左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« バレエの名花 プリセツカヤさん逝く | トップページ | 若葉薫るコンサート »

2015年5月12日 (火)

シンデレラの名前の由来

映画観賞券をいただき、上映中のディズニー映画 「シンデレラ」 を観て来ました。

今さら 「シンデレラ」 でもないのですが、たまには勧善懲悪の映画も楽しいものです。

Cinderella_03


この映画を観て、シンデレラ (Cinderella) という名前の由来が分かりました。

主人公 エラ (Ella) は、意地悪な継母に一日中働かされて、暖炉のそばで倒れ込むように寝込んでしまい、朝起きると、顔に灰(燃え殻)が付いてしまいました。

↓ 顔が、灰(Cinder)で汚れた主人公エラ(Ella)

319_2

その灰にまみれた エラに対し、継母は 「灰 (Cinder) だらけの エラ 」 = C i n d e r ・ E l l a = シンデレラ と名付けたのでした。


肝心の映画の方は、舞踏会シーンのカメラワークが素晴らしかったことと、ネズミたちが可愛かったことと、CGの変身シーンが良く出来ていたことです。 アニメと違い、大人でも充分楽しめます。

Cached
画像出典 http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html



« バレエの名花 プリセツカヤさん逝く | トップページ | 若葉薫るコンサート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事