左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 歎異抄を学ぶ 2 | トップページ | 寒さに負けずにスケッチを楽しむ »

2014年12月12日 (金)

ニーステッド(Nystedt)氏 99歳で亡くなる

ノルウェーオスロ出身の作曲家 クヌート・ニーステッド氏が99歳で永眠されました。

合唱ファンならご存知の方もあるかも知れませんが、隠れた存在の作曲家でした。

↓個人的には、この曲は不思議な名曲だと思います。

     Immortal Bach (不滅のバッハ)

Hqdefault_3 Mi0002868962

https://www.youtube.com/watch?v=bw9TA5NWwxY


原曲は、バッハの 「甘き死よ、来たれ」 BWV478ですが、美しい合唱が次第に微妙にゆらいで、不思議な感覚に襲われます。不協和音があっても清澄な音楽です。

安らかにお眠りください。この曲が天上に響きますように・・・

もし映画に興味のある方は、カンヌ映画祭グランプリ受賞「サクリファイス」 の一部をご覧下さい。↓バッハの原曲(管弦楽版)が使われています。(ストコフスキー/フィラデルフィア管弦楽団)

https://www.youtube.com/watch?v=oNlIANSDX54&list=PLwVoLXt1kMF0b0S2fv2dH9Q2nqrakqdvU&index=19

« 歎異抄を学ぶ 2 | トップページ | 寒さに負けずにスケッチを楽しむ »

音楽」カテゴリの記事