左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« お粗末な政界の泥仕合が早期解散の引き金に? | トップページ | 「 その日から 」 に魅せられて »

2014年10月30日 (木)

旅するマリンバ

宗次ホールランチタイムコンサート「 旅するマリンバ 」 を聴いて来ました。

演奏は、日本クラコン全国2位など、実力派マリンバ奏者の岩崎愛子さんです。

Dscn06821

木製の音板から出る温かみのあるマリンバの音色は、とても心地良いものです。

「トロイメライ」は、優しい音楽が会場を包み、本当に夢見るような演奏でした。

そして、マリンバの低音の魅力をお客様に伝えるため、岩崎さんが即興演奏をしましたが、3分間ほど目を閉じて聴いて、その深く余韻のある音色を満喫しました。まるで宇宙空間のような広がりを感じさせてくれます。

テンポの速い技巧的な曲から、しみじみした日本の歌曲まで約1時間、軽快なトークとマリンバの柔らかい音色に大いに癒されたコンサートでした。

« お粗末な政界の泥仕合が早期解散の引き金に? | トップページ | 「 その日から 」 に魅せられて »

音楽」カテゴリの記事