左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 新垣隆、新曲「ロンド」を披露 | トップページ | 極北の音楽を聴く 冬の旅全曲演奏会 »

2015年2月17日 (火)

TOPPOINT(トップポイント) 本の紹介(No.011)

一冊の本との出会いが人生を変える。

TOPPOINT (トップポイント)とは、毎月出る 膨大な量の 「新刊書」 を厳選して 「要約」 した本のことです。

Dscn09991

別に、この本のPRをするつもりはありませんが、TOPPOINTのサイトから転記してみました。

Topin_box01

Topin_box02

Topin_box03

という仕組みです。 

どんな分厚い新刊書も、4ページに要約してありますから、先ずこの本を読んで、気に入ったら購入すれば無駄はありません。

B5サイズ、50ページ弱の小冊子ですが、毎月10冊、年間120冊の厳選された本のエッセンスが詰まっています。TOPPOINT社は、実際には年間1200冊の本を読んでいることになります。

Img_hensyuu

そして、TOPPOINTは、一切広告を載せていません。広告主への余計な配慮を無くすためです。米国では、広告を載せない雑誌 「コンシューマー・レポート」 が有名ですし、日本も 「 暮らしの手帖」 が広告を取っていないことは良く知られています。



本は読もうと思って買っても意外と読めないものです。大抵は山積みになったりしています。残された人生で読める本は限られます。価値ある良書との出会いは切実です。このシステムの利用価値は大いにあると思います。

一冊の本との出会いが人生を変える。 TOPPOINT(1000円+税 PERSONAL BRAINS、INC.)

« 新垣隆、新曲「ロンド」を披露 | トップページ | 極北の音楽を聴く 冬の旅全曲演奏会 »

本の紹介」カテゴリの記事