左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 櫻井翔くんが演じるベートーヴェンが面白いCM | トップページ | 霜降(そうこう) 秋深まる »

2015年10月19日 (月)

楽譜の朗報相次ぐ 今度は世界記憶遺産に

先月、100年ぶりに発見された ストラヴィンスキーの楽譜。

ストラヴィンスキーの幻の楽譜 「葬送曲」 は、リムスキーコルサコフの追悼会に演奏された後、100年間も所在不明でしたが、このほどサンクトペテルブルク音楽院の書庫から発見されました。

この朗報のあと、今度はバッハの傑作 「ロ短調ミサ」 の自筆楽譜が、ユネスコの世界記憶遺産に認定されたと言うニュースが入りました。 (2015/10/17)

Maxresdefault

世界記憶遺産には、すでにベートーヴェンの 「第九の自筆楽譜」 が登録されていることはご承知の通りです。 wikipedia ユネスコ記憶遺産一覧

このように音楽文化が世界に認知されることは喜ばしいことですが、最近では、日本が申請した 「シベリヤ抑留に関する資料」 や、中国が申請し た「南京虐殺の資料」 が登録され、政治問題化しています。

歴史は検証が難しく、国の利害も衝突します。人類共通の遺産としては不向きかも知れません。 ユネスコには慎重な対応が望まれます。

今回、「ロ短調ミサ」 が登録されたことは、その意味でも大いに歓迎すべきニュースですが、個人的には、何故 「マタイ受難曲」 が先に登録されなかったのか、疑問に思うことしきりです。

 

« 櫻井翔くんが演じるベートーヴェンが面白いCM | トップページ | 霜降(そうこう) 秋深まる »

音楽」カテゴリの記事