左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書の作品

  • Img_20170420_0004_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 新春マラソンで歩く | トップページ | 新垣氏の新曲に歌詞を募集中! »

2015年1月 4日 (日)

2015年はシベリウスイヤー

近年、生誕○年とか没後○年とか言う 「メモリアルイヤー」を良く耳にすることがあります。

クラシック音楽界では、今年は生誕150年のシベリウス(1865-1957)イヤーに当たります。

代表作「フィンランディア」や、「交響曲第2番」、「ヴァイオリン協奏曲」「トゥオネラの白鳥」 などで有名な北欧フィンランドの作曲家です。

Sibelspan

今年は、国内外で、シベリウスの作品が多く演奏されるでしょう。日本でも、交響曲全曲演奏会などが予定されています。  (フィンランド放送響&日本フィル、ラハティ響)

生誕150年では他にも、デュカス(仏)、グラズノフ(露)、ニールセン(デンマーク)もいますが、知名度も作品もシベリウスには及びません。

没後で見れば、スケーターズ・ワルツで有名なワルトトイフェル(露)が没後100年、スクリャービン(露)が同じく100年、日本の山田耕筰が没後50年に当たります。 (余談ですが、) 山田耕筰は風貌( 頭部 )がシベリウスに似ていますね。 

20101222115443a90_2

こうしてみると、メモリアルイヤーはクラシック界の一つの話題作りかも知れません。特定の作曲家にスポットを当てて、低迷するクラシック音楽に少しでも目を向けてもらおうと言う狙いではないでしょうか。 大いに結構だと思います。今年はシベリウスで盛り上がって欲しいと思います。

さて、シベリウスはもちろん素晴らしいですが、個人的には、没後100年のロシアの作曲家 タネーエフがお勧めです。 あのチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番の初演をしたピアニストでもあります。彼の未完の作品で、交響曲第2番変ロ長調(youtube)に、映像の美しい動画を見つけました。

タネーエフ 交響曲第2番2楽章 youtube

« 新春マラソンで歩く | トップページ | 新垣氏の新曲に歌詞を募集中! »

音楽」カテゴリの記事