左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 映画 「FAKE」 脳科学者の見解 | トップページ | 調和体を便箋に書いてみる 2 »

2016年4月24日 (日)

忘災の国

地震、台風、噴火、豪雨、毎年のように日本に襲い掛かる自然災害。

昭和20(1945)年以降~平成26(2014)年までの69年間に国内で起きた主な災害だけで60件も発生しています。 唖然とするほどの多さです。

■ 資料1 我が国における昭和20年以降の主な自然災害の状況 (平成27年内閣府防災白書より)


日本の歴史」 は、「災害の歴史」 と言っても過言ではありません。

そして、災害による日本の被害額は、世界の総被害額の15%を占めています。それだけ国(国民)の財産が減っているのです。

■ 資料2 安全・安心社会の確立に向けた国土交通行政の展開 ⑴脆弱な国土 (国交省資料)


災害により、国民の命と財産が失われているのですから、
防災こそが日本の最重要課題であることは言うまでもありません。

戦後最悪の東日本大震災から5年、日本は、「地震、津波、原発事故」 の三重苦を背負って復興に努めてきました。

その最中、震度7の大地震が再び日本を襲いました。熊本地震は、活断層による内陸直下型地震と発表されましたが、活断層は分かっているだけで、日本に2000箇所あります。

活断層の帯は、九州から四国、本州へと伸びています(中央構造線)。 さらに、日本の地下には、無数の活断層が走っています。

日本中、いつ、どこで、震度7以上の地震が起きても不思議ではありません。

Photo
我が国の活断層の分布 (内閣府資料)

そのことを踏まえて原発事故のことを考えると・・・

私たちは、福島の原発事故で、「安全神話」 が崩れたことを思い知らされました。大地震が来ても 「安全」 とされた原発で起きてしまった大事故。 

当初は 「想定外」 と言って、責任回避していた政府、東電でしたが、国会事故調査委の最終報告で 「人災」 と断定され、厳しく責任を問われています。


未曾有の大災害を経験しても、日本は懲りずに 「原発再稼働」 を目指しています。

国民の生命と財産を守ることが最優先されるはずなのに、「安全神話が崩れた原発」をどうして再稼働させるのでしょうか、理解に苦しみます。

このほど、運転期間が40年を超えた 「高浜原発1号機・2号機」 が、規制委の審査に合格しました。 そして、日本では建設中の大間原発を含め25基が原子力規制委に安全審査を申請中です。今後、再稼働の動きは加速されるでしょう。


ある新聞で 「忘災」 という言葉を見つけ、日本の現状を見る思いでした
。あの福島の事故を忘れて、再稼働に走る日本という国は、まさに 「忘災の国」 だと思います。

すでに崩壊した 「安全神話」 を再度持ち出して 「原発再稼働」 を推進する日本は、世界中から 「忘災の国」 と言われても仕方ありません。 悲しい言葉です・・・

 

« 映画 「FAKE」 脳科学者の見解 | トップページ | 調和体を便箋に書いてみる 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事