左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の30件の記事

2015年2月28日 (土)

断れない男 新垣隆

3月7日(前篇)と4月11日(後編)に公開される 映画 「ソロモンの偽証」 の応援大使に、新垣隆氏が就任しました。

真実を追い求め葛藤する中学生たちを応援するということですが、応援大使が具体的に何をするか分かりません。

03ce05c6ea211da7fa72e6f7dcb54ef7e14

出典 ソロモンの偽証最新情報 http://news.solomon-movie.jp/?p=197


さらに、3月4日から始まる 調布市最大の映画祭 「調布映画祭2015」 に、無声映画のピアニスト(生演奏)として登場します。

Scene_w1

新垣氏がピアノを弾く 無声映画(サイレントムービー) 「つばさ」

出典 調布経済新聞 http://chofu.keizai.biz/headline/1742/


さらに、3月1日(日)放送の 「オモクリ監督」 (フジテレビ)では、ゲスト監督として出演します。

News_thumb_0301_oc_001

出典 オモクリ監督 http://www.fujitv.co.jp/omokuri/index.html



この人は、頼まれると断れない性格のようです。だから、佐村河内氏のゴーストも断れずズルズルと18年間も続けていたのでしょう。人が良いんでしょうね。

~断れない男 新垣隆の活躍は続きます~

エンターテイナー 市川太一

郷土のテノール歌手 市川太一さんのコンサート(宗次ランチタイム)に出掛けました。

大学の建築科出身で市役所勤務という珍しい経歴の持ち主です。 声は甘いというより、硬質で切れが良く、シャープな感じです。

イタリア歌曲、日本歌曲、オペラアリア、カンツォーネなど、アンコールも含め11曲、久しぶりにテノールの歌声を堪能しました。気取らない軽快なトークからお人柄がうかがえます。

Dscn10301

初恋(越谷達之助)、落葉松(小林秀雄) は、作品に寄り添うような情感をたたえ心を込めて歌われました。 後半、グラナダ(ララ) は会場を大いに盛り上げ、オー・ソレ・ミオ(カプア)では、何と会場から手拍子まで出る始末、この歌手はお客を喜ばせるコツを知っています。

そう言えば、会場は少し年配の奥様方で満席でした。もしかすると市川さんのファンでしょうか。

ホールの隅々まで響く豊かな声量で客席を圧倒した後は、しんみりとアンコール 「千の風になって」 が歌われました。 何でも、ご自身が市職員として震災直後の東北に派遣された思い出を込めたそうです。 じ~んときました。 客席では涙を流す人も・・・

あっという間の60分、ピアノ伴奏は市原実小代さん(市川さんの師匠の奥様らしい)、しっかり歌唱をサポートして素晴らしいピアニストです。 機会があれば、ピアノのソロも聴きたいと思いました。


プログラムに、市川さん自身の言葉で、「音を楽しむと書いて『音楽』、今日は難しいことは少し横に置いて、『音楽』の時間を過ごしていただければと思います」 と書かれていました。 その言葉通り、音のエンターテインメントを楽しませていただきました。市川さん、ありがとうございました。

幸せな気分にさせるテノール 市川太一  (2017・9・9 宗次ホール)

2015年2月27日 (金)

ヤマハとカワイの最新の話題

1.楽器のヤマハと二輪のヤマハが、デザインを交換

楽器大手のヤマハ(株)と、二輪大手のヤマハ発動機が、両社の気鋭デザイナーに相手の商品のデザインを作らせる試みが行われました。 (写真はアスキーより)

20150217yamaha03_cs1e1_480x

ヤマハ発動機のデザインによる マリンバ 「フウジン」、奇抜なアイデアです。

20150217yamaha04_cs1e1_480x

楽器のヤマハ(株)のデザインによる 「ルート」 、計器類はなく腕に巻いて使います。

起源の同じヤマハ同志、それぞれ商品化はしないものの、「ふたつのヤマハ。ひとつの思い」 をテーマに連携を深めることと思います。



2.カワイ音楽教室、学研とコラボ

河合楽器製作所は、学研グループと教室業務の連携をはじめとした様々な協業をスタートさせると発表しました。

2015022611l

カワイ音楽教室は、少子化の影響で、生徒数がピーク時の26万人から11万人に半減しています。今回のコラボで、音楽以外に、算数と国語を加え、生徒増につなげる狙いがあると思います。

しかし、音楽専門の講師が、算数や国語を教えるのでしょうか。少し戸惑いがあるかも知れませんが、試験的にスタートするようです。

「 同じ場所で学ぶ 」 がテーマとのこと、確かに保護者の立場から見れば、利便性はあると思います。 

ただ、今回のコラボで、子供の争奪戦に益々拍車が掛かるのは必至です。

2015年2月26日 (木)

2015年はロボット元年

ソフトバンクのロボット 「 Pepper(ペッパー)」 が、いよいよ明日27日から発売されます。

世界初の感情認識ロボットです。 SFの世界が現実のものとなりました。 SF好きの私には興味が尽きません。

Main_01

ただ、明日からの発売はデベロッパー事業者向けで、一般への販売は今夏からということです。

まさに今年は、家庭用ロボット元年となることは間違いないでしょう。 本体価格が20万円を切るのは、一気に普及させたいメーカーの思惑もあると思いますが、期待通り売れるでしょうか。

それでも、何年か先には、今日のマイカー並に、各家庭に一台はロボットが普及する時代が到来すると思います。 家事を手伝ったり、子供に勉強を教えたり、お年寄りの介護をしたり、そんな時代が必ず来ると思います。


尚、ペッパーの仕様等を詳しく見ると、本体のほかに、基本プラン(14800円×36)、保険パック(9800円×36)などの別料金(契約は任意)が掛かるようです。


興味のある方は、最新スペシャル動画、プレリリースをご覧下さい。↓

https://www.youtube.com/watch?v=fem5RriWjeQ&feature=youtu.be(動画)

http://www.softbank.jp/corp/group/sbr/news/press/2015/20150220_01/(プレリリース)

※その後のニュースによると、ペッパーは1分で完売したそうです!

ソフトバンクロボティクスは2月27日、同日午前10時より、開発者向けに販売開始した感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」が、ウェブサイトにおいて約1分間で販売予定数を上回る申し込みがあり、受け付けを終了したと発表しました。

 今回、予定数を上回ったため抽選による販売になるという。次回生産分の販売は2015年夏頃となり、一般家庭向けの販売についても開始する予定です。

 

2015年2月25日 (水)

ロマンと癒しのピアノ

先日(2015/2/22)、ピアニスト佐藤由美のチャリティピアノリサイタルがありました。地元でホームレスなどの支援活動をされている「のわみ相談所」「NPO のわみサポートセンター」の主催です。

会場(一宮市民会館大ホール)は、佐藤さんのファン、後援会、知人などで、広い一階席がほぼ埋まっていました。

にこやかに登場した佐藤さん、簡単に曲のレクチャーをしてくれました。とてもリラックスした様子で自然に話をされるところに好感が持てました。

実は前日に、あるフルートアンサンブルを聴いてきましたが、やはりトークが素晴らしく、楽しい気分になれます。これからのアーティストは、演奏だけでなく、いろいろな才能が要求されますから大変だと思いました。

Dscn10261

さて演奏の方は、1曲目がシューベルトの即興曲Op142-3でした。ご存知の方も多い名曲です。プログラムのスタートに相応しい優雅な小品です。すらすらと流れるように歌うピアノ、もう佐藤由美の世界が始まったようです。

次は有名なベートーヴェンの月光ソナタ、第1楽章を気持ち良く聴いているうちに、脳内にアルファー波が満たされ、ウトウトしてしまいました。 コンサートでは、まゝあることです(安心して聴いている場合のみ)。 そして、3楽章もよどみなく綺麗に演奏してしまうところが佐藤さんの真の実力だと思います。テクニックの難しさが演奏の表面に全く感じられないのです。


グリーグのペールギュント第1組曲は、もとの管弦楽曲を、グリーグ自身がピアノ用に編曲したものです。このホールのピアノは少しおとなしいので、どうしてもオーケストラの迫力や色彩感が表現しきれません。 相当苦労されたと思いますが、アニトラの踊りは最もピアノになじんで違和感なく聴かせていただきました。

メインのシューマン謝肉祭Op.9は、独自の標題のついた21曲からなる作品ですが、多分に詩的で変化に富んだ、まさにカーニバルのような多彩な曲です。

ある人が、おもちゃ箱のような作品と評した通り、ややまとまりがない、不安定な要素もあり、全曲を通してどのように弾くか、ピアニストの腕の見せ所になっています。

佐藤さんは、標題をいくつかレクチャーしたうえで、お客さんがイメージし易いよう表情豊かに演奏してくれました。 多感な青年シューマンと佐藤由美がどこかでリンクしたかのような錯覚におちいるほど、ロマン溢れる音楽に聞こえました。

どれも独創性のある曲ですが、タイトルを見ながら聴くと何となく理解出来るのは不思議です。特に14曲の 「発見 」( または 再会 ) は、めぐり会った喜びが、軽快なタッチと美しい旋律から、客席にも伝わるステキな演奏でした。

疲れも見せず、アンコール2曲。 「トロイメライ」 を聴いて、ますますアルファー波が充填され、大いに癒されました。

ロマンと癒しのピアニストを聴いた感想でした。益々のご活躍期待申し上げます。

2015年2月24日 (火)

新垣隆ついに、TVドラマの俳優になる

新垣隆氏のフィーバーが止まりません。どこまで行くのでしょうか。 今回は、ついにTVドラマの俳優になったと言う話です。

このドラマは、大沢樹生主演の 「ジゴロ in シェアハウス」 で、主役の神路吾郎(大沢)の一人息子の担任の先生役で登場します。

Title752 

Sponichin_20150228_0003_0

担任の先生、その名も 「新井新八」 (49) 先生。 武田鉄矢の金八先生をもじったかも知れません。

セリフはあまり多くないそうですが、インパクトのある役柄だそうです。小学校教師役の新垣さん、案外似合う気がします。


これで、新垣隆氏の職業は、作曲家、ピアニスト、ファッションモデル、タレント、俳優 etcと言うことになります。 凄いマルチ人間ですね。

2015年2月22日 (日)

調和体を学んで季節の移ろいを感じる

梅の便りが聞かれるようになりました。 季節の移ろいを感じる毎日です。

特に、漢字と仮名交じりの「調和体」という書を習い出してから、季節を身近に感じるようになりました。


軒下の紅梅の花にふりそそぐ春雨さむし雪にかならむ    島木赤彦

11_2

(紅梅の画像出典http://monoda2.net/hanajyouhou_2010.html


春雨とは、立春を過ぎてしとしと降る細かい雨をいいます。今日の日本列島は春雨にしっぽり濡れたようです。

「春雨じゃ濡れて行こう。」 とは、月形半平太のセリフですが、無理をして風邪などひかれませんようご自愛ください。

音からうまれる色ワールド

メナード美術館で開催中の 「音からうまれる色ワールド」 展に出掛けました。

C4cb4623


猫好きで知られる 日本画家 加山又造の、「音」 と題した 1枚 の絵。

Image22296_2

萩の花をバックに、青い目の猫の親子が、音が聴こえた一点を、鋭く見つめた一瞬の表情を描いたものです。

この猫の親子は何の音に反応したのでしょうか。張りつめた緊張が伝わります。


「音からうまれる色ワールド」、さまざまな楽器や自然界の 「音」 が、一枚の絵画に込められた多くの作品が展示されていました。 音楽好きには、興味が尽きない展覧会でした。

加山又造画像出典 OCNアート


人々のために~天野浩先生のサイン

2014年、青色発光ダイオード(LED)でノーベル物理学賞を受賞された天野浩先生が、名大構内にある 「 赤崎記念研究館 LED 展示室 」 の案内をしていただけるという夢のような催しが本日開催され、参加させていただきました。

Img_0038 Epson103_2

天野先生の案内で見学した 「赤崎記念研究館 LED 展示室」 は、LED GALLERY の名の通り、青色発光ダイオードの研究開発史を一堂に集めた施設です。

素人には難しい施設でしたが、「我が道、一以て之を貫く」 (赤崎先生の座右の銘)、半世紀にも及ぶLED研究の道のりと、その結晶を垣間見ることが出来て、とても貴重な体験でした。

その機会に、天野先生のサインをいただきました。

Dscn10241_2

少しミーハーぎみだったと反省しながら帰宅して、天野先生のサインをよく見たら、「人々のために」と書いてありました。

天野先生は、名大工学部の生徒だった頃、ある先生から、「工学部の 『工』 には、人(一)と人(一)をつなげる意味がある」 と教えられ、「 そうか、人と人をつなげて、人の役に立つために勉強することが本当の勉強なんだ。」  と、理解したと言います。

「人のために尽くしたいと思う気持ちをずっと持っていられたので、研究を長く続けることが出来た。」 とも述べておられます。

「人々のために~」、青色発光ダイオードの発明は、あらゆる分野で社会に貢献しました。 人は、人につながっているのです。 人と人をつなげる勉強が学問であり、その気持ちを持ち続けることで偉大な発見につなげることが出来るのです。

天野先生の貴重なサインは、そのことを教えてくれました。 

すべては人々の幸福のために~

2015年2月20日 (金)

中身が違う C D

少々古い話ですが、数年前にジャケットと実際の収録曲が違う CDが 誤って発売されるという珍事件がありました。 その後 CDはすぐに回収されました。

その珍しいCDを、たまたま知人ルートから入手しました。

確かに、CDのジャケットにも帯にも、「ショパン:4つのバラード」 と書いてあります。

Dscn10111

プラスティックケースを開けると、盤面にも 「CHOPIN FOUR BALLADES」 と印刷されています。

Dscn10121

Dscn10151

しかし、聴いて見ると?? 中身はショパンのワルツでした。バラードは、どこにも入っていません??


