左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 習い出して40回、男の料理バンザイ | トップページ | SYMPHONY OF TEA を飲んでみる »

2016年3月15日 (火)

チケット保険に入っていれば

楽しみにしていた世界最高峰の歌姫 アンナ・ネトレプコのコンサートに、所用で行けなくなりました。 (2016・3・15 愛知芸文 中京テレビ事業主催)

Kv_pc

人気のクラシックコンサートのチケットは、数か月前から発売されます。その時点では予定が空いていても、当日の急な所用や病気などで、どうしても行けなくなることはあると思います。

特に近年の高齢化に伴い、この傾向は顕著になっています。 時々客席に空きがあるのは、そのためかも知れません。

チケット販売大手の 「チケットぴあ」 には、チケットガード というシステムがありますが、購入したチケット代の、およそ7%前後の掛け金(保険代)で、万一の際の補償が付いています。

一考の価値はあると思います。それにしても今夜は残念でなりません。







« 習い出して40回、男の料理バンザイ | トップページ | SYMPHONY OF TEA を飲んでみる »

音楽」カテゴリの記事