左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 浅田真央/バッハチェロ・スイート? | トップページ | 水の上にて歌える/宇野功芳氏亡くなる »

2016年6月12日 (日)

梅雨にも負けず/風刺画と神託

佐藤正明氏の風刺画と文を紹介します。

「梅雨にも負けず」

「辞め」にも負けず カネには負けて

都議にもマスコミの熱さにも負けぬ

丈夫なメンタルを持ち

日ごと回転ずしとイタリアンを食べ

あらゆるものを自分で

勘定し

東に病気の自分あれば

行って温泉に入れてやり

西に疲れた妻あれば

行ってホテルに泊めてやり

みんなにせこいぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にはされて

 

そういうものに私はなった

Img_20160611_0002_new
平成28年6月11日 中日(東京)新聞朝刊より

Img_20160611_0001_new
平成28年6月9日 同新聞朝刊より


さて、美術に造詣の深いM知事ですから、
東京国立博物館で開催中 (4/12~6/19) の 「黄金のアフガニスタン」展には、公用車で行かれたことと思います。

主要展示品の中に、ギリシャ語刻銘付石碑台座があります。

Uid000067_201602261617051d83c71e

神より告げられた人生訓が刻まれたとされる台座には何と書かれていたのでしょうか。

デルフォイの神託

「幼きものは行儀よき者となり

青年とならば 自制知る者となり
 
壮年とならば 正義知る者となり

老年とならば 良き助言者となれ

されば汝、悔なき死をえん」


前田耕作「グレコ・バクトリア王国の美術」前田耕作、田辺勝美編『世界美術大全集』
東洋編15・中央アジア15、121-126頁、小学館、1999年による(黄金のアフガニスタン展公式サイトより)



連日のように、テレビではどうでも良い 「不倫報道」 と、 「謝罪会見」 を流し続けています。

そのせいで、今世紀最大のリークである 「パナマ文書」 や、A大臣賄賂スキャンダル、五輪招致疑惑などの重大事件が陰に隠れてしまいました。

その方が都合が良い人がいるとは思いますが、「不倫」 と 「謝罪」 一色の日本のテレビは世界の恥です。

自公はM知事を見捨てました。参院選が間近にあるからです。都民(世論)を敵に回すことは出来ません。

今さらギリシャの人生訓を見習えとは言いませんが、もうこれ以上 「悔いの残る人生」 を選択されませんよう切に願っています。



« 浅田真央/バッハチェロ・スイート? | トップページ | 水の上にて歌える/宇野功芳氏亡くなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事