左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 平成26年回想録 | トップページ | 雪の初詣 と 書初め »

2015年1月 1日 (木)

瑠璃色の地球

新年あけましておめでとうございます。

平成27年の輝かしい新年を迎えました。

Freegreatpicturecom50355sunriseclou

本年は、戦後70年という大きな節目の年です。さらに、広島・長崎に原爆が投下されて70年にあたる意義深い年でもあります。

戦後生まれの人口が80%を超え、戦争は次第に風化しています。 そして、国会議員の実に90%以上が戦後生まれになりました。


昨年、日本は平和への道を大きく外れ、時計の針を逆転させました。

集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更、特定秘密保護法、ベースロード電源としての原発再稼働、さらに武器輸出の解禁、ヘイトスピーチの容認、メディアへの政治介入など、劇的な大転換を行ったのです。

いづれは平和憲法も改正されることでしょう。 実際、先の衆議院選挙で国民は現政権に信任を与えてしまいました。

歴史は繰り返すと言いますが、戦争だけは二度と繰り返してはなりません。

70年の節目に当たる本年は、その意味でとても重要な年です。平和への思いをあらためて希求し、命の尊さを考える年にしなければなりません。 でなければ、先の大戦で命を落とされた300万人の御霊(みたま)を慰めることが出来ません。

今も世界では紛争やテロが絶えません。人間同士が憎しみ合い、殺りくを繰り返す現実に心が痛みます。地球という美しい星に生まれながら、自然を破壊し、戦争を繰り返す人類とは、いったいどんな生き物なのでしょうか。 


「 瑠璃色の地球 」 、松田聖子が歌ってヒットした曲ですが、松本隆の歌詞の中に、今日の、きな臭い日本と不穏な世界情勢にあっても、希望を失わず生きてゆけるヒントがあるような気がします。

O0410030811533891955

年頭に当たり、その一部をご紹介して、当ブログの元旦の記事と致します。


夜明けが来ない夜は無いさ

あなたがポツリ言う

燈台の立つ岬で

暗い海を見ていた

(略)

争って傷つけあったり

人は弱いものね

だけど愛する力もきっとあるはず

ガラスの海の向こうには

広がりゆく銀河

地球という名の船の

誰もが旅人

ひとつしかない

私たちの星を守りたい

朝陽が水平線から

光の矢を放ち

二人を包んでゆくの

瑠璃色の地球 

Epson092_2
クリックで拡大します

« 平成26年回想録 | トップページ | 雪の初詣 と 書初め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事