左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 3大B(バッハ、ベートーヴェン、ブラームス)を聴く | トップページ | 意外な名曲 マーラー「夜の歌」を聴く »

2014年11月23日 (日)

1歳を祝うコンサート in 慎(SHIN)

音符をあしらった看板が可愛い自家焙煎珈琲の「慎(SHIN)」さんで、開店一周年のピアノコンサートがありました。

ピアニストは、先日のショパン国際ピアノコンクール in ASIA 予選で2位銀賞に輝いた あがたゆりえ(縣 友里恵)さんです。 来年1月には全国大会に出場されますが、その間をさいて今日のコンサートに臨まれました。

45席はすべて埋まり、店内は常連客、一般の音楽ファン、あがたさんのファンで一杯になりました。

150x150_square_22820769

にこやかに登場した あがたさんは、ショパンの華麗なる円舞曲OP.34-1、小犬のワルツなど誰もが知っているショパンの小品を立て続けに9曲演奏されましたが、トークを交え常に表情豊かです。

後半は、エリーゼのために、月光ソナタ、悲愴ソナタ(第2楽章)など、良く知られたベートーヴェンの作品を流麗に弾いてくれました。 また、トロイメライで有名なシューマンの「子どもの情景」 全13曲は、あがたさんの自作の詩(ポエム)を見せてもらいながら聴くことが出来たせいで、イメージが膨らみました。良いアイデアです。

他にもショパンの別れの曲など多数のピアノ曲を、心を込めて演奏され、その都度大きな拍手に包まれていました。

Dscn07991

アンコールは、あがたさん自身の編曲による「花は咲く」 。 次第に盛り上がるところが、とても素晴らしい演奏でした。

喫茶店のオープン記念コンサートとしては異例の長時間プログラムだと思いましたが、ピアノの名曲ばかり堪能出来て、お客様も喜ばれたことと思います。

あがたさんは、12月6日に名古屋市の徳川園で、3月には宗次ホールでコンサートを予定されています。 是非応援してあげて下さい。

« 3大B(バッハ、ベートーヴェン、ブラームス)を聴く | トップページ | 意外な名曲 マーラー「夜の歌」を聴く »

音楽」カテゴリの記事