左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« もしもピアノが弾けたなら 佐村河内守 | トップページ | 書初めの練習を始める »

2014年11月25日 (火)

新展開! 佐村河内氏 訴えられる

交響曲 「HIROSHIMA」 の全国コンサートツアーを企画していた大阪の企画会社 サモンプロモーションが、佐村河内氏に対し、6100万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

当初から予想されていたことですが、ついに佐村河内ゴーストライター事件は、訴訟問題に発展したわけです。

Main_image

第1回口頭弁論で佐村河内氏側は、請求棄却を求めて全面的に争う姿勢を示しているそうです。

どちらにも言い分はあるでしょう。 そもそも興行にはリスクがあり、今回の損害をすべて佐村河内氏に請求するのは難しいような気がします。 ただ、請求が棄却されるとも思えません。

もしかしたら、早い段階で、和解金で収まるかも知れませんし、長期化して最高裁まで争われるかも知れません。 

いずれにせよ、この事件は新たな段階に入ったわけで、ますます目が離せません。続報は当ブログでお知らせします。

« もしもピアノが弾けたなら 佐村河内守 | トップページ | 書初めの練習を始める »

佐村河内事件とその後」カテゴリの記事