左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の35件の記事

2014年9月29日 (月)

信仰の山で起きた大参事

もう40年以上も前に御嶽山に登った。

岐阜県濁河(にごりご)温泉登山ルート(7合目)から登ったが、登山道が整備されていて、初心者でも安心して山頂に着けた。 途中、突然の雷雨で山小屋に避難したが、あくる日は晴天で、頂上からの展望は格別だった。

3000m級の独立峰は、富士山と御嶽山だけで、どちらも霊峰として信仰の対象になっている。

その御嶽山が突然噴火した! 事前に情報もなく、多くの登山者が巻き込まれ大参事となってしまった。


一か月ほど前、BSで見た「名峰絶景探訪 木曽御嶽 天空の社が守る霊峰」をもう一度見てみた。

Dscn05891

御嶽山は、まさに天空の社(やしろ)が守る霊峰と言える。修験者が登る信仰の山として古くから知られ、ルート上に神社が点在し、冥土(めいど)にあるという 「 賽(さい)の河原 」 も存在する。永く女人禁制で、明治初期にやっと女性も登れる山になった。近年では、女性を含む多くの登山者に人気があったようだ。

社(やしろ)が守る霊峰で起きてしまった大参事、多数の犠牲者のニュースに接し、今回ばかりは神を恨む人も多いだろう。

それにしても今回の噴火は予知できなかったのか? 2週間ほど前から火山性地震が頻発していたとのこと。データはあったが予見できなかