左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« のだめ&ネイル どちらもカッコ良い | トップページ | もしも、ビジュアル最優先のコンクールがあったら »

2015年4月13日 (月)

物忘れの理由

歳を重ねると物忘れがひどくなります。

名前が思い出せない、漢字が書けない、鍵をかけたか不安になる等々。

老化現象に嘆く毎日ですが・・・

良く考えてみると、そうでもないのです。 どんどん忘れていく一方で、日々新しいことを吸収していることに気づきました。

今までと全く違う世界が広がっていることも事実です。

考える時間が増え、やりたい事に没頭して、その人間関係も深まり、地域にもパイプができ、読書やネットからも情報が入ります。

その分、古い記憶が薄らいでゆくのは当然かも知れません。 記憶の引き出しには限度があるからです。


そんな時、手にしたある雑誌で見た一枚のコンサートホールの写真に目を奪われました。 早速、NETで調べてみましたが、

Photo
スペイン領カナリア諸島にある、アウディトリオ・デ・テネリフェと言うコンサートホールでした。 2003年に完成したとのことですが、こんなに美しい外観のホールが大西洋に浮かんでいるとは知りませんでした。   (写真は、CREA WEBより)

興味が湧いて、他にも調べてみました。

F89e20eeb2e3da54f3229f652bf5eb5d
ご存知、シドニー・オペラハウス(2007年、世界遺産登録)

Walt_disney_concert_hall
ウォルトディズニー・コンサートホール(ロスアンゼルス)

B3278903s
2015年完成したばかりのフィルハーモニー・ド・パリ

O0500032512653262386
中華国家大劇院(北京)

3187_1382972936
ソフィア王妃芸術宮殿(スペイン)photo by Diliff

036
オスロ・オペラハウス(ノルウェー)

B024dd0e26d5db540589f90a142a6061

台中国立歌劇院(台中メトロポリタンオペラハウス)2015年度完成予定 設計は伊東豊雄氏     (写真出典http://gallery.dcview.com/showGallery.php?id=129365


世界には、ステキなホールがたくさんあるのですね。

今日も、「物知り」 になった分、「物忘れ」 が加速しました。 お付き合い下さりありがとうございました。

※台中国立歌劇院を設計した伊藤豊雄氏の設計による、メディアコスモス(岐阜市)が2015年7月にオープンします。

201501310920_24223

« のだめ&ネイル どちらもカッコ良い | トップページ | もしも、ビジュアル最優先のコンクールがあったら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事