を決めるもの

第24回参議院選挙は、改憲勢力が圧勝して終わりました。事前の予想通りの結果でした。

投票率は54,7%で、戦後4番目に低い数字です。有権者の半数近い人は投票しませんでした。

Img_20160711_0001_new

7月11日付 中日新聞より

投票率が低い原因は、「現状の政治に不満がない」 からでしょうか、それとも、「どの政党が勝っても同じ」 だと思っているからでしょうか。

ただ単に 「投票所に行くのが面倒」 だからでしょうか。 「もう何も政治に期待していない」 からでしょうか。

過去の投票時間の延長や期日前投票の導入も、投票率を上げることは出来ませんでしたが、今回の18歳選挙権導入の評価はこれからです。

ただ、こんなに「冷めた目」 で政治を見ている国は日本だけでしょうか、調べてみました。

ヨーロッパ諸国は、ドイツ71%、イタリア76%、英国66%と続きますが、国民の政治参画意識の高い北欧では、スウエーデン85%、アイスランド85%、デンマーク88%、ノルウェー76%、フィンランド67%です。

投票を国民の義務として、罰則規定を設けている国は、シンガポール93%、オーストラリア93%、ベルギー89%、ウルグアイ90%、トルコ88%、ブラジル82%等となっています。 (IDEA等データ参考)

一方、フランスは57%、アメリカは59%と6割を切っています。 先進国でも投票率に差が生じるのは何故でしょうか。

日本では一票の格差を是正することも大事ですが、そもそもの投票率を上げることに取り組むべきだと思います。

近年の選挙では、事前の情勢分析の精度が増しているのか、選挙前に結果が予想され、かなりの確率で傾向が分かるようになりました。

マスコミ各社が行う世論調査で、政党別の支持率や内閣支持率、さらに候補者の得票勝敗ラインなどが分かるようになりました。

また、大規模な出口調査が行われ、当選者がいち早く分かる仕組みが出来上がっています

その結果、まだ開票前に 「当選確実」 になる候補者も多く、今回も、午後8時の投票締め切りとほぼ同時に、90名近い 「当確」 がアナウンスされました。121議席中75%の90議席が、開票を待たずして(開票率0%)で、「当選確実」 となってしまうのです。

選挙前に候補者や政党の支持率が分かり、開票と同時に当落が分かってしまう現在の選挙は、有権者にとってやや味気ない感があります。投票することに意味があるのでしょうか。わざわざ投票所に行っても、結果は見えています。

不謹慎かも知れませんが、選挙にも 「ドラマ性」 を持たせるべきだと考えます。以前の「小泉劇場」 がそうでした。

国政選挙に関しては、国民の関心を高めるためにプロデューサーを置くべきで、例えば、三谷幸喜氏などが適任です。

そして、事前の世論調査は控えるべきです。有権者に予断を与えることになりかねません。新聞各社の政治記者の情勢分析で良いと思います。

出口調査も止めてほしいと思います。刻々と変わる開票結果が選挙の醍醐味です。

私見ですが、投票率を上げる秘策は、「ドラマ性」 と、結果の読めない「ゲーム感覚」 を取り入れることだと思います。

過度の世論調査と、速報を競う出口調査は、マスコミの自己満足に過ぎません。再考の余地があります。


そんなことを感じた今回の参院選挙でした。皆様はどう思われましたか?

長文にお付き合い下さりありがとうございました。

千の風になって/発売から10年

秋川雅史のCD 「千の風になって」 が発売(2006年)されて10年が経ちました。

2006年の紅白歌合戦に登場以来、一躍大ヒット、オリコンではクラシック系アーティスト史上初の1位に輝きました。

その後、「もののけ姫」を抜いてクラシックアーティストのシングル作品の売上記録を樹立。累計売り上げ枚数は100万枚を超えミリオンセラーになりました。

作詞の新井満さんは、「この歌には、“死とは再生すること、いのちとは永遠に不滅なのだ”というメッセージが込められています。」 と語りました。 (原詩 Do not stand at my grave and weep)


ふと、「風」 という字を書いてみたくなりました。

Photo

千の風に
千の風になって
      あの大きな空を
吹きわたっています

あの大きな空を
吹きわたっています


もうすぐお盆です。今年も大切な人を想う時期になりました・・・



2016年7月 9日 (土)

心を書く

現代人は、心に 「荷物」 を背負っています。


心をまるく、荷物を下ろして---

それが私の目標です。

Img_20160709_0003_new_3 

もっとまるく  

Img_20160709_0006_new_4

心をまるく、荷物を下ろして軽くなりましょう。


百日紅(さるすべり)はピアニスト?

夏になると、百日紅(さるすべり) の花が開花します。

百日紅の花は、枝の先端に花が群生するのが特徴です。

花の色は、紅色、ピンク、白、紅紫などがあって、鮮やかに初夏から秋まで咲き続けます。 花言葉は 「雄弁」 。

A5b5a5eba5b9a5d9a5eaa4ceb2d6
画像出典 http://topicks.jp/86595

枝の先に花が咲いている様子は、まるで 「人間の手」 のように見えませんか。

ノンフィクション作家の織井青吾(1931年生まれ)は、そんな百日紅の花が、風に揺れている様を、ピアノを弾く人の手に喩えました。

「みてごらん、風がそよぐと百日紅の花がいっせいにピアノを叩きだすようだ」    織井青吾

Photo


風がそよぐように、自然体でピアノを弾くピアニストにめぐり会いたいと思いました・・・



2016年7月 8日 (金)

世界人口デー/人口爆発の行方

1987年7月11日、世界人口が50億人に達したのを機に、毎年7月11日は 「世界人口デー」 と定められました。 

国連人口基金東京事務所サイト 

7月11日は 「世界人口デー」 だそうです。知りませんでした。

その後、人口は増え続け、2016年現在、74億人です。 わずか30年足らずで24億人も増加したことになります。

2050年には97億人、2100年には112億人と予測され、人口は爆発的に増え続けます。特に、アフリカ、アジア地域の増加が著しいとのことです。

Viewimg1122
クリックで拡大します (グラフは、国連人口基金東京事務所より)

これは、一日に約20万人増えている計算です。

もちろん、亡くなる人も多い(餓死だけで2,4万人/日)わけですが、それでも20万人も増えています。

将来、食糧不足、水不足、医療不足は避けられないでしょう。資源をめぐって領土問題がさらに深刻化するでしょう。

一方、人口増加に比例して経済は拡大するはずです。長いスパンで見れば、企業収益は上がり、株価は何倍にもなるでしょう。


しかし、映画 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」(2016・7・9封切り)の世界が現実に起きるかも知れません。

荒唐無稽ですが、人口減の要因を探ってみました。

1.宇宙人が地球を征服しようと攻撃してくる。(宇宙戦争の勃発)

2.資源の争奪戦が戦争に発展する。(第3次世界大戦の勃発)

3.致死率100%の感染症が世界規模で流行する(恐怖のパンデミック)

4.隕石、小惑星が地球に激突する(SF映画の現実化)

5.太陽活動の低下で地表が氷点下になる。(ミニ氷河期の到来)

6.コンピューターの反乱による世界危機(人工知能の暴走)


バスや電車に定員があるように、地球にも定員があるとすれば、いずれ限界に達するかも知れません。

しかし、戦争や自然災害で人口が減少することは決してあってはなりません。

どんなに人口が増えても、すべての人々が 「平和で豊か」 に生活できる未来を目指さなくてはなりません。

年間13億トン(全生産量の3分の1)もの食糧が廃棄される一方で、9億人が飢えに苦しみ、毎日24000人が餓死しています。 食糧だけみても、実に愚かな現実があります。

人類の英知を結集して、この人口問題を解決することが、今こそ求められているのではないでしょうか。

「世界人口デー」 を機に議論が深まることが望まれます。

確信に満ちた音楽/復活したピアニスト

昨年、突然の交通事故に遭って以来、活動を休止していたピアニスト佐藤由美さんが、このたび演奏活動を再開しました。  (2016・6・26 カンマーザールにて)

Photo_2
本格的なリサイタルではありませんでしたが、

この日は、1.ブラームス ワルツ 作品39-15 2.ショパン バラード第1番ト短調 3.ベートーヴェン ピアノソナタ第26番 「告別」 が披露されました。

集中力とパワー、そして「確信に満ちた音楽」、ピアニスト佐藤由美が完全復活したように思えました。


今後も、サロンコンサートのような身近な演奏会をいくつも重ね、近い将来、リサイタルで完全復活を果たしたいそうです。応援よろしくお願いいたします。

2016年7月 6日 (水)

80歳で作曲家デビュー

浜田宏一・米エール大名誉教授(80)が、作曲家としてCDデビューを果たしました。

「平和の鳩」(アート・ユニオン、2808円)で、幼少時に作曲した童謡集から最近の器楽曲、歌曲まで18曲が収録 されています。

アート・ユニオン サイト

amazon サイト 試聴可

Art3145

浜田氏は、アベノミクスの生みの親とも言われている経済学者で、安倍首相のブレーンとしても知られています。

今回の参議院選挙の争点の一つ 「アベノミクス」 ですが、最近の円高、株安が是正され、経済の好転を期待するしかありません。

一方、改憲の方向も見え隠れしてきました。


平和の鳩」         作詞:不詳

ぼくら 日本のこどもらは

鳩だ 平和の鳩だ

世界の友よ 手をつなぎ

なかよく飛んで あそぼうよ

あかるい世界の空飛んで

平和の歌をうたおうよ


今は平和な日本、この歌詞の世界がいつまでも続くことを願うばかりです。

2016年7月 5日 (火)

光害で天の川見えず

古くは、日本では7月を 「文月」 と呼んでいましたが、近ごろは 「愛逢月(めであいづき )」という異称もあるようです。まさに七夕に相応しい呼び名です。

その七夕がもうすぐそこ。 今年の天気は微妙のようですが、「天の川」 が見れるでしょうか。

「 世界人口の3分の1、天の川見られず ”光害” が影響 」 というニュース(朝日新聞デジタル)を見つけました。

光害(こうがい)とは、過剰または不要な光による公害のことです。

天の川を観測できない人口は、米国で80%、欧州で60%、日本で70%を占め、世界全体では3分の1に上るそうです。(国際研究チームによる発表)

2530

画像出典 http://rakudaoyaji.web.fc2.com/star/kougai.html

人口の半分以上が光害にさらされている国は、ほかにクウェート(98%)、カタール(97%)、アラブ首長国連邦(93%)、サウジアラビア(83%)、韓国(66%)、イスラエル(61%)、アルゼンチン(58%)、リビア(53%)、トリニダード・トバゴ(50%)が挙がっています。

光害は、動植物の生態系問題や人間の健康問題を生じさせ、エネルギー浪費につながりかねないと研究チームは指摘しています。


夜景がきれいだと言っていられない事態ですが・・・

人類は、文明の発達と引き換えに大切な 「何か」 を失いつつあるのではないでしょうか。


今のうちに、自然のイルミネーション 「天の川」 を見ておくことをおススメします。


 

2016年7月 4日 (月)

カエルになりたい

カエルになりたい。

ゆうぜんとして山を見る蛙(かわず)かな   一茶

Photo

イライラ、クヨクヨ、バタバタ。

ため息、プチ切れ、焦り、不安・・・

人の世は波風が立ちすぎる。


泰然自若でありたい。


2016年7月 2日 (土)

ジャパネットの高田氏講演会

通販大手 「ジャパネットたかた」 の代表だった高田明氏の講演を聞く機会に恵まれました。  (2016・7・2 日本青年会議所東海フォーラム)

「夢持ち続け日々精進」 と題する講演で、高田氏は 「今を生きること」 を力説して、それには、パッション(情熱)、アクション(行動)、ミッション(使命)が大事だと説きました。

商売は、「我見」 ではなく、常にお客様の立場に立って、「離見」 で考えること成功につながるとして、ご自分の数々の体験をもとに熱っぽく訴えました。

世阿弥の 「風姿花伝」 や、サミュエル・ウルマンの「青春」 から言葉を引用しながら、今からでも遅くないので、夢を持って 「今を生きて欲しい」 と繰り返し説き、90分の講演が盛況裏に終わりました。

さすが説得力があります。お話に大いに引き込まれ、啓発される講演会でした。

99227_l

写真出典 j-net21.smrj.go.jp

2016年7月 1日 (金)

美人ヴァイオリニスト 宮本笑里を聴く

大好きだったオーボエの宮本文昭氏の二女で、ヴァイオリニスト宮本笑里(えみり)さんのコンサートに出掛けました。 (名古屋室内管弦楽団第7回定演 2016・6・30 しらかわホール)

20160630_700

モンティ 「チャールダーシュ」、サラサーテ 「チゴイネルワイゼン」、マスネ 「タイスの瞑想曲」、エルガー 「愛の挨拶」、どの曲もヴァイオリンの名曲です。

ヴァイオリンの醍醐味 「チャ―ルダーシュ」 を味わい、「チゴイネル」 に心を奪われ、名曲 「タイス」 に癒され、「愛の挨拶」 を夢見心地で聴かせていただきました。

容姿と実力を兼ね備えた宮本笑里さんの演奏を堪能して、あっという間に前半が終了、後半は川本貢司氏の指揮で、ブラームス 「交響曲第4番」 を聴きました。

まだ誕生間もない若々しいこのオーケストラを度々聴いてきましたが、聴くたびに完成度が増して、音楽に深みが加わったように感じます。とても楽しみなオーケストラです。


宮本笑里公式サイト SONY MUSIC


コンクールを制する韓国の戦略

韓国のチョ・ソンジン氏が、世界最高峰のショパンコンクールを制したのは記憶に新しいところですが--

このほど開かれた 第6回仙台国際音楽コンクールのピアノ部門で、韓国のキム・ヒョンジュンさんが第1位となり、優勝を果たしました。

実は、5月に開かれたバイオリン部門でも、韓国のジャン・ユジィンさんが1位で優勝していますので、ピアノ・ヴァイオリン両部門とも、韓国勢が1位を独占したことになります。

公式サイト ピアノ部門審査結果 
ヴァイオリン部門審査結果

このところ、国際コンクールでの台頭が著しい韓国の音楽家ですが、行政主導の文化振興対策が明らかになっています。

ソウル市が6月28日に発表した 「ビジョン2030,文化市民都市ソウル」 によると、まず5年以内に工芸博物館やクラシックコンサートホール、シネマテークなど5大文化施設を新設するとしています。

その予算は、2020年までに3兆6546億ウォン(約3200億円)で、2030年までに文化予算占有比率を、市予算の3%以上に拡大する計画とのことです。 ちなみに、
3%はフランスのパリと同等です。(東京は0,2%) 主要都市の文化予算 PDF

3
 ロッテコンサートホール 公式サイト

2016年8月18日にオープンする 「ロッテコンサートホール」 は、大型パイプオルガンを備えた2036席のクラシック専用ホールです。

オープン記念公演には、ロサンジェルスフィル、ニューヨークフィル、スカラ座管弦楽団、ドイツ放送響など、世界の一流オーケストラのコンサートをはじめとした22の公演が計画中です。

韓国は国威高揚の一環として、スポーツ、文化を活用しようとしています。特に、オリンピックや、国際コンクールなどに国を挙げて取り組んでいるのが良く分かります。

その戦略は、フィギアのキム・ヨナ選手や、ピアニストのチョ・ソンジン氏の快挙が証明しています。

ハード、ソフト両面での韓国の戦略に、世界の熱い視線が集まっています。日本にも見習うべき点があるのではないでしょうか。

そもそも、教育大国である韓国には、「英才教育振興法」 という法律があり、国家的エリートの育成に注力してきました。その成果が実を結んでいると言って良いでしょう。

当ブログ関連記事  韓国の台頭/国際コンクールから得るもの

89歳ピアノ教師のドキュメンタリー映画

映画 「シーモアさんと、大人のための人生入門」


89歳のピアノ教師 シーモア・バーンスタインさんを追ったドキュメンタリー映画。

多くのピアニストが不安と重圧で自分を見失う。

人は常に前へだけは進めない。引き潮があり、満ち潮がある。(ニーチェ)

決して平坦ではなかった彼の人生が、ピアノの調べとともに語られる・・・

640
画像 映画.com より

映画 「シーモアさんと、大人のための人生入門」 (原題Seymour: An Introduction 2014アメリカ) 9月下旬公開

悲しみの音色は、いずれ美しいハーモニーになる。それが人生だ。(予告編より)

オフィシャルサイト 予告編付



« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »