左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 戦後70年 慰霊の旅 その弐 | トップページ | 指揮台で倒れるということ »

2015年5月30日 (土)

充実の演奏/名市民オケ

名古屋市民管弦楽団の第73回定期演奏会。 アマチュアとは思えない高い実力を備えたオーケストラで、今回も楽しみに会場に出掛けました。

2015年5月30日 愛知県芸術劇場コンサートホール  指揮 : 松尾葉子

・ ドビュッシー 小組曲 (ビュッセル編曲)

・ ドビュッシー 「海」 3つの交響的スケッチ

・ ムソルグスキー 展覧会の絵 (ラヴェル編曲)


本日も会場は満席でした。集客力を見れば、ファンの多さが分かります。

Photo_2

前半は、冒頭の柔らかいフルートの音色が印象的でしたが、全体としては、ドビュッシーの淡い色彩が良く表現されていて、松尾葉子の棒に導かれた爽快な演奏でした。

メインの 「展覧会の絵」 は、トランペットの輝かしいソロが絶品でした。このオケは、木管も金管も、管楽器の実力が並ではありません。 プロオケと比べても遜色がないほど完成度が高いのです。 いつも安心して聴くことが出来ます。

また、普段は地味なコントラバスが大活躍の力演でした。そして、パーカッションの面々がいい仕事をしてました。松尾葉子のまとめ方も上手かったんでしょう。

こうして、「展覧会の絵」 を聴くと、ラヴェルの編曲の素晴らしさが良く分かりますが、オケの演奏も多彩で表現力に富み、音楽の流れも、構成も一級でした。 会場ホールの音響の良さも一因かと思いますが、今回は十分な評価に値する名演だったと確信します。

さらなる飛躍を期待しております。 次回のラフマニノフ交響曲2番他が今から楽しみです。

« 戦後70年 慰霊の旅 その弐 | トップページ | 指揮台で倒れるということ »

音楽」カテゴリの記事