これは、発売メーカーのミスでしたが、非常に珍しい出来事です。

ちなみに演奏者は、アメリカ人初のショパンコンクール入賞者で、チャイコフスキーコンクール5位、ロン・ティボー優勝の、エドワード・アウアーです。

ワルツ(全19曲)の演奏は、テンポが揺れて感情が込められた個性的なものでした。バラードは聴けませんでしたが、アウアーの美的センスに触れることが出来て幸いでした。


2015年2月19日 (木)

春の支度

陽光が春めいてきました。

今日は、二十四節気の一つ 「雨水」 です。 「雨水」 とは、雪や氷が解けて雨になって降り注ぐことです。(weblio調べ)

春はそこまでやって来ました。 そこで、書の先生から教えてもらった 素敵な白秋の詩をご紹介します。



どれどれ 春の支度にかかりませう 赤い椿も咲いたぞなもし    白秋

Photo_3

(椿の画像は、資生堂TSUBAKI公式サイトより)


~赤い椿が咲いたぞなもし~ の 「ぞなもし」 は、伊予弁(主に愛媛県の方言)のようです。 優しくて温かみのある方言です。春の訪れを喜ぶ気持ちがやんわりと伝わります。

ただ、夏目漱石なら分かりますが、北原白秋は愛媛県ゆかりの人ではありません。どうして、「ぞなもし」 と結んだのか、これから調べてみようと思います。

2015年2月18日 (水)

極北の音楽を聴く 冬の旅全曲演奏会

聴いた余韻が、心に重くのしかかっていました。 本当は、すぐブログにアップするところ、もう4日も過ぎてやっと書く気分になれました。

2月14日(土)の夕刻より、NBKホールで、バリトンの河野克典 (プロフィール等) と、ピアニストの関本昌平(プロフィール等)による、シューベルト歌曲集「冬の旅」全曲演奏会が開かれました。

日本で最も注目の二人による、迫真の「冬の旅」でした。 河野の切々たる歌唱、関本のしっとりと歌うようなピアノ、あくまでも歌に寄り添って弾かれます。

Dscn09891

さて、プログラムの解説が素晴らしいので、以下に一部を転記します。

歌曲集 「冬の旅」 は、恋を失い、打ちひしがれ、何かから逃げだそうとするかのように旅に出る若者の物語である。 凍てつくような孤独。はかない希望。恐ろしいほどの純粋なこころ。 シューベルトだけが行き着いた、音楽の極北ともいうべき作品。 (プログラム解説より)

凍てつくような極北の音楽には、透明な美しさが内在していました。 そして、心の極北に立つ若者の胸懐が、痛いほど分かりました。美しくも苦しい音楽です。

この場を借りて、「極北の音楽」 を企画された主催者、関係者の皆様に感謝申し上げます。

2015年2月17日 (火)

TOPPOINT(トップポイント) 本の紹介(No.011)

一冊の本との出会いが人生を変える。

TOPPOINT (トップポイント)とは、毎月出る 膨大な量の 「新刊書」 を厳選して 「要約」 した本のことです。

Dscn09991

別に、この本のPRをするつもりはありませんが、TOPPOINTのサイトから転記してみました。

Topin_box01

Topin_box02

Topin_box03

という仕組みです。 

どんな分厚い新刊書も、4ページに要約してありますから、先ずこの本を読んで、気に入ったら購入すれば無駄はありません。

B5サイズ、50ページ弱の小冊子ですが、毎月10冊、年間120冊の厳選された本のエッセンスが詰まっています。TOPPOINT社は、実際には年間1200冊の本を読んでいることになります。

Img_hensyuu

そして、TOPPOINTは、一切広告を載せていません。広告主への余計な配慮を無くすためです。米国では、広告を載せない雑誌 「コンシューマー・レポート」 が有名ですし、日本も 「 暮らしの手帖」 が広告を取っていないことは良く知られています。



本は読もうと思って買っても意外と読めないものです。大抵は山積みになったりしています。残された人生で読める本は限られます。価値ある良書との出会いは切実です。このシステムの利用価値は大いにあると思います。

一冊の本との出会いが人生を変える。 TOPPOINT(1000円+税 PERSONAL BRAINS、INC.)

新垣隆、新曲「ロンド」を披露

2月17日 都内で、新垣隆(Pf) と 礒絵里子(Vn)によるニューアルバム 「ロンド~珠玉のヴァイオリン名曲集」 (3・11発売) の発表記者会見がありました。

その記者会見の席で、新曲「ロンド」が披露されました。

16370718307_18f2d1608f_z

https://www.youtube.com/watch?v=7Tg2khEZ1oQ

とても親しみやすい小品ですが、技巧的な部分もあり、完成度の高い曲に仕上がっているようです。 新垣氏の豊かな才能をあらためて感じた次第です。

盛況だった「まちかどコンサート」

ハートフルスクエアーGで、市芸術文化協会主催の「まちかどコンサート」が開かれました。もう59回も続いている市民の手作りコンサートです。

前回に続き 微力ながらお手伝いさせていただきましたが、今回も立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

Dscn09961 Dscn09921 Dscn09941_2

本格的な筝曲(琴、三味線、尺八)、叙情的なハーモニカ、声楽家とピアニストによるヨーロッパ音楽の旅、どれも楽しく拝見・拝聴いたしました。 特に、邦楽による「アナと雪の女王」は面白い試みだと感じました。

次回は3月15日は、女性コーラス、ギターアンサンブルなど、今から楽しみです。





 

レナート・ブッシュの音楽に魅せられる

ロンドン在住の作曲家 レナート・ブッシュ(Lennert Busch)氏の音楽がとても気に入りました。 彼の情報は多くありませんが、1983年生まれのオランダ人のようです。 最近、ディレクターとして自分の会社を立ち上げました。

CM音楽ですが、映像とマッチして、まるで美しいドラマを見るようです。

SK-Ⅱ 自分のDNAの限界を超えて運命を変えるー倉永美沙 youtube(1分36秒)

この映像の倉永美沙さんは、名門ボストンバレエ団のプリンシパルダンサーとして活躍している日本人バレリーナです。


Lennert Buschさんの動画(Vimeoサイト)

2015年2月15日 (日)

イラク、戦時下のコンサート

戦時下のコンサートとしては、第二次世界大戦時のベルリンフィルが、停電と空爆の続く中、ベルリン陥落の直前まで演奏し続けた話が有名ですが、イラクでも同様のコンサートが行われているそうです。

朝日新聞デジタルによると、「イスラム国」 が勢力を拡げ混乱が続くイラクで、国立交響楽団が、「音楽による連帯」 を目指して活動を続けているとのことです。

先月の定期演奏会には、テロの脅威を乗り越え千人を超す聴衆が集まりました。

As20150213003620_comml

この日のプログラムは、マーラーの 「巨人」。 10代~70代の団員は、みな運転手や教師など別の仕事を持ち続け、練習時間も十分取れません。 その上、ハープやバスクラリネットなど足りない楽器もあるそうです。

イスラム教スンニ派、シーア派、キリスト教、クルド人など様々な背景を乗り越え、一つの指揮棒の下、音楽による連帯は素晴らしいハーモニーを奏でていると思います。



一方、やっと停戦合意にこぎつけたウクライナ紛争ですが、2013年暮れの反政府デモの最中に、ずらりと居並ぶ治安部隊の前で、ウクライナ出身のピアニストがショパンを演奏する写真が話題になったことがありました。(坂本龍一氏提供の写真)

140405_1

治安部隊に対峙して、彼が弾いた曲は、ショパンのワルツ第7番嬰ハ短調作品64-2。どなたもご存知の曲です。 キーシンの流れるような演奏がyoutubeで見れます。

EVGENY KISSIN plays CHOPIN Waltz Op.64 n.2

https://www.youtube.com/watch?v=WVsGf1ag6Us



音楽の力で、この地上からあらゆる暴力が無くなる日が来ることを願っています。

古い町並みを描く

月1回の週末スケッチ、今回は風情ただよう 古い町並みをスケッチしてみました。

Epson100_3

この辺りは、美しい格子戸、昔懐かしい郵便ポスト、街燈などがあって、昔にタイムスリップしたようです。

12676961552

反対側から見るとこんな感じです。


2013年10月から始めた週末スケッチも、1年4か月経ちました。 まだまだ駆け出しですが、来月には、N H K 文化センターの作品展に出品させていただくことになりました。

嬉しくもあり、恥ずかしくもあり、複雑な心境です。 でも、頑張っている姿に、ちょっとだけ自己満足している今日この頃です。



2015年2月13日 (金)

韓国版 のだめ 日本初放送スタート

テレビドラマ 「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」 が、いよいよ明日14日から日本で放送を開始します。

2006年に日本で大ヒットした「のだめカンタービレ」の韓国版です。

放送は、14日(土)20:30~ フジテレビTWO(有料チャンネル)です。先ずは有料放送ですが、いずれは地上波でも放映すると思います。 その時は当ブログでお知らせします。

先行配信を(約13分)を見る限り、かなり面白そうです。

ピアノ科の落ちこぼれ音大生 ネイル(日本では野田恵=のだめ)役に、ウンギョンさん、指揮者を目指すエリート音大生 ユジン(日本では千秋真一)役にチュウォンさん、という若手実力派を起用したようですが、何故か視聴率は低迷したとのことです。

日本のブームにあやかりたいところでしたが、韓国では今のところクラシックブームを巻き起こすまでには至っていないようです。少し残念な気がします。




2015年2月12日 (木)

冬の金沢で、新幹線きらめきをチラ見

今冬2度目の金沢行き。 今回は雪も少なく暖かい古都 金沢を楽しむことが出来ました。

3月14日 開業する北陸新幹線 東京~金沢間、その新幹線 「きらめき」 が試運転でしょうか、金沢市内を走行していました。 とっさのことでカメラが間に合いませんでしたので、i 北陸 サイト より写真を掲載させていただきました。

Ihk_6900_2

新幹線の発車ベル(チャイム)、個人的には 「富山駅」 が好みです。

https://www.youtube.com/watch?v=EhN7bmii-QM


そして、金沢市民の台所 近江町市場では、加能ガニや香箱ガニが店頭に並んでいました。 カニは買いませんでしたが、生のウニと岩ガキを食べて来ました。

Dscn09811 Dscn09821

曇り空、雪もなく比較的暖かい金沢市内、来月には東京方面からドッと観光客が来るでしょう。 落ち着いた市内の様子が一変するのでしょうか。ちょっと気にかかります。

Dscn09791


今日もプロの味に挑戦

月1回の男の料理教室 i n ほのりんプラザが、今日も楽しく開講されました。


1.なごや土手煮 ・・・ 赤ちょうちんの味に挑戦 90点

2.おかず風かぶら蒸し ・・・ 料亭の味に挑戦 85点

3.スノーボウルクッキー ・・・ 菓子職人の技に挑戦 80点

2015021211300000

どて煮(左上)は、見た目は黒いですが、柔らかい牛すじ肉と、こんにゃくに八丁味噌が絡んで、味は最高でした!

山川先生、坂先生はじめ講師の先生方と、仲間のオジサン達に感謝です。 来月は太巻き寿司に挑戦します。

2015年2月10日 (火)

気の毒な処分

最近のニュースで見つけた クラシック愛好家の、少し気の毒な話題です。

名門ウィーン国立歌劇場は、ボックス席の無断利用を繰り返していた男性(63歳)が、警察に逮捕されたと発表しました。

この歌劇場の座席は下記のようになっています。 (にーはお上海さんのブログより)

Img_1

この男性は、最も安い 立ち見席(約1620円)で入場し、その後巧みにボックス席(約18765円)に移動して何食わぬ顔でオペラやコンサートを鑑賞していました。

劇場側の取り締まりを何度も逃れて姿をくらます様子は、まるで「オペラ座の怪人」のようだと、地元のメディアから注目されていたそうです。

20015_2

しかし今月4日のバレエ公演中に、応援に駆け付けた警察によって、遂に謎の男性は手錠をかけられ刑務所行きとなりました。

ウィーン国立歌劇場は、この男性を劇場から永久追放とし、今後の出入りを一切禁止する厳しい処分を決定しました。 

確かに、この男性の行動は問題です。しかし、一生出入り禁止と言うのは、音楽好きの男性にとって、かなり可哀想な気がしないでもありません。

日本でも、たまにS席がガラガラのことがあります。 すると、休憩時間に安い席からS席に移動する客が出てきます。 客席の真ん中がガラガラよりは、埋まっていた方が演奏者も気分が良いでしょう。 

この程度なら許される範囲かも知れませんが、今回のウィーンのケースは、ちょっとやり過ぎたようです。 何でも程度問題だと思いました。

顔晴(がんば)る明日のために

海上自衛隊東京音楽隊の3等海曹 三宅由香莉さんが2枚目のCD 「希望~SONG FOR TOMORROW」 を、3月4日にリリースします。( ユニバーサルミュージック ¥3240 )

ご存じ「 海自の歌姫」 のニューアルバムは、三宅さん自身の作詞による「希望」を含む全13曲が収録されています。

Uccy1053m01dl

「希望」 紹介映像 (ユニバーサルミュージックサイト)

01. 旅立ちの日に
02. レット・イット・ゴー ~ありのままで~(映画 『アナと雪の女王』より)
03. ユー・レイズ・ミー・アップ
04. 希望 (オリジナル曲(作詞:三宅由佳莉 / 作・編曲:清水大輔))
05. 木綿のハンカチーフ
06. 椰子の実
07. 花
08. この道
09. 早春賦
10. 愛は花、君はその種子(映画 『おもひでぽろぽろ』より)
11. シンク・オブ・ミー (『オペラ座の怪人』より)
12. 見上げてごらん夜の星を
13. 希望 (ensemble version)

全国23万人の自衛官で、ただ一人の歌姫 三宅由佳莉さんでしたが、昨年春に新たに歌手として3名が採用されたようです。三宅さんに続けと言う訳です。

その一部は、早くも動画サイトで見ることが出来ますが、三宅さんに勝るとも劣らない歌唱に驚きました。以下は参考動画(you tube)です。

いつも何度でも /陸上自衛隊中部方面隊 2等陸士 鶫 真衣(つぐみ まい)

アヴェ・マリア /海上自衛隊横須賀音楽隊 2等海士 中川麻梨子

戦後70年、何やら 「きな臭い」 日本ですが、三宅さんのニューアルバムのサブタイトル「顔晴(がんば)る明日のために」 のように、晴れやかで希望に満ちた明日になりますよう、いつまでも歌い続けて欲しいと思います。

2015年2月 7日 (土)

クラシック音楽で犯罪は減るか

この程、韓国ソウル市は、犯罪減少を目的としてクラシック音楽を導入することを発表しました。(ニュースソース FOCUS ASIA)

報道によると同市は、今年4月より古い住宅地、地下通路、歩道橋、児童公園、へんぴなバス停など、犯罪率が高い場所を5つ選んで、音響設備を設置、シューベルトやベートーヴェンなどの著名なクラシック作品や韓国の古典音楽を繰り返し流すことを決めたようです。

クラシック音楽の犯罪抑止としては、ベネズエラの青少年オーケストラ運動 「エル・システマ」 が最も有名ですが、すでに世界中で様々な試みが行われています。

エル・システマジャパン サイト

1440_el20sistema_jpg500x0

米国、英国、ニュージーランドなどでも、クラシック音楽を街頭に流して犯罪を抑制する試みが実施され、効果が報告されています。

日本でも、以前に東京の豊島区に、「街にクラシック音楽を流そう」 というプロジェクトが出来たことがありました。

そして、人間ばかりではなく、食品にモーツァルトを聴かせると味が良くなるなどと、効果をPRする企業も現れました。

まあ、真偽のほどは良く分かりませんが、クラシック音楽には、ある種の精神安定効果や癒し効果はあると思います。 ただし、不協和音や変拍子の多い現代音楽は除きます。

01232jpg

日本の犯罪率の推移を見ると、成人は減少傾向、少年は高止まり傾向にあります。 (データえっせい2012・3・12記事グラフより)

周囲の大人たちの愛情と音楽の力で、将来を担う子供たちの心の傷を少しでも癒してあげることが出来れば、未来の明るい展望が拓けるでしょう。 

今回のソウル市の試みが成功し、世界中にクラシック音楽の輪が広がることを願っています。音楽の力を信じたいと思いました。

 

2015年2月 6日 (金)

憎しみの連鎖 私には分からない

ヨルダンは、イスラム国の首都とされるラッカに対し大規模な空爆を行った。 自国のパイロットを無残に殺害された報復である。

ヨルダン国内の報復を叫ぶ声はエスカレートしている。

しかし、イスラム国も反撃に出るだろう。 さらなるテロの危険は増した。

双方がいかに正当性を主張しても、報復という名の殺し合いに変わりはない。

一方、リシャウィ死刑囚の刑が直ちに執行されたが、そのリシャウィは、イラク戦争の際、米軍による空爆で3人の兄弟と夫を失っている。

ここにも報復の連鎖がある。さかのぼればキリがないかも知れない。


神は何故、憎しみという感情を人間にお与えになったのか。 万物の霊長たる人間同士が傷つけ合い殺し合うような恐ろしい世界が何故出現するのか。私には分からない。

Epson097

太宰治の短編 「 女生徒 」 の一節に、「可愛い草とそうでない草と、形はちっとも違っていないのに。」 という文がある。

全く同じ草なのに、小説の女生徒は単なる直観で、「可愛くていじらしい草」 と、「にくにくしい草」   を区別して、草むしりをしている様子が描かれている。



草の世界なら未だしも、人間の世界である。どうして区別することが出来るのだろう。誰にでも生きる権利があり、この地球に生を享けた尊い存在である。

人種は違っても、人類としては全く同一の種であるにもかかわらず、人間は自ら「自他」 を区別して、反目し合うことを覚えた。

草は人間により不当にも区別されたが、人間は自らを区別したのである。

同じ人間、形はちっとも違っていないのに ・・・・・   

私には分からない。

 

2015年2月 5日 (木)

ピアノはうたふ 春の日の唄を。

「さっぽろ雪まつり」が開幕しました。 まだまだ冬は続きます。

東京でも、明日未明にかけて積雪の予報が出ています。 


「夜の雪」             金子みすゞ


牡丹雪、こ雪
雪ふる街を、
盲人がひとり、
子供がひとり。

明るい窓で
ピアノはうたふ。

盲人はきくよ、
杖をとめて。
牡丹雪はかかる、
その手のうへに。

子供はみるよ
明るい窓を。

牡丹雪はかざる、
おかつぱの髪を。


ピアノはうたふ
こころをこめて、
ふたりのために、
春の日の唄を。


牡丹雪、こ雪、
ひらひら舞ふよ、
二人のうへに
あたたかく、うつくしく。

Photo_2

しんしんと降る雪。 窓明かりの向こうから、ピアノの音が聴こえて来ます。 耳を澄ますと、それは春の日の唄でした。 

まるで二人のためだけに温かく心に響きました。

雪が美しく舞っていました・・・

ついに画期的デザインのピアノ誕生!

ピアノ300年の歴史上、初めて未来型デザインのニューモデルが発表されました!

この時空を超えるピアノは、ハンガリーのピアニスト ボガーニ氏が10年の歳月を費やして完成させました。 ハンガリーと言えば、リストの生誕地で有名です。

その名も 「 Bogànyi 」 (ボガーニ)。

Gergelyboganyi002_2

そのフォルムが、「 バットマン 」、「 宇宙船 」 のようだと、早くも各国のニュースで話題になっているそうです。

Boganyipiano7Boganyipiano1


従来のグランドピアノは足が3本ですが、このボガーニは人間と同じ2本足です。デザインだけでなく、カーボンコンポジット(炭素繊維強化炭素複合材)を使用して、温度・湿度の変化に強く、耐久性にも優れたピアノとのことです。

Boganyipiano

どんな音がするのでしょうか。興味があるところです。

すでに、世界的なピアニスト ゾルターン・コチシュ氏や、アンドラーシュ・シフ氏が賞賛しているそうです。 近い将来、日本にもお目見えすることがあれば是非聴いて見たいと思います。


Bogànyi →  
http://www.boganyi-piano.com/

2015年2月 4日 (水)

立春に詠む句

日本列島は、沖縄を除き、まだまだ冬の真っ最中ですが、本日は立春です。

せめて暦の上だけでも、春の訪れを喜びたいと思い、次の句をご紹介することにしました。

雲雀(ひばり)より 空にやすらふ 峠(とうげ)かな

Photo_3

旅する俳人 芭蕉は、ある峠の頂(いただき)に登りました。空気は澄み、眼下には野畑が広がっています。 空は晴れわたり、心地よい風が吹いています。

ふと気が付くと、雲雀(ひばり)の声が麓(ふもと)の方から聞こえてくるではありませんか。先ほどまで、頭上高くにさえずっていた雲雀が、今は下(足元)の方から聞こえてきます。

「今、自分はあの雲雀より高いところに来ている。」 芭蕉は頂上に登った達成感と爽快感を心の底から味わい感動します。

「空にやすらふ」と言う文字が、芭蕉の心情を良く表しています。「気分は最高!」と言ったところでしょうか。 清々しい自然と、心の解放が溶け合った一句だと思います。


まだ戸外は寒いですが、確実に春の足音が近づいています。今月の梅の開花に続き、いよいよ来月は桜の季節です。 当ブログでは、これからも春をテーマにした記事を心掛けたいと思います。

■ 雲雀の声 youtube https://www.youtube.com/watch?v=xOFOC8dBTDE

■ ヴォーン・ウイリアムズ曲 揚げひばり youtube https://www.youtube.com/watch?v=y-g4gQqojcg

2015年2月 2日 (月)

危険な選択

2月1日、首相官邸前では、イスラム国によって殺害された邦人を偲んで、黙とうが捧げられ、静かなデモが行われた。 (出典 The Huttington Post) http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/01/demo-for-kenji-goto_n_6591094.html?utm_hp_ref=japan

Slide_399630_4930948_free_2 Slide_399630_4930964_free

Slide_399630_4930954_free Slide_399630_4930956_free

Slide_399630_4930966_free_4

「敵を作らない外交こそが日本人を守る」 (プラカードに書かれた文字)

安倍首相は、本日2日の参議院予算委で、「日本人の生命を守るのは政府の責任だ」 として、自衛隊による邦人救出を可能にする議論を進めていく考えを改めて示した。

このような事件の後だけに、その思いに賛同する人もいるだろう。確かに政府には自国民の生命、財産を守る責務がある。

しかし、自衛隊がどのような方法で邦人を救出すると言うのか。相手は武装勢力である。一歩間違えば流血の惨事は免れない。


武力で平和は築けない。それは歴史が証明している。

「敵を作らない外交こそが日本人を守る」


日本は徹底的な平和主義を守ってほしい。それが、後藤さんや湯川さんの願いだと思う。


KENJI、YOU WILL BE ALIVE IN OUR MEMORIES 
(プラカードに書かれた文字)

後藤健二さん、あなたは私たちの心の中で生き続けます。

後藤健二さんの著書 「ダイヤモンドより平和がほしい」 (汐文社 1404円)

Guruguru_9784811380018_2

「子供は世界平和のために出かけて行ったのです」。  石堂順子




トランペットの音色で気を晴らす

イスラム国による邦人殺害、19歳女子学生による殺人事件など、日本中に暗いニュースが蔓延しています。

こんな時、のんきにコンサートなどに出掛けて良いものかと、少し罪悪感を覚えながら会場へ向かいました。

この地球上で、どんな悲惨な出来事があっても、私たちの日常は何ら変わりません。それが現実であり、いつものように時が流れるだけです・・・ そんなことを考えていたら会場の入り口に着いていました。


さて本日のコンサートは、

「魅惑のトランペット ~世界の愛の調べ~」 赤堀裕之史(あかほり ゆきのり)トランペット  竹ノ内奏(たけのうち かな)ピアノ  於宗次ホール

7f37f6520ca66edf9c09a09d7d996d9d249

やはり来て良かったと思いました。 トランペットの音色は明るく、輝きに満ちています。 暗い日本の世相を吹き飛ばしてくれるかのように、天高く響きました。

アルビノーニ 協奏曲、リストのロマンス、山田耕筰 この道、オペラ「マルタ」より 夢の如く、「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ、「カルメン」より 花の歌、グリエールのコロラトゥーラソプラノのための協奏曲、そしてガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー

時に優しく、時に歌うように、時にドラマティックに・・・。 トークも含めて60分、とても楽しめました。多彩なトランペットの魅力を再発見した次第です。

赤堀、竹ノ内両氏の今後のご活躍が楽しみです。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »