左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 「星空をめぐる音の旅」 を聴く | トップページ | ロッシーニが美食家になったわけを考える »

2016年2月27日 (土)

語りかけるバッハの世界

フランスのピアニスト アレクサンドル・タローのピアノリサイタルに出掛けました。

斬新で洗練された解釈と スタイリッシュな容貌で、ヨーロッパはもちろん、近年日本でも人気のピアニストです。 すでに3月2日の東京公演(plays “Goldberg Variationen”)のチケットは売り切れています。

その アレクサンドル・タロー氏が弾く バッハの「ゴルドベルク変奏曲」 とあっては、何があっても行かなければなりません。

2016/2/27  NBKコンサートホール (鍋屋バイテック会社関工園内)

Img_20160227_0001_new
母親がパリオペラ座のバレエダンサー、父親がバリトン歌手という恵まれた環境に生まれたタロー氏は、40代後半とは思えない若々しくシャープな印象のピアニストです。

自宅にピアノがないピアニストとして有名ですが、その理由は、ピアノに向き合う時間を大切にしたいからだそうです。日常生活と切り離した環境でピアノに向き合うことで、より密度の濃い練習が可能になるとのことです。

彼の研ぎ澄まされたクリアな音色は、そんな理念を反映しているかも知れません。

Dscn16441

滅多に聴く機会のない 「ゴルドベルク変奏曲」 全曲演奏会、もちろん全曲聴くことに意義があります。 ただ75分間、休みなく演奏するピアニストの集中力は聴衆にも伝わり、満場のホール内には張り詰めた空気が感じられました。

タロー氏の演奏は、その空気に溶け込むかのように私たちに語りかけます。

慰めに満ちたアリアは優しく語られ、変奏曲は雄弁に語られます。 時として決然と、時として悠然と、また明快で生き生きとした表情を見せたかと思えば、もの悲しく・・・

そのたぐいまれな表情の変化に、人生の光と影を感じながら、全曲演奏会は私たちの心に大きな余韻を残して終わりました。

タロー氏が語ったバッハの世界に、私たちの人生までもが共鳴した一夜となりました。 いつもながら、主催関係者の皆様に感謝申し上げます。

« 「星空をめぐる音の旅」 を聴く | トップページ | ロッシーニが美食家になったわけを考える »

音楽」カテゴリの記事