左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 危険な選択 | トップページ | ついに画期的デザインのピアノ誕生! »

2015年2月 4日 (水)

立春に詠む句

日本列島は、沖縄を除き、まだまだ冬の真っ最中ですが、本日は立春です。

せめて暦の上だけでも、春の訪れを喜びたいと思い、次の句をご紹介することにしました。

雲雀(ひばり)より 空にやすらふ 峠(とうげ)かな

Photo_3

旅する俳人 芭蕉は、ある峠の頂(いただき)に登りました。空気は澄み、眼下には野畑が広がっています。 空は晴れわたり、心地よい風が吹いています。

ふと気が付くと、雲雀(ひばり)の声が麓(ふもと)の方から聞こえてくるではありませんか。先ほどまで、頭上高くにさえずっていた雲雀が、今は下(足元)の方から聞こえてきます。

「今、自分はあの雲雀より高いところに来ている。」 芭蕉は頂上に登った達成感と爽快感を心の底から味わい感動します。

「空にやすらふ」と言う文字が、芭蕉の心情を良く表しています。「気分は最高!」と言ったところでしょうか。 清々しい自然と、心の解放が溶け合った一句だと思います。


まだ戸外は寒いですが、確実に春の足音が近づいています。今月の梅の開花に続き、いよいよ来月は桜の季節です。 当ブログでは、これからも春をテーマにした記事を心掛けたいと思います。

■ 雲雀の声 youtube https://www.youtube.com/watch?v=xOFOC8dBTDE

■ ヴォーン・ウイリアムズ曲 揚げひばり youtube https://www.youtube.com/watch?v=y-g4gQqojcg

« 危険な選択 | トップページ | ついに画期的デザインのピアノ誕生! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事