左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の35件の記事

2015年8月31日 (月)

戦後70年慰霊の旅 その弐続き

8月下旬、この4月に時間の都合で行けなかった 「東京都慰霊堂」 を訪れました。

この慰霊堂には、関東大震災(1923年)の犠牲者約5万8千人と、東京大空襲(1945年)の犠牲者約10万5千人のご遺骨が安置されています。

(※被災の年を見ると、東京は20年余りの間に、2度も焦土と化した世界でも類を見ない被災地だったのです。)

日本では、全土(200都市超)への無差別空襲で、無辜の市民が50万人~100万人亡くなりました。(数字は諸説あります)

その全ての犠牲者を慰霊する意味で、本年5月に天皇皇后両陛下が、この 「東京都慰霊堂」 を訪れご供花されました。

Img_ireido_2 Lif1505260024p1_2

戦後70年、目覚ましい日本の復興と今日の平和を思う時、先の大戦で亡くなった310万人の御霊に哀悼の意を表するのは、今を生きる私たちの務めです。

Img_0678_2

静寂に包まれた慰霊堂にて、献灯、献香させていただきました。安らかにお眠りください(合掌)。



今回は、赤坂迎賓館の見学を兼ねて計画しました。 慰霊の旅は、まだ続きます。







奏でよう平和の音

20150830154302oipii_2 1960_protests_against_the_united__2

世の中、エライ事になってきた!

この写真を見て、そう思いました。 Wikipediaで見た60年安保闘争の写真(右モノクロ)とそっくりです。 (写真出典http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7800.html)

しかし、戦後2回の安保闘争は、学生(全学連)や労働団体が中心で、反政府的な過激な行動も目立ちました。

今回のデモは、一般市民による秩序ある抗議行動です。テレビで見る限り、若者から、親子連れ、サラリーマン、お年寄りたちが集まって12万人という人の波を作っています。

海外メディアも、英BBCが 「日本の若者は目覚めた」 と伝えるなど、強い関心を示しました。


■ そのような中、8月29日付の東京新聞記事に、

音楽家有志が安保法案に反対して、「戦争法案に終止符を!音楽人・団体の会」 を発足させたとのニュースがありました。

呼びかけ人は、池辺 晋一郎氏、三枝成章氏、湯川れい子氏ら著名な音楽家が名を連ね、約200の個人・団体も賛同しているということです。

9月10日には東京で、戦争の悲しみや平和をテーマにした 「音楽の夕べ」 と題したコンサートが開催されます。

Image006_2 Image008_2

昨日のデモでマイクを握った 坂本龍一氏を始め、多くの音楽家が、今の政治の方向性に懸念を表明しています。

「平和国家貫け。」 小澤征爾氏( 2015・7・20 共同通信の単独インタビューに答え)

「若き自衛隊員を死なせていいのか。」 長渕剛氏( 2015/7/19 フジTVワイドショーにて)


戦時中、音楽は戦意高揚のためのプロパガンダとして利用されました。その忌まわしい過去
の反省に立って、音楽家は 「悲痛な叫び」 を上げているのです。

「奏でよう平和の音」 に託した音楽家の思いを無駄にしてはならないと思いました。

 

Photo



2015年8月30日 (日)

デジタルリマスター版 名画2本

■ 戦場のピアニスト(原題 The Pianist) 2003年公開

第75回アカデミー賞主要3部門受賞の 「戦場のピアニスト」 が、戦後70年の本年、デジタルリマスター版で、リバイバル上映されるようです。

戦火を生き抜いた天才ピアニストの真実の物語。

夜想曲20番を始め、バラード、マズルカ、前奏曲など、ショパンの名曲が次々に演奏されます。ベートーヴェン「月光」ソナタ他も楽しめます。

2015・8・28~全国 期間限定にて順次公開


■ 愛と哀しみのボレロ(原題 Les uns et les autres)  1981年公開

指揮者カラヤン、音楽家グレン・ミラー、舞踊家ヌレエフ、歌手エディット・ピアフという実在の4人の芸術家をモデルに描かれた壮大な人間ドラマ。

「シェルブールの雨傘」 のミシェル・ルグランと、 「ある愛の詩」 のフランシス・レイという映画音楽の巨匠2人が音楽を担当。 さらに、ラベル作曲、モーリス・ベジャール振付によるバレエの名作 「ボレロ」 を天才バレエダンサー、ジョルジュ・ドンが舞う。

2015・10・17~東京 恵比寿ガーデンシネマにて4週間限定上映

Poster222 Poster211_2

戦場のピアニスト 予告編(映画.com)

愛と哀しみのボレロ 予告編(映画.com)


映画館まで足を運べない方は、リマスター版 DVD 等で鑑賞して下さい。




映画 「サヨナラの代わりに」

私に残された時間は、あとわずか・・・

ALS(筋委縮性側索硬化症)に冒されて、余命を告げられた主人公のケイト。

Campaign_big

35歳の誕生パーティでピアノを弾いている時、異変に気付くケイト。


予告編では、ベートーヴェン 「悲愴ソナタ」 第2楽章が流れますが、本編では、ショパン 「英雄ポロネーズ 変イ長調」 が使われています。


映画「サヨナラの代わりに」 オフィシャルサイト 予告編

2015・11・7 全国公開!

コンサートホールでロケした C M が素晴らしい

野村不動産プラウドのテレビ CM 「コンサートホール篇」 がとても素晴らしい!


ロケの場所は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド 「セヴェランスホール」

使用曲は、ガーシュウィンの 「Someone To Watch Over Me」 (編曲 千住 明)

演奏は、千住 明指揮 / ワルシャワ・フィルハーモニック・オーケストラ

Bg

プラウド コンサートホール篇 youtube(リンク切れの為視聴不可)

メイキング映像 youtube (♪ 1分39秒 )(リンク切れのため視聴不可)


洗練されたホールの映像と、華麗なモデルの杏奈さん、そしてガーシュインの曲がマッチして、実にセンスの良いCMに仕上がっています。

初めての薪能

地元で29年も続いている 「長良川薪能」 を観る機会に恵まれました。

今回は、人間国宝の梅若玄祥(うめわか げんしょう)氏が出演するとあって、会場には多くの観客が訪れていました。

5e28b0b68f_3 Umewakagensho04_3

金華山と岐阜城をバックに、かがり火に照らされた日本の伝統文化を堪能することが出来ました。

野外の催しは、どうしても天候に左右されます。この日も途中で雨が降りましたが、無事に公演が行われました。雨の少ないヨーロッパと比べると、日本の野外イベントはリスクがありますが、これからも伝統の薪能が続いていくよう願っています。

Epson154
中日新聞(8月29日朝刊より)





2015年8月28日 (金)

意外な C M 音楽/東京海上日動

東京海上日動の TVコマーシャル 挑戦シリーズ 東京2020挑戦者たち編

「君は、挑む。僕は、戦う。」 の音楽に、モーツァルトの 「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 が使われています。

挑戦する勇敢なシーンに、天国的な宗教曲は 「全く意外」 な選曲です。

しかし、何の違和感もなく、実に感動的なCMに仕上がっています。

11701182_708202595958056_7748731329

東京海上日動テレビCM youtube (現在視聴できません)

東京海上日動 CMサイト (現在このサイトでは別のバージョンになっています)

わずか46小節の音楽に込められた 「天上の音楽」 は、挑戦者たちの 「険しい道」 の先に 「無上の喜び」 として鳴り響くのでしょうか。 素晴らしい演出です。


この演出は、CMディレクターの中島哲也氏とのことですが、映像と音楽の 「不思議な融合」 に感銘を受けました。

「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 の名演と言えば、300万回も再生されている、バーンスタイン指揮の Youtube 動画がお勧めです。 興味のある方はどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=6KUDs8KJc_c

余談ですが、天上の音楽を演奏したバーンスタインは、この演奏の6か月後に天国に召されました。一日に100本のタバコと一本のウイスキーが日課だった彼の死因は、やはり肺がんでした・・・

「心躍るオペレッタ」 を聴いて観て~

「心躍るオペレッタ~愛と笑いの二重唱」 (宗次ホール 2015・8・27) を鑑賞しました。

聴くだけでなく観ても楽しい 「心がウキウキするコンサート」 でした。


演奏は、今尾奈々(ソプラノ) 片山博貴(テノール) 舘美里(ピアノ) の皆さんです。

Epson152

オペレッタを中心に、趣向を凝らしたステージ構成は、見る人を退屈させません。スピード感のある舞台で、あっという間の一時間でした。

今尾さんと片山さんの生き生きした歌唱と、セリフ、動きのある演出、どれを取っても、素晴らしく、音楽の楽しさを満喫しました。 舘さんのピアノソロも音が綺麗でした・・・

Dscn13801

アンコールは有名な 「メリーウイドウ」 ワルツでした。

こういう楽しめるクラシックが、身近に聴けることが一つの文化だと思いました。益々のご活躍を期待します。

2015年8月27日 (木)

映画 「アクトレス〜女たちの舞台〜」

大女優たちの光と影を、極上の映像美とクラシック音楽で描く話題作。


使用曲の一部は、

ヘンデル : オンブラ・マイ・フ(ラルゴ) オペラ「セルセ」より  Largo De Xerxes – Georg Friedrich Haendel

パッヘルベル : カノン Canon and Gigue in D Major for 3 Violins and Basso Continuo-Johann Pachelbel

ヘンデル : ソナタ2番ニ短調 Sonate No.2 in D Minor – Georg Friedrich Haendel

Poster2

画像 映画.comより

「アクトレス 女たちの舞台」  原題 Sils Maria   

2015・10・24~全国順次ロードショー

アクトレス 女たちの舞台 オフィシャルサイト

2015年8月22日 (土)

安保法案と安倍再選の行方(PV10万回記念)

参議院で審議が再開された安保法制。

もし、会期内に参院で議決されなければ、60日ルールによって、今国会で「可決成立」することは言うまでもありません。

しかし、禁じ手の60日ルールを使って採決(衆院再可決)に踏み切れば、世論は黙っていないでしょう。たちまち、内閣支持率は大幅低下し、安倍首相の退陣が現実のものとなります。

安倍首相サイドとしては、支持率低下は何としても阻止しなければなりません。

そこで、譲歩できるものは譲歩して、ひとまず点数稼ぎをすることにしました。それが、「新国立競技場の白紙撤回」 と、「70年談話」、「辺野古話し合い」 です。 この三つで、現状の支持率は何とかキープ出来ました。

10511169_508786322554465_4961185935

安倍首相 懸命の譲歩 

その1 新国立競技場の白紙撤回

利権の象徴だった競技場を白紙に戻して、「国民の声」に耳を傾けることにしました。総理の主導力に一定の評価はありましたが、五輪は大きくつまずき、税金60億円が無駄になりました。そして、文科省やJSCの信頼は失墜しました。


その2 戦後70年談話

4つのキーワードを全て入れ、対外的にも国内的にもギリギリ合格点の談話を発表しました。主語がないと批判する人がいますが、よく読むとキチンと書かれています。首相が支持率低下を気にして、自説を曲げたことは明白ですが、談話自体は評価しても良いのではないでしょうか。 

事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別(けつべつ)し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。(談話の一部)


その3 辺野古移設工事の一時中断

打開策がないまま対立が深まっている 沖縄県と政府(国)。これまで強硬な姿勢が目立った政府が、ここへ来て、話し合いのテーブルに付くと言ってきました。そのため辺野古工事も一時中断すると言うのです。 これ以上現地の世論を刺激しないで、支持率維持を図った方が得策と考えたのでしょうか。しかし一時的なポーズに過ぎないと思います。


※このように あの手この手で支持率低下を防ごうとしましたが、相次ぐ総理周辺からの失言問題が後を絶ちません。↓


ここから、安倍政権マイナス要因について


安倍首相の足を引っ張る身内の失言

その1 マスコミを懲らしめろ!

自民党の大西議員が、広告料をなくして 「マスコミを懲らしめる」 そのために経団連に働きかけるなどと発言。言論弾圧,取られかねない問題発言に、党内から批判も出る始末です。当然です。


その2 法的安定性は関係ない!

Hqdefault

磯崎首相補佐官が、安保法案と憲法との整合性をめぐって発言しましたが、つい本音が出たのではと野党から猛反発。 「法的安定性は関係ない」 は今年の 「流行語大賞」 に選ばれるのではないでしょうか。


その3 「だって戦争に行きたくないじゃん」 は利己的 発言

自民党の若手 武藤議員が、ツイッターで、法案反対の学生グループ 「SEALDs」 に対し、 「利己的個人主義」 に基づいた主張だと批判。 その後、未公開株問題で自民党を離党しましたが、身内の公明党は 「離党だけ」 で済むものではないと苦言を呈しました。

「だって戦争に行きたくないじゃん」 も、今年の「流行語大賞」に選ばれるでしょう。

「ナチスに学べ」発言の麻生副総裁は、武藤議員に「自分の気持ちを発言するのは、法案が通ってからで十分間に合う」 と注意していますが、見当違いも甚だしいと思います。

また、自民党の三原じゅん子議員が、日本の侵略戦争のスローガンだった 「八紘一宇」 と言う言葉を使ったことも問題視されましたが、最近この手の失言・問題発言が多過ぎると思います。だから、賢い議員は沈黙を守っているのかも知れません。

ただ、政権与党の発言であっても、自由な言論は保証されるべきなので、過度のアレルギー反応にならないよう注意も必要です。



さらに、安倍政権の足を引っ張る疑惑のエンブレム騒動

0724tokyo2020_sano_666

■ 疑惑の五輪エンブレム

東京五輪のイメージを地に落としたエンブレムの盗作疑惑。 次々と発覚する 「別の盗作」 と、「新たな疑惑」 。 海外からも批判の声が・・もうこれは 「日本の恥」 としか言いようがありません。

部下に責任を転嫁するなど、佐野氏の呆れた釈明がネットなどでバッシングされている一方で、親戚が日本スポーツ振興センター (JSC) に勤務、兄弟が官僚という佐野氏、コネクションも疑われているようです。救いようがありませんね。

もう 「辞退」 してもらう以外に道は無いでしょう。 そうしないと、国民はこのエンブレムを見るたびに嫌な気分になってしまいます。

ただ、この件で東京五輪には再度ケチが付くことになり、安倍政権の支持率低下は免れないことになりそうです。

※このブログ記事で、エンブレムのロイヤリティ200億円程度が、佐野氏側に入るとの見解を述べましたが、エンブレムの著作権は組織委員会にあり、ライセンス料は同委員会に帰属します。 謹んで訂正し、お詫び申し上げます。(当該部分は削除致しました)

◆その後、エンブレムは白紙撤回されました。

■ アベノミクスの限界

大規模な金融緩和策で誘導した円安、公的資金を投入してつり上げた株価、公共事業のバラまきによる雇用対策。

しかし、賃金は物価上昇に及ばず生活は楽になりません。輸入原材料のアップで苦しい経営を強いられる中小企業。格差は広がるばかりです。

第3の矢 「成長戦略」 が見えないまま、あと1年半後(2017/4月)には、消費増税(10%)が決まっています。消費が落ち込むことは避けられない情勢です。

残念ながら、アベノミクスは政府が言うように成功しているのか疑わしい状況になってきました。 この後に国民を待ち受けるのは、インフレと増税、格差社会、そして軍事立国を目指す日本、だとしたら・・・


■ 原発再稼働

世論の反対を無視して再稼働した「川内原発」。早速トラブル発生でニュースになっていますが、重大事故の責任の所在が不明なまま、今後次々と予定されている再稼働。 福島の事故が全く収束していない段階で再稼働を急ぐ必要があるとは思えません。

国民世論と乖離した政策は、政権運営にマイナスに働くことは言うまでもありません。


■ 公明党の造反(=起死回生のチャンス)

支持母体の創価学会は、創設者の牧口氏が、戦時中に治安維持法などの罪で不当に逮捕され、獄中死した経緯から、絶対平和主義の宗教団体として今日に至っています。

自民党に加担して、安保法案を通すようなことになれば、その平和主義が揺らいでしまいます。

本音を言うと、今回ばかりは安保法案に賛成できませんが、公明党は相変わらず自民党にすり寄っています。 ついに公明党と創価学会の 「立ち位置」 が違ってきました。

公明党は、自民党にすり寄ることで政権に参加してきましたが、その引き換えに主体性を失ってしまいました。 もし、公明党が野党だったら、安保法案に賛成したでしょうか。自民党と一体化して平和主義を放棄した公明党は、あとで大きな代償を払わねばなりません。

20近くある閣僚のポストで、公明党に割り当てられているのは、たった一つです。公明党の貢献に比してあまりにも少なく、ほとんどは自民党が独占しています。公明党は自民党に足元を見られているのではないでしょうか。利用されているだけの存在です。

Photo_2

憲法違反の疑いが濃厚の 「安保法案」 に対し、反対に転じることは容易なことです。支持母体との関係を最優先すべきですから当然の帰結と言えるでしょう。公明党支持者(創価学会員)は理解を示すと思います。

支持率低下でやがて危険水域に入ることが必至の 「安倍自民党丸」 と運命を共にするのが得策とは思えません。 結党の精神に帰って、自民党との腐れ縁を断ち切る勇気も必要です。

公明党の政権からの離反は、実は 「起死回生」 の大チャンスです。 今こそ公明党という公党の存在意義を示す時です。安保法案に反対する半数以上の国民を味方に付ける最後のチャンスです。

 

安倍政権プラス要因について

■ 非力な野党

そもそも今日の一強多弱の政治体制は、民主党政権が国民の期待を裏切ったことから始まりました。特に、シロアリ退治をすると言っていた野田首相(当時)が、増税を断行したことで、一気に不信感は高まり、結果として自民党が政権に返り咲いた訳です。自民党が勝ったのではなく、民主党がボロ負けしたのです。責任は主権者たる国民にもありますが、野党は離合集散を繰り返すばかりで有権者の信頼を失ったままです。

今回の安保法制も、もし、60日ルールを発動するようなことになったら、参院の野党議員は全員が辞職するくらいの意気込みを示してほしいと思います。二院制が無視されたのですから、職を賭して抵抗するのが筋というものです。その覚悟なくして法案阻止は難しいでしょう。でも正直言って期待はしていません。

国民の反対の声をバックにすれば、法案は廃案に追い込めるなどと甘いことを言っていたら、永久に政権を奪還することは出来ません。 残念ながら、今の野党にそんな気概は感じられません。

■ 株価の急騰

2万円を切ってしまった日経平均株価ですが、大幅に上昇するようなことがあれば、やはり消費に好影響が出るでしょう。結果として経済は好転しますからアベノミクスの評価は上がります。世界的な金余り状態は続いている訳ですから、要は日本に資金が流れる条件整備が必要だと思います。


■ 拉致問題、急転直下の解決

難航する拉致問題が、もし解決する方向に向かえば、安倍内閣の支持率は上がるでしょう。 もしも、水面下での交渉が続いていて、かつての小泉さんのように、安倍首相が直接乗り込んで拉致被害者を連れて帰ることが出来たら、安倍長期政権が実現することは間違いありません。


■ 紛争、テロ事件の勃発

絶対あってはならないことですが、万一、重大な紛争またはテロが発生し、邦人が巻き込まれるような事態が起きれば、安保法制の反対派は減るでしょう。 9・11を思い出して下さい。あの事件は米国の防衛費増額に正当性を与えることになりました。世論は誘導されやすいものです。



以上、安保法案の行方と、安倍政権の今後について多岐にわたり考察してきましたが、9月末の任期満了に伴う自民党総裁選は、どうやら安倍首相の無投票再選の可能性が濃厚の情勢です。


すなわち、現実には 「安保法案」 は可決成立し、安倍さんは自民党総裁(首相)に再選されるということです。


プラス要因、マイナス要因の作用によって、結果は流動的ですが、戦後70年の本年、日本の進路に暗雲が立ち込めていることは憂慮される事態です。

 

映画 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」

トム・クルーズ主演 最新作 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」 (上映中)

この映画の見せ場のひとつ、政府要人の暗殺を阻止するシーンは、ウィーン国立歌劇場を舞台に撮影されました。

481703740

その時使われたクラシック曲が、プッチーニ作曲オペラ 「トゥーランドット」 より 有名なアリア 「誰も寝てはならぬ」 です。

米国のテノール歌手 グレゴリー・クンデが歌っています。【本家パバロッティも驚きの美声です】

Photo
Samon Promotion. Incより

♪参考 Youtubeの動画 → グレゴリー・クンデ 誰も寝てはならぬ


最近のハリウッド映画は中国の資本が入ることが多いそうです。この映画も例外ではなく、ロケ地はウィーンのオペラ座でも、曲は中国を舞台ににした 「トゥーランドット」 になったのでしょう。

※他にも、モーツァルト作曲 オペラ 「フィガロの結婚」 序曲も使われています。

2015年8月20日 (木)

残暑厳しい折 少し自己を見つめる

今年も 3分の2が過ぎようとしています。残暑厳しい折ですがいかがお過ごしでしょうか?


さて、日常の些細な出来事や、日々の思いを綴ってきた当ブログも、9月末でまる2年を迎えます。 

その間、穏やかな時間が流れる一方で、将来への漠然とした不安や、社会への憤り、言い知れぬ焦燥感に苛まれることがあります。

それでも時間は容赦なく流れ、多くの大事なことが積み残されていくのです。

ふと、このままでいいのかと、自己嫌悪に陥ることがあります。 自律神経が悲鳴を上げる声が聞こえます。

その塞いだ気分を紛らわすために、日々無理やり予定を詰め込んでいるのが私の日常です。

そんな数日の出来事です。

Dscn13651

まちかどコンサートのお手伝い(8月16日)

Dscn13661

ある高校で行われた音楽研修会を見学(8月19日)

20060720hakaseai
DVDによる映画鑑賞会&勉強会に参加(8月19日夜)



自己満足の生活かも知れません。 意義を見出すことは困難です・・・

男の料理 夏バテを防ぐ

カルチャー教室へ通う目的の一つに、仲間とのコミニュケーションがあります。共同作業で料理を作り、みんなで食べて、食後はコーヒータイム。 男性同士でも結構楽しいものです。 

大事な「書」の教室を休んで、今回も 「男の料理教室 in ほのりんプラザ」 へ出掛けました。


1.イカの丸ごとバター焼き

2.ゴーヤ(と豚肉)の卵炒め

3.揚げナスのポン酢おろし

Dscn13711_2

ゴーヤは苦味があるので、あまり好きではありませんが、ビタミンCが豊富です。豚肉はビタミンB1が豊富ですから、夏バテには最適のようです。もちろん、ビールにも合います。

イカのバター焼きは、みりんと醤油におろししょうがを加えて味付けしました。一味唐辛子のかかったマヨネーズで食べたら最高に美味しくいただけました。

いつも先生が、一品サービスで作ってくれますが、今回は木苺とブルーベリーの入ったデザートでした。 (写真右端) ご馳走様でした。この瞬間がとても幸せです。

2015年8月18日 (火)

市民カメラマンで成り立つ報道

連日のように報道される事件、事故。

現場の生々しい写真や映像は、一般市民が撮ったものが多い。

Smile

中国天津の大爆発事故、東京池袋の暴走車による殺傷事故、少し前では調布の民家へ飛行機が墜落した事故。

たまたま付近に居合わせた市民が、決定的瞬間を撮影している。

テレビのニュース映像には視聴者提供、新聞の写真には読者提供と記されことが多くなった。画像が鮮明なので、そのままニュースに使っても差し支えない。

スマホや、車載カメラ、防犯カメラなどの普及で、従来の報道カメラマンがいなくても、現場のリアルな状況が、すぐに家庭に伝わるようになったのである。

とりわけ、スマホの普及は国内で6000万台(2014年時点)、世界全体では14億5000万台に上る。 その分、市民カメラマンは増え続けている。


昨年、多くの犠牲者を出した御嶽山の噴火事故。この時も、登山者のカメラが立ち上る噴煙を捉え、火山噴火の恐ろしさを伝えた。

Bygomhgcaaebb2u

今後は、戦場カメラマンのような特殊ケースは別として、プロの報道カメラマンは必要がなくなるのではないかと思う。


今日もまた、事件や事故が私たちの身近で起きている。 本当は市民カメラマンなどいなくても良い平安な社会が実現することが望ましいが、現実にテロの脅威を含め、社会情勢は悪化している。

 

2015年8月17日 (月)

守屋多々志美術館 「愛と祈り」展

守屋多々志美術館で開催中の 「戦後70年 愛と祈り」 展(2015・7・18~9・23)を鑑賞してきました。

太平洋戦争末期の昭和20年、(守屋画伯の郷里) 大垣は6度の空襲を受けました。翌年、復員列車で駅に降りたった守屋は、焦土と化した街並みに呆然としますが、それでも故郷の風景に励まされたと晩年に語っています。

懐かしいふるさとの情景、愛と平和への祈りをテーマとする企画展です。 (青字は企画展チラシより)

Eb6d6ae767d3ab6f4c2f1419ce847cbb_3

「誕生(聖徳太子)」 ↑ (クリックで拡大) 愛と祈りと優雅さに満ちています。



今回の展覧会では見れませんでしたが、実はこの美術館には、
守屋多々志の代表作の一つ、「ウィーンに六段の調べ」 ↓ が所蔵されています。

明治20年からオーストリア・ハンガリー全権公使としてウィーンに赴任した戸田伯爵の夫人が、ある夜会で、ブラームスの前で「六段の調べ」を演奏している絵画です。

Rokudan_2

ウィーンの楽友協会には、ブラームスが筝の演奏を聴きながら、その特徴を書き込んだ楽譜が残されており、昭和60年、関係者の研究により、ブラームスが実際に琴の演奏を聴いたことが発表されました。

研究者によれば、ブラームスの最晩年の作品には、日本の侘び寂び(わびさび)にも似た閑寂枯淡の境地が表出しており、少なからず日本音楽が影響を与えたとしています。全く同感です。


■ さて、守屋多々志が平成13年に文化勲章を受章していることから、過去の377人の受賞者を調べてみると、何故か音楽関係者が極端に少ないことが分かりました。

西洋音楽分野では、山田耕筰、吉田秀和、朝比奈隆、小澤征爾の4人だけでした。 

これほど音楽(洋楽)が文化に貢献しているのに不思議としか言いようがありません。  

ツィゴイネルワイゼン弾き 募集中!

世界初! 世にも珍しい、 「ツィゴイネルワイゼン」 に特化したコンクールが登場しました。

第1回 宗次ホール ツィゴイネルワイゼン ヴァイオリンコンクール(本選 11月23日)

Epson151

 宗次ホール コンクール公式サイト

「ツィゴイネルワイゼン」 を得意とする演奏家のためのコンクールだそうですが、曲を限定したコンクールは珍しく、日本では、埼玉県で行われている 「全国 『叱られて』 歌唱コンクール」 くらいしか思い当りません。 (※このコンクールは前回より「日本歌曲歌唱コンクール」に改称されました)

国際コンクールでは、ショパンコンクールが、本選では(ショパン)ピアノ協奏曲1番又は2番と限定されています。

将来は、「幻想即興曲」 コンクールとか、「ある晴れた日に」 コンクールとかが出来ても面白いですね。

その後の調査で、東京港区に、「エリーゼのためにピアノコンクール」 があることが判明しました。

 

ちなみに、ツィゴイネルワイゼンを作曲したサラサーテの 「パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリンコンクール」 では、過去に日本の川久保賜紀氏が1位に、松田理奈氏がディプロマ入賞しています。 

きっと日本中にいる自称ツィゴイネルワイゼン弾きと、ツィゴイネルワイゼンファン。 


さあ、日本一のツィゴイネルワイゼン弾きは誰になり、どんな演奏を披露するのでしょうか? あなたも日本一のツィゴイネルワイゼンを聴いて見たいと思いませんか?

様変わりする盆踊り

8月14日15日、今年も自治会主催の盆踊り大会が盛大に行われました。 この盆踊りは、お囃子が本格的な生演奏で行われるのが 「売り」 です。

音楽はやはり生演奏が一番ですが、CDにしても生演奏にしても、盆踊りのような戸外の行事は、スピーカーで拡声しますから、付近の住民にどうしても迷惑をかけてしまいます。

Dscn13571

盆踊りの起源は平安~室町時代と言われ、ご先祖の霊を供養する行事として今日に伝わっています。

もちろん、当時は拡声装置はなく、文字通り生演奏でした。 おそらく今より厳かな宗教的行事だったのではないでしょうか。

江戸時代には絶頂を極め、夜通し踊られることもありました。男女の出会いの場でもあったと記録に残っています。 浴衣を着るようになったのは明治以後とのことです。


近年は、伝統的な盆踊りのほかに、民謡風や子供向の踊り(音楽)も増えました。先祖の供養というより、街の一大イベントとして定着しています。


そんな中、産経新聞のニュースで、騒音対策上の風変わりな盆踊りがあることを知りました。

■ 無音盆踊りの登場

愛知県東海市大田町では、踊る人が全員イヤホンを付けて踊る 「無音盆踊り」 が評判のようです。

踊り手はFMラジオなどを持参すれば、100メートル範囲なら受信可能だそうですが、何とも奇抜なアイデアです。

すでに、5,6年前から続けていて、年々参加者は増えているとのこと。今年は、この 「無音盆踊り」 を延400人が楽しんだそうです。

見ている人からすれば、かなり 「不気味な光景」 ですが、踊っている人は 「踊りに没頭できる」 ので評判は上々らしく、このアイデアは近隣住民にも踊り手にも受け入れられているようです。



ただ、私の所属する自治会の盆踊りがもし無音になったらと考えると、やはり淋しくなります。ご先祖は、時代の変化をどう見ていらっしゃるのでしょう。

2015年8月16日 (日)

芥川賞「火花」のフィーバーと、クラシック音楽

又吉直樹氏の書いた「火花」(文芸春秋)が200万部を超える売り上げとなり、芥川賞受賞作品(単行本)では前人未到の快挙と言われています。

Hibana200_2 Shelf_hd_1393_5b22ed7c24613af720e_2

お笑いタレントという話題性もあったかも知れませんが、純文学に新風を吹き込んだなどという評価もあり、やはり才能が開花したのでしょう。


このように文学界では毎年、新人作家の作品が 「賞」 に選ばれ、多くのファンを魅了します。

美術界でも、日展などを経て、新しい作品が世に出ます。

スポーツ界でも、新しい記録が作られ、世間が注目します。


それに比べて、クラシック音楽の世界は、新しい作品(作曲)が世に出ません。したがって、楽譜やCDも売れません。

コンサートでは相変わらず、古典音楽(古典派・ロマン派)が中心です。

ここに、クラシック音楽衰退の最大の原因があります。 もう100年も続いている現代音楽の低迷。 ベストセラーになるような新しい作品が登場することを願いますが、難しい現状です。

当ブログ記事 → クラシック音楽衰退の原因と対策


■ 余談ですが、今回の「火花」で、又吉氏に入る印税は、一冊1200円(税抜)×200万部×10%として、2億4千万円になります。但しスポーツ紙などによると、所属の吉本が半分差し引くので、本人の取り分は1億2000万円とのことです。真偽の程は定かではありませんが。

 

 

音爛漫を聴く

東京藝術大学3年生によるコンサート 「音爛漫(らんまん)」 を聴きました。(2015/8/11 ザ・コンサートホール)

地元出身の現役藝大生によるコンサートですが、邦楽から様々なジャンルの洋楽まで多彩なコンサートでした。

いずれもトップクラスの演奏を披露されましたが、能楽師 観世流シテ方の久田勘吉郎氏の、世阿弥 「養老」 が非常に印象に残りました。 能が始まると、満席の会場には、ピーンと緊張が張りつめ、厳かな空気の中に久田氏の朗々たる声と、美しい舞が披露されました。

日本の古典芸術も 西洋の芸術も、同列に 「人類の遺産」 とも言うべき素晴らしいものだとあらためて感じました。

ソプラノ、コントラバス、ピアノ、筝曲、チェロ、ヴァイオリン、楽理(プログラムノート)も楽しく聴かせていただきました。

Epson148_2 Epson149_2

本日演奏された皆様の前途は洋々です。今後のさらなるご活躍を祈念いたします。

2015年8月15日 (土)

「ちばてつや 講演会」で平和を考える

「あしたのジョー」 で有名な 漫画家ちばてつや氏の講演会に出掛けました。

ちば氏は、中国奉天で終戦を迎え、命からがら日本へ引き上げて来た経歴を持ちます。

しかし、現地で隠れていた屋根裏部屋での体験が、漫画家の原点になりました。

Taka_2 96958a9c93819497e3e2e2e09f8de3e3e_2 9784063719116_l_2

当時6歳だった自分(ちば少年)の、死と隣り合わせの戦争体験が、生々しく語られました。 中国残留孤児の背景も分かりました。

国民の8割が戦争を知らない戦後生まれになりました。こうして体験談を聞く機会は少なくなると思います。

戦争を語り継いでいくためにも、今回の機会はとても重要な意味があります。主催者様に感謝いたします。




2015年8月13日 (木)

加害者の視点も忘れてはならない

韓国を訪問中の鳩山元首相は、植民地時代の西大門刑務所跡地を訪れて、モニュメントの前でひざまずき、手を合わせました。 (各社報道)

Slide_445882_5924462_compressed_2

沖縄戦や特攻隊の悲劇、 太平洋の島々での玉砕、本土も空襲で焦土と化し、さらに広島・長崎への原爆投下、そしてシベリア抑留。

今、日本は戦後70年の終戦記念日を前に、慰霊と鎮魂の祈りに包まれています。

日本は唯一の被爆国であり、先の大戦で310万人もの人命が失われました。その意味で日本は被害国であり、国民は被害者と言わねばなりません。 祖国のために命を捧げた御霊を追悼するのは当然です。

言うまでもありませんが、戦争ほど愚かなものはなく、戦勝国であっても、ロシアで2000万人、中国で1300万人が犠牲になっています。 ユダヤ人は600万人が殺されました。

どの国も大きな犠牲を払っていますが、その一方で相手国に対し大きな損害を与え、人民を殺傷してきました。 それが戦争なのでしょう。

被害者意識ばかりでは、正しく歴史を見ることが出来ません。

日本が資源を求め、中国や朝鮮を始めアジア地域を侵略したことは歴然たる事実です。

被害を受けたと同時に、被害を与えてきたのです。そのことは正当化できません。

今回、鳩山元首相が韓国で反省と謝罪の意思を表明したことは、加害者の視点に立った立派な行動です。 

ここで言う 加害者の視点とは、被害を与えたことへの痛切な反省と謝罪の念を持つことです。

例によって自虐的だと批判する意見もあるかも知れませんが、史実は曲げられません。もちろん、国益を損ねることはなく、むしろ世界から称賛されるでしょう。 

自国の犠牲者の霊を慰めると同時に、過去の間違いを認め、心からの反省と謝罪の念を持つことは人間として当然です。今回の鳩山元首相の行動を高く評価するものです。


さて、2013年4月、安倍首相は硫黄島で英霊にひざまずきました。滑走路の下に眠る日本兵の御霊に頭をさげて慰霊したのです。

この行為もとても立派なものです。現職の総理大臣が英霊の眠る滑走路に土下座したのです。歴代総理ではもちろん初めてのことでした。

O0717096012504012530

安倍首相は明日、戦後70年の談話を発表しますが、侵略、反省、お詫びのキーワードは盛り込まれるのでしょうか。

被害者の視点と、加害者の視点の両方を持った正しい歴史認識に立った談話が発表されることに期待します。


ジャズライブを楽しむ

お誘いを受け、近くのライブカフェで、ジャズのライブを楽しませていただきました。

加納 奈実 (as) カルテット、石田 衛 (pf)、杉本 智知 (b)、則竹 諒 (ds)

Dscn13541

30席ほどの店内は満席でしたが、お客さんとアーティストが空間を共有できるのが、ライブの面白いところです。

そして、クラシックにはない即興的な要素が魅力です。奏者も心から楽しんでいるようでした。 音楽の楽しみ方はそれぞれです。 また機会を作りたいと思いました。


世界で最も美しい「君が代」を聴いて平和を願う

国歌 「君が代」 は、わずか11小節の短い歌です。 演奏時間は1分ほど。

このほど、「別冊正論24」 の付録 CDに、世界で最も美しい 「君が代」 が入っていると聞いて興味を持ち、早速書店で購入してみました。 (正論と言う本は初めて買いました)

61ygxfujmol__sx343_bo1204203200__3

別冊正論24 サイト

内閣書記官長 迫水久常氏の証言など、貴重な音声も収録されており、興味深く拝聴しました。

さて、君が代の演奏は、終戦時の玉音放送で流れたもの(1分20秒)と、戦後に東京芸術劇場で演奏された、宇宿允人(うすき まさと)氏指揮/フロイデフィルハーモニー、合唱団のもの(1分11秒)の二種類が入っていますが、どちらもゆったりとしたテンポで、格調が高く、日本の悠久の歴史と崇高な理念が表現されているように感じられました。


右でも左でもなく、純粋に国歌 「君が代」 を聴きながら、「平和」 をあらためて考えてみましたが、本文中に
宇宿允人氏の言葉がありましたので、以下に紹介します。

■ 孤高の指揮者 宇宿允人氏の言葉 (本誌文中より)

「平和」 という言葉が飛び交う傍らには、必ず 「戦争」 という言葉が付きまとう。「戦争」 と 「平和」 の関係性は表裏一体であり、人間は歴史上、この悲劇のパターンを繰り返してやまなかった。

ベートーヴェンという芸術家の出現と彼が遺した偉大な理念と作品は、悲劇の連鎖を打ち切る金字塔と言っていいだろう。

その考えがEUという形で結実する。EUの国歌は 「第九 歓喜の歌」 。世界に平和をもたらすのは武力でなく、人類愛と文化の力であることを二百年という時をかけ、ベートーヴェンは見事に証明したのだ。

しかし、日本の現状に暗澹たる思いは募るばかりだ。経済的効率ばかりが優先され、価値基準は人気のあるなし、売れる売れないのみ。皮相的な価値観は、本来人間が持つ精神的奥行や潤い、しなやかさを奪ってしまった。

私は思う、このような薄っぺらな世の中だからこそ、今、本物の芸術が必要なのだ。

Mucd030

宇宿氏は惜しくも2011年に他界されましたが、もしご存命でしたら、今の政治の現状をどう思われているのでしょうか。

般若心経を習う

神社境内でのラジオ体操が終わると、隣接する寺院で、「お経を習う会」 が開かれています。

本堂で毎日40分ほど正座して、ご住職から 「般若心経」 などのお経を習いました。

 
Dscn13251_4 Epson150_2

参加賞と粗品を頂戴して、今夏の勉強会は終了しました。


同時に習った 「仏教の十戒」 とは、

 1.不殺生(ふせっしょう)  みだりに生き物を殺しません。
 2.不偸盗(ふちゅうとう)  与えられていないものを取りません。
 3.不邪淫(ふじゃいん)   いかがわしい男女関係を持ちません。
 4.不妄語(ふもうご)        ウソをつきません。
 5.不綺語(ふきご)          無駄なうわさ話をしません。
 6.不悪口(ふあっく)        乱暴な言葉を使いません。
 7.不両舌(ふりょうぜつ)  他人を仲違いさせるような言葉を言いません。
 8.不慳貪(ふけんどん)   異常な欲を持ちません。
 9.不瞋恚(ふしんに)       異常な怒りを持ちません。
10.不邪見(ふじゃけん)    (因果、業報、輪廻等を否定する)間違った見解を持ちません。



ちなみに、モーゼの十戒とは、(プロテスタントの場合)以下はWikipediaより
  1. 主が唯一の神であること
  2. 偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
  3. 神の名をみだりに唱えてはならないこと
  4. 安息日を守ること
  5. 父母を敬うこと
  6. 殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
  7. 姦淫をしてはいけないこと
  8. 盗んではいけないこと
  9. 偽証してはいけないこと
  10. 隣人の家をむさぼってはいけないこと


似ているようでかなり違います。色々調べてみると興味が尽きません。

    2015年8月11日 (火)

    原発再稼働!九州電力 川内原発1号機

    本日(8月11日)10時30分、川 内 原発が再稼働されます。(新基準適合による再稼働第1号)

    13sendai_2

    福島の事故はまだ収束していません。 今なお11万人の方が避難生活を余儀なくされています。(平成27年6月現在ふくしま復興ステーション調べ)

    再稼働には、国民の半数以上が反対しています。 毎日新聞最新世論調査 2015・8・8,9によると、反対57%、賛成30%、安倍政権不支持層では反対74%、賛成18%)

    猛暑でも電力は足りています。 経産省が発表した2015年夏の電力需給見通しによると、電力9社合計で、電力予備率は安定水準の7%を上回り、今夏の節電目標は見送られました。


    何故、再稼働されるのか分かりませんが・・・

    実は、さらなる再稼働に向けて、現在全国の18の発電所25基で、電力会社の申請に基づき、規制委の審査やヒヤリングが行われています。(事実上、審査に合格したものもあります。)  → 原子力規制委員会サイト


    国民の反対を押し切ってまで再稼働して
    、万一事故が起きたら誰が責任を取るのでしょうか?

    総理は、世界で最も厳しい安全基準に対し、原子力規制委員会が 「安全」 と認めた原発は再稼働させるとしています。

    しかし、規制委の田中委員長は、新しい規制基準に適合したかどうかの判断であって、「安全」 を保証するものではない、と明言しています。

    すなわち、総理も規制委も責任を取る気はありません。もちろん電力会社は重大な過失がない限り責任は取りません。また責任を取る能力がないことは東電を見れば分かります。


    それでも原発は再稼働されるのです。



    2015年8月10日 (月)

    新垣さん、あらためて佐村河内氏に感謝の弁

    TV番組 「ミエと良子のおしゃべり泥棒」 (BS JAPAN 8/8放映)に出演した 新垣氏ですが、熟女のお姉さま二人にに質問攻めになりました。 やはり典型的な 「いじられキャラ」 でしょうか。


    番組内では、色々なやりとりがあって、

    ミエ  : 「彼(佐村河内氏)に何か言ってやりたいことは?(`ε´)」

    新垣 : (もじもじしながら)「このような状況を作っていただいて (佐村河内さん) ありがとうございます。」 と答えると、一同大爆笑。

    ミエ : 「そうよねー、あれがなかったら、ずーっとこもりっきりで ~ 世の中、何が幸いするか・・・ (*^-^) 」

    Dscn13401

    ↑こんなことしてていいのかと、新垣氏の行く末を案じたりしますが、余計なお世話でしょうか。


    一方、新垣氏が脚光を浴びる今日の状況を作った 佐村河内氏は、自宅マンションのベランダで、タバコを吸っている姿を記者に目撃されているようですが、引っ越し説もあり、消息は不明です。

    来年公開予定の、佐村河内事件のドキュメンタリー映画には、佐村河内氏本人が出演することが決まっているようですが、音楽界に復帰することはもちろん、社会に復帰することも難しい状況にあることは変わりません。

    2015年8月 9日 (日)

    「 焼き場に立つ少年 」 は何処へ (本の紹介No.016)

    長崎原爆投下の本日、先日買った本をあらためて読み返してみました。


    「焼き場に立つ少年」 は何処へ
       ジョー・オダネル撮影 「焼き場に立つ少年」 調査報告 吉岡栄二郎 長崎新聞社刊 (950円+税)

    Dscn12781_2 Photoyakibanitatu11

    米従軍カメラマン ジョー・オダネル氏が、原爆投下の翌9月に撮影した1枚の写真について、著者がその少年を探し求めて、2007年より5年間にわたり調査した報告です。

    そこに写された少年の持つやさしい慈愛の心が見る人の心に感動を与えている。 と書かれていますが、その時の生々しい光景が次のように記されています。


    長崎ではまだ次から次へと、死体を運ぶ荷車が焼き場に向かっていた。(中略)焼き場に10歳くらいの少年がやってきた。小さな体はやせ細り、ぼろぼろの服を着てはだしだった。

    少年の背中には2歳にもならない幼い男の子がくくりつけられていた。その子はまるで眠っているようで、見たところ体のどこにも火傷の跡は見当たらない。

    少年は焼き場のふちまで進むとそこで立ち止まる。湧き上がる熱風にも動じない。係員は背中の幼児を下ろし、足元の燃えさかる火の上に乗せた。

    まもなく、脂の焼ける音がジュウと私の耳にも届く。炎は勢いよく燃え上がり、立ちつくす少年の顔を赤く染めた。

    少年は気を付けの姿勢で、じっと前を見つづけた。一度も焼かれる弟に目を落とすことはない。軍人も顔負けの見事な直立不動の姿勢で彼は弟を見送ったのだ。

    私はカメラのファインダーを通して、涙も出ないほどの悲しみに打ちひしがれた顔を見守った。彼は急に回れ右をすると、背筋をぴんと張り、まっすぐ前を見て歩み去った。一度もうしろを振り向かないまま。

    あの少年はどこへ行き、どうして生きて行くのだろうか?


    撮影した オダネル氏も、少年を探そうと4度の来日を果たしていますが、著者の懸命の調査にもかかわらず、未だ少年は見つかっていません。

    一枚の写真が、70年前の戦争の悲劇を今に伝えています。

    ■ 平成19年、この写真を見られた 皇后美智子さまは、「今年8月の新聞に,原爆投下後の広島・長崎を撮影した米国の元従軍カメラマンの死亡記事と並び,作品の一つ「焼き場に立つ少年」と題し,死んだ弟を背負い,しっかりと直立姿勢をとって立つ幼い少年の写真が掲載されており,その姿が今も目に残っています。同じ地球上で今なお戦乱の続く地域の平和の回復を願うと共に,世界各地に生活する邦人の安全を祈らずにはいられません。」 と述べられました。 宮内庁サイト

    ■ NHKスペシャル(約60分 Youtube) リンク切れはご容赦下さい

    https://www.youtube.com/watch?v=ePDEDw-FhUQ






    長崎平和祈念式典 谷口稜曄氏の訴え

    戦後70年、被爆者の平均年齢が80歳を超え、広島、長崎の悲劇は次第に風化しつつある。

    先ごろ、NHKが行った世論調査では、広島、長崎の原爆投下日を答えられない人が全国で7割を超えたという。 (20歳以上の男女約1000人を対象にした調査)

    そのような中、広島に続いて行われた長崎平和祈念式典で、被爆者代表の 谷口稜曄 (たにぐち すみてる ) 氏 (86歳)は、「平和への誓い」 の中で次のように訴えた。

    「今 集団的自衛権の行使容認を押し付け 憲法改正を推し進め 戦時中の時代に逆戻りしようとしています。 政府が進めようとしている戦争につながる安保法案は 被爆者を始め平和を願う多くの人々が積み上げてきた核兵器廃絶の運動 思いを根底から覆(くつがえ)そうとするもので許すことはできません。」  (文章と画像はNHKTV画面より)

    Dscn13451 6691_2

    谷口氏の焼けただれた背中の写真を見ると、このメッセージの重みが伝わるだろう。


    また、田上富久長崎市長は 「平和宣言」 の中で、

    「現在 国会では国の安全保障のあり方を決める法案の審議が行われています。70年前に心に刻んだ誓いが 日本国憲法の平和の理念が 今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています。政府と国会には この不安と懸念の声に耳を傾け 英知を結集し慎重で真摯な審議を行うことを求めます。」  (文章と画像はNHKTV画面より)

    Dscn13481

    と述べ、70年前に心に刻んだ「平和の理念」が、安保法案をめぐって揺らいでいるとし、政府に慎重で真摯な審議を行うよう求めた。


    お二人の言葉を聞きながら、昨年の
    城臺美彌子( じょうだい みやこ) 氏のメッセージを思い出した。

    昨年の記事→ 被爆者代表 城臺さんの訴えに感動した

    多くの国民の声に、耳を傾けるかどうかは注視するしかないが、戦後70年談話と共に安保法案の行方に、世界も注目している。

    2015年8月 6日 (木)

    音楽が聴こえる詩

    犬の散歩に出ると、いつも i Pad (アイパッド) を片手に持って(何かを操作しながら)、愛犬を散歩させている人に出会います。

    現代人は、ほとんど四六時中、パソコンとスマホなどの情報端末に囲まれて生活しています。

    自然の中に身を置くことは無くなりました。

    ただ、今は連日の猛暑です。

    せめて、心の中で自然を楽しみましょう。

    Photo_2

    「私の耳は 貝の殻(から) 海の響(ひびき)をなつかしむ」

    ジャン・コクトー 「月下の一群」 より 「耳」     堀口大学 訳詩

    Mon oreille est un coquillage
    Qui aime le bruit de la mer.  (原詩)


    しおさいの音楽が聴こえてきます・・・



    ※巻貝と海岸の写真出典(
    巻貝通販GMOショップさん


    2015年8月 4日 (火)

    ゴミを出す人 拾う人

    たわいもない日常の中で、ふと考える雑感・・・


    二週続いた週末の花火大会、天気に恵まれて、川原は人、人、人で埋め尽くされました。

    終わってみれば、今度はゴミ、ゴミ、ゴミの山。

    Dscn13261

    日曜の早朝、このゴミを拾うボランティアの人たちと出会いました。

    親子連れから、若者、高齢者まで、みんな汗を流して必死にゴミを片付けます。でも、どこか顔は晴れ晴れしています。

    ゴミを出す人がいれば、拾う人もいる社会。

    もし、花火大会に来る人が全員、ゴミを持ち帰ったとしたら、ボランティアは必要なくなります。

    ある意味、ゴミを出す人がいるおかげで、ボランティアの行為が成り立っています。

    しかも、ゴミを出す人は、屋台やコンビニなどで買い物をした人です。地元の商店がうるおっているはずです。

    ゴミを出すことは良くありませんが、そのことが善意の輪を広げて、結局は社会が上手く循環しているのかも知れません。


    そんなことを考えながら、ラジオ体操に向かいました。清々しい朝でした。


    新しい音楽コンクール

    お世話になっている先生がコンクールを立ち上げました。

    名前は、「 カナデノワコンクール 」 。 

    音楽を 「奏でる」 から取っていますが、

    奏(かな)での「わ」とは、「 輪・和・羽 」 を意味し、アンサンブルを通して、心の響の を大切にしながら豊かな心で大きくばたいて欲しい、という願いが込められています。 理念が素晴らしいですね。

    44

    カナデノワコンクール 公式サイト

    その第1回コンクールが、昨日(8月3日)開催され、微力ながらお手伝いさせていただきました。

    Dscn13311 Dscn13351_2

    こどもの歌の部門や、ピアノ連弾部門があり、初年度にもかかわらず60名を超える参加がありました。

    こどもの歌部門の愛らしい声に癒され、息の合った連弾に聴き入って、あっという間に時間が過ぎました。 どの参加者もとても輝いていました。 競うコンクールから輝くコンクールへ、そして 「豊かな心」 で羽ばたくコンクールへ。 今日の経験を生かして大きく羽ばたいてほしいと思います。

    2015年8月 1日 (土)

    世界遺産 二条城で聴く 小澤の第九

    2016年1月10日オープン予定の 「ロームシアター京都」 の公式サイトによると、

    あの京都の二条城で、この9月に小澤征爾の 「第九」 の演奏会が企画されています。

    Ozawamein598x373

    2015年9月12日(土)18:00開演 チケットはご招待のみ(申し込み期間:8月10日~20日)

    詳しくは、小澤征爾 京都二条城 特別演奏会 ロームシアター京都サイト

    Z312000101

    お粗末な国家プロジェクト

    新国立競技場の白紙撤回で、60億円もの税金をドブに捨てた 東京オリンピックのドタバタ騒動。

    今度は、東京オリンピックを象徴する 「五輪エンブレム」 にパクリ疑惑が発生し、ベルギーのデザイナーが著作権侵害の疑いで、使用差し止めを申し立てたようだ。

    さらに、このエンブレムが、スペインの某スタジオのデザインと、色使い(黒、赤、金)がソックリとの指摘も浮上して、二重にケチが付いた格好になっている。

    0730_3

    左右のデザインを足して2で割ったら真ん中のデザインになりました!?

    残念ながら、偶然の一致とは言い難いだろう。

    場合によっては、エンブレムも白紙撤回になりかねない事態である。

    ■ その後、9月1日になって、五輪エンブレムの使用中止が発表されました。


    さらに、先日発表された 東京オリンピックのボランティア公式ユニフォームが、あまりにも 「ダサい」 とネットなどを中心に否定的意見が広がっている。

    2aaf4f9bb22e14e80de676e902e571b0c22
    確かに 「ダサい」!

    この公式制服が、一着25万円と聞いて、さらに批判の声が高まっているが、すでに1600着を韓国のメーカーに発注済みとの情報もあり、何とも残念な結果である。

    半世紀ぶりの国家プロジェクトである 「東京オリンピック・パラリンピック」 に最初からケチが付いている。 無駄に税金が使われている。

    利権の温床と言われる オリンピック、1年前のロシアのソチ五輪では、開催費用の6割が中間搾取されたと、米CCNが報じている。

    今回の東京でも、当初の開催予算は7340億円だったが、組織委の森会長は、何と2兆円を超えるかも、と発言している。そんな調子だから、日本政府の借金は1000兆円もになった。救急車を有料にする議論の一方で、湯水のように無駄遣いされる税金。

    もちろん、東京オリンピック・パラリンピックは歓迎するが、その国家プロジェクトには、金とハコモノ、利権が渦巻いている。

     

    日本の夏を仮名(かな)で表す

    週末、浴衣を着て花火大会を見ながら、日本の夏を満喫している方も多いのではないでしょうか。

    夏の楽しみ方は色々ですが、今回は趣味の 「書」 の世界で夏を感じていただくのも面白いと思い、蕪村の句に挑戦しました。 師匠のお手本には遠く及びませんが・・・


    路(みち)たえて 香にせまり咲く いばら哉      与謝野蕪村

    Epson14456_2

    いばら(茨)とは、野生のばらで 「野ばら」 とも言います。

    作者は、夏草でおおわれている自然豊かな野山を進むうちに、白い清楚な花(いばら)に出会いますが、その上品な香りがあたり一面に漂って迫ってくるように感じたのでした。

    D0003725_16272933

    書は、漢字も調和体も好きですが、仮名文字も綺麗です。 まもなく始まる作品展に向けて精進いたします。





    垣間見えた ショパンのこころ 小見山純一コンサート

    いつも素敵なコンサートが身近に聴ける幸せを感じています。 この日のコンサートも、そんな幸せな気分に浸ることが出来る心温まるコンサートでした。

    小見山 純一 「ショパンの ”こころ” を探して」  (2015・7・30 宗次ランチタイムコンサート)

    Epson145 Epson146_2

    このコンサートの魅力は、オールショパンプロ。それもショパンの真髄とも言える作品を惜しげもなく選曲したことです。 (相当勇気あるプログラムです:クリックで拡大)

    コンサートには、時間が長く感じる場合と、短く感じる場合がありますが、今日のコンサートは、気が付いたら最後の曲でした。

    時間を忘れるほど引き込まれていたのでしょうか。 会場の外は、35℃の猛暑でしたが、満席のホール内はショパンの音楽が満ち溢れて別世界のようでした。


    さて、小見山さんは 「ショパンのこころ」 を見つけることが出来たのでしょうか?

    ショパンの音楽に内包する 祖国ポーランドへの限りない思い、ジョルジュ・サンドとの出会いと破局、そして肺結核による死への予感。

    19世紀のポーランド、ウィーン、パリ、そしてマジョルカ島を舞台に波乱に満ちた39年の生涯。

    その時々に  「ショパンのこころ」 に去来した万感の思いを、ピアニスト小見山純一は確かに感じ取ってピアノに向かっているようでした。

    天を仰ぐしぐさや、 「歌う右手」 と 「語る左手」 の音楽に、ショパンと共鳴し会話する小見山純一の姿がありました。 

    演奏から垣間見えた 「ショパンのこころ」 。 ピアニストの誠実な心が読み取った 「ショパンのこころ」 は確かに聴衆に伝わりました。 ありがとうございました。次回はどんな 「ショパンのこころ」 を聴かせてくれるのでしょう・・・


    « 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »