左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 新垣氏の新曲に歌詞を募集中! | トップページ | 新春から料理に親しむ »

2015年1月 6日 (火)

著作権は誰のもの? 佐村河内事件

報道各社によると、日本著作権協会(JASRAC)は、佐村河内氏との「著作権信託契約」を、昨年12月末付けで解除したとの事です。(解除された曲は97曲)

すでにJASRACは、事件発覚後は使用料の分配を凍結していましたが、その後も佐村河内氏側に対し、著作権が誰にあるかが分かる資料(著作の帰属を保証する資料)の提出を求めていました。

しかし、その回答が十分とは言えず疑義が残ったとして、今回の措置に踏み切ったようです。

果たして著作権は誰のものでしょうか?

Mamoru390x285 Ent14071921440025p1_3

実際にはゴーストだった新垣氏が作っていたのですから、著作権者は新垣氏だと言う意見もありますが、そう簡単な話しではありません。

現に、新垣氏は「ヴァイオリンのためのソナチネ」と「ピアノのためのレクイエム」の2曲のみ著作権を主張していますが、他の曲については言及していません。

すでに新垣氏は作曲の対価として、佐村河内氏から700万円を受け取っています。要は自分の曲を売ったわけですから、今さら自分のものだと言っても通りません。しかも、自分の曲と言っても、詳細な指示書に基づき、二人で協議して出来た曲です。ここは百歩譲っても 「 共作 」 としか言えません。

一方、佐村河内氏の弁護士によると、「著作権は佐村河内氏にあるとする文書」を、代作者(すなわち新垣氏)と連名で提出しており、今回の措置には納得できないとしています。事実なら、弁護士の言い分は正しいと思います。

ただ、JASRACも最終判断に迷い、今回は取り敢えず契約解除したわけです。本来なら、著作権のプロの団体であるJASRACが積極的に調査するべきだったと思いますが、難しい判断を避けたようです。

今回の措置で、今後は楽曲を使用したい場合、佐村河内氏と直接交渉して許諾を得て、使用料を決めなければなりません。 佐村河内氏とされる作品は多く、クラシック以外にも映画音楽やゲーム音楽、吹奏楽、エレクトーン曲など多岐にわたります。

もし、演奏やCDを流す場合などやはり著作権は発生します。連絡も取れない佐村河内氏とどうやって交渉するのでしょうか。そもそも、佐村河内氏と交渉することは、著作権者が彼にあると言うことを前提にしています。だったら今まで通りJASRACが管理代行すれば良いのではないでしょうか。

どうも今回の二ュースは良く分かりません。

自己を演出し「全聾」と偽っていた佐村河内氏と、才能ある新垣氏。 しかし利害が一致していた両者。 支配的で強欲だった佐村河内氏と、イエスマンだった新垣氏。 謝礼をもらい結果的に共犯者であった新垣氏。 そして今日の両者の明暗。その複雑な関係にあまり関わりたくないJASRAC。

著作権の行方はまだ闇の中かも知れませんが、数々の名曲が存在することは紛れもない事実です。

https://www.youtube.com/watch?v=DS2mu59d2T8

« 新垣氏の新曲に歌詞を募集中! | トップページ | 新春から料理に親しむ »

佐村河内事件とその後」カテゴリの記事