左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書の作品

  • Img_20170420_0004_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 羊と鋼の森 = ピアノ  書名の発想力 | トップページ | 地震のない国 ~安全な国はあるのか~ »

2016年4月14日 (木)

美味しそうに見えて、ホントに美味しい 男の料理

いつも楽しく料理を習う 「男の料理教室 in ほのりんプラザ」 、見た目の 「美味しさ」 もさることながら、ホントに 「味が美味しい」 のです。もちろん先生の作ったレシピのお蔭です。

さて本日のメニューは、

1.豆腐のオムレツ甘酢あんかけ

2.中華天ぷら

3.いちご大福

Dscn17801

ふんわり柔らかい豆腐のオムレツは、桜エビや葱が入ることで歯ごたえがあって、とても美味しく出来上がりました。

中華天ぷらは、鶏もも肉を、調味料と卵黄、小麦粉、片栗粉で絡め、からりと揚げたものですが、溶き辛子が効いていて絶品の美味しさです。旬のタケノコを素揚げにして添えました。

いちご大福は、特大のイチゴを白あんで包み、もち粉で作った皮で仕上げます。コーヒータイムに戴きました。

Dscn17831

本当は、作っている過程を写真に撮りたいのですが、そんな余裕はございません。作っている時はみんな必死なのです(笑)。



« 羊と鋼の森 = ピアノ  書名の発想力 | トップページ | 地震のない国 ~安全な国はあるのか~ »

男の料理」カテゴリの記事