左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書の作品

  • Img_20170420_0004_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 立夏に季語を考える | トップページ | ゴーストライター事件 ついに映画化! »

2015年5月 8日 (金)

ご開帳 奉納演奏

7 年に一度の、善光寺ご開帳。 善光寺東海別院では、稚児行列も参加して、中日大法要が営まれました。 (平成27年5月8日)

厳かな法要の後、ご本堂で ピアニスト佐藤由美氏によるピアノの奉納演奏がありました。 (縁あって、この素晴らしい奉納演奏を少しお手伝いさせていただきました。)

Epson122

曲目は、ショパン ノクターンOp.9-2、 シューベルト 即興曲Op.90-2、 ドビュッシー 月の光、 ベートーヴェン 悲愴第2楽章、 ショパン ノクターン第20番遺作、ショパン 幻想即興曲の6曲でした。

ご本堂は、天井も高く、音響が良いので驚きました。 まるで木製のホールのように音が柔らかく響きます。

祈るような ピアノ演奏が、およそ30分、静まりかえった本堂に流れました。奉納演奏とは、こんなに心が浄化されるものかと初めて知りました。 とても貴重な体験をさせていただきました。

Photo

« 立夏に季語を考える | トップページ | ゴーストライター事件 ついに映画化! »

音楽」カテゴリの記事