左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 「第二楽章 福島への思い」 発売へ | トップページ | トランペットの音色で気を晴らす »

2015年1月31日 (土)

映画 「マエストロ!」 に音楽の力をみる

当ブログでも紹介してきた 映画 「マエストロ!」 が本日封切りとなり、早速鑑賞して来ました。

「マエストロ!」 は、解散した元名門オーケストラ団員が、謎の指揮者と出会い、再結成に向けて奮闘する姿を描いた音楽映画です。

1012189_02

何といっても、その演奏シーンには圧倒されます! 凄い気迫です! 指揮者 天道徹三郎役の西田敏行さんの鬼気迫る棒と、団員一人一人の真剣なまなざしに驚嘆しました。 

音声(演奏)は、佐渡裕指揮/ベルリン・ドイツ交響楽団ですが、スピード感のある爽快な演奏です。(ベートーヴェン交響曲第5番「運命」、シューベルト「未完成」)

それにもまして、映像の迫力が凄いと思いました。 俳優の皆さんの表情が驚くほどリアルに撮られていました。まさに演技を感じさせない迫力の演奏シーンでした。 過去の音楽映画にこれほどのシーンは無かったと思います。

もちろん、映画館の大スクリーンと音響設備があっての迫力ですから、将来DVDをTVで観ても、この感動はないでしょう。映画館へ行かれることをお勧めします。

Photo_16

コンサートマスター役の松坂桃李、フルートのmiwa(ミワ)の力演はもちろん、ヴィオラ役の古舘寛治、第1ヴァイオリン役の大石吾朗は、本物以上の出来(雰囲気)です。他のメンバーも一流奏者と見間違えるほどの出来でした。

O0720048012916340100

このコンサートシーンは、横須賀芸術劇場に1500人のエキストラを入れて5日間かけて撮影したようです。 撮影にはラジコンヘリまで使ったそうです。 敢えて言うならエキストラの年代がやや若かったことが気になりましたが、スタンディングオベーションのシーンはとても胸に迫りました。


そして、もう一つのこの映画の魅力は、「音楽の力」 がテーマになっているところです。

天道のセリフ、「わしら人間は誰でも死ぬ。音といっしょで一瞬や。」 でも、 誰かと響き合えたら一瞬が永遠になんねん。」

一番言いたかったことは、このことではなかったでしょうか。 団員同士が互いを尊重し合い助け合って響き合った時、音楽は命を得て永遠に鳴り響く。また、音楽が客席の聴衆の心に響いた時、音楽は時空を超えて永遠の命を得る。

かつてヒットした 「のだめカンタービレ」 のラブコメディタッチと違い、この映画は「音楽の力」に焦点を当てた人間ドラマです。指揮者 天道(西田)の強烈な個性と団員たちの織りなす人間ドラマです。

そして遂にオーケストラ再結成の夢は叶い、コンサートは大成功します。 エンディングには、辻井伸行作曲・演奏の美しいピアノとオーケストラの曲が流れました。 

Enn1501311525009n1

マエストロ オリジナル サントラ音楽 試聴サイト

映画 「マエストロ!」公式サイト

http://maestro-movie.com/

« 「第二楽章 福島への思い」 発売へ | トップページ | トランペットの音色で気を晴らす »

クラシック音楽と映画の関わり」カテゴリの記事