左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 少人数だった男の料理 | トップページ | 交響曲 「連祷-Litany-」 新垣隆/ 8月15日広島で »

2016年5月12日 (木)

劣化する世界 

パナマ文書が実名で公開されました! 最新情報(TBS News)によると、日本国内の住所が700以上あるとのことです。

Photo

劣化する世界

■ その1  63兆2946億円

ケイマン諸島にある 「日本の投資残高」 は、63兆2946億円です(国際決済銀行調べ)。 仮に税率を8%とすると、本来、日本に納められるべき税金は5兆円になります。これは消費税の2%分に当たります。 すなわち、来年2%上げなくても良い計算です。

日本の大手企業と富裕層の個人が名を連ねていますが、口をそろえて 「税金を逃れるつもりはなかった」 と言っています。 当然です。そう言うしかありません。

驚くべき企業や経営者、政府関係者もリストにありました。衝撃は広がっています。

国税当局は調査するとしていますが、違法性を立証することは難しいと思います。オバマ大統領も 「合法であることが問題だ」 と言っています。

また、伊勢志摩サミットの議題にするそうですが、イギリス首相はどうコメントするのでしょうか。

正直者が馬鹿を見る時代です。庶民の怒りは収まりません。経済は腐敗しているとしか思えません。 世界は確実に劣化しています。


■ その2  近隣窮乏化政策とは

イギリスの女性経済学者 J.V.ロビンソン氏が名づけたもので,自国の経済状態を改善するために他国の経済状態を悪化させるような経済政策をとること。 (ブリタニカ国際大百科事典より)

他国に失業などの負担を転嫁し、その犠牲のうえに自国の景気の回復、維持を図る政策をいう。 (日本大百科全書より)

Robinson2

「近隣窮乏化政策」、聞きなれない政策ですが、要するに、「自分だけ儲ければ良い」、と言うとんでもない政策です。 もう 「エゴ」 以外の何物でもありません。

中部大学特任教授の武田邦彦先生は、他国を窮乏化するなどと言う政策は、社会倫理に反するとして、およそ学者が考えること(学問)ではない、と述べています。

パナマ文書で明らかになった 「タックスヘイブン(租税回避地)」 も 「近隣窮乏政策」 も、自分だけ得をすれば良いとする利己的な考えです。

エゴが蔓延し、世界は確実に劣化しています。


■ その3  家の中のセウォル号事件

韓国の殺人加湿器は、犠牲者が100人を超えるなど被害が広がっています。

Photo_3

↑ 「子供にも安全」 と書かれたパッケージ

何と、ソウル大学の教授が、メーカーの「オキシー・レキット・ベンキーザー社」 から金を受け取り虚偽の実験結果を発表していたことが判明しました。

ソウル大と言えば、世界ランキング36位(2015年英国の評価機関であるQuacquarelli Symonds社による)で、日本の東大を上回っている名門大学です。

世も末でしょうか。この事件も、人の命(安全)より経済(金儲け)を優先させた結果起きた痛ましい事件と言えるでしょう。

人命は軽視され、世界は確実に劣化しています。



その他にも、三菱自動車データ改ざん事件はあまりにもお粗末な事件です。もう、ブログに書くスペースも惜しいくらいですから、簡単に触れるだけですが・・・

そもそも、国(国交省)が不正を見抜けなかったことが問題です。見抜けないのは当然で、燃費データの試験をメーカー任せ(自己申告)にしていたからです。

国交省は、三菱自動車に立ち入り検査を検討中とのことですが、検討しなければならないのは、国交省の体質です。今後の試験のあり方です。

東京都知事の金銭感覚や公私混同も含め、日本も世界と同様に劣化しています。目を光らせているのが週刊誌だったり、内部告発だったりと、非常に限られています。

良心が駆逐され、エゴが堂々と闊歩しています。世界は確実に劣化しています。



« 少人数だった男の料理 | トップページ | 交響曲 「連祷-Litany-」 新垣隆/ 8月15日広島で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事