左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 映画 「ボーイ・ソプラノ」 ただひとつの歌声 | トップページ | 沖縄慰霊の日 »

2015年6月22日 (月)

脈打つ躍動感 期待のオーケストラ

名古屋室内管弦楽団 第3回定期演奏会を聴きに出かけました。 (2015年・6・19(金) しらかわホール)

この室内管弦楽団は設立されたばかりの、フレッシュなオーケストラですが、前回の定演に引き続き、今回もとても素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

♪ 室内オケと言えば、20日 東京では、その名も 「トリトン晴れた海のオーケストラ」 という新しい室内管弦楽団の第1回演奏会が開かれたそうですが、やはり期待通りの質の高い演奏だったようです。

室内オケは重厚さには欠けますが、各パート個人の音楽が良く見えて、曲のディテールが鮮明になることは魅力です。 アンサンブルの妙が楽しめますが、その分、個人の技量が重要視されます。

20150619_700

1曲目は、ショパン ピアノ協奏曲第1番。 田中祐子氏の棒による オーケストラの長い序奏は、生き生きとした躍動感にあふれ軽やかでした

全体として、田中祐子氏の指揮は、踊るように身体が揺れて、音楽も表情豊かに流れていきます。 全力疾走する姿は、音楽への真っ直ぐな愛情を感じさせてくれるもので好感が持てました。

ピアノは酒井有彩氏でしたが、プロフィールによると、海外も含め豊富なキャリアをお持ちの本格的なピアニストのようです。 

しなやかなタッチから生まれるキラキラした音色と、低域から高域までバランスの取れた音感、自然な音楽の表情、感情を抑制した内面重視の音楽と、どれも素晴らしく、田中祐子氏の棒と良くマッチしていました。

ステージ上は、落ち着いた身のこなしが印象的な素敵なピアニストで、今後のご活躍が期待されます

しらかわホール(693席)は広くないので、コンチェルトでも、ピアノの音が良く聴こえ嬉しいのですが、第2楽章は、どうしてもピアニッシモが出しにくく、オケの音量が大きく聴こえてしまいます。 ホールの宿命かも知れませんが課題でもあります。

後半のディーリアスは、デリケートな感性を感じましたが、このオケは、「静」 の音楽よりも 「動」 の音楽により存在感があるようです。

実際、メインプロのサンサーンス 「交響曲第2番イ短調」 は、エネルギッシュで鮮やかな色彩感のある秀演でした。 田中祐子氏の左手が、鋭く、各パートに支持を出しますが、オケの反応がキビキビとして視覚的にも楽しめました。 成長著しいこのオーケストラの将来がとても楽しみです。


さて、客層があまりに年配者が多く驚きました。 地方のクラシック
コンサートは高齢者のお客さんで成り立っていますが、今回は特に目立ちました。 ステージと、客席のギャップに衝撃を覚えるほどでした。

せっかく良い音楽家が増えても、聴衆が育っていません。 当然ですが、音楽家だけではコンサートは成り立ちません。 若い世代に見捨てられたクラシック音楽に明日はあるのでしょうか・・・


♪ ご参照 当ブログ記事 クラシック音楽衰退の原因と対策

« 映画 「ボーイ・ソプラノ」 ただひとつの歌声 | トップページ | 沖縄慰霊の日 »

音楽」カテゴリの記事