左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 守屋多々志美術館 「愛と祈り」展 | トップページ | 男の料理 夏バテを防ぐ »

2015年8月18日 (火)

市民カメラマンで成り立つ報道

連日のように報道される事件、事故。

現場の生々しい写真や映像は、一般市民が撮ったものが多い。

Smile

中国天津の大爆発事故、東京池袋の暴走車による殺傷事故、少し前では調布の民家へ飛行機が墜落した事故。

たまたま付近に居合わせた市民が、決定的瞬間を撮影している。

テレビのニュース映像には視聴者提供、新聞の写真には読者提供と記されことが多くなった。画像が鮮明なので、そのままニュースに使っても差し支えない。

スマホや、車載カメラ、防犯カメラなどの普及で、従来の報道カメラマンがいなくても、現場のリアルな状況が、すぐに家庭に伝わるようになったのである。

とりわけ、スマホの普及は国内で6000万台(2014年時点)、世界全体では14億5000万台に上る。 その分、市民カメラマンは増え続けている。


昨年、多くの犠牲者を出した御嶽山の噴火事故。この時も、登山者のカメラが立ち上る噴煙を捉え、火山噴火の恐ろしさを伝えた。

Bygomhgcaaebb2u

今後は、戦場カメラマンのような特殊ケースは別として、プロの報道カメラマンは必要がなくなるのではないかと思う。


今日もまた、事件や事故が私たちの身近で起きている。 本当は市民カメラマンなどいなくても良い平安な社会が実現することが望ましいが、現実にテロの脅威を含め、社会情勢は悪化している。

 

« 守屋多々志美術館 「愛と祈り」展 | トップページ | 男の料理 夏バテを防ぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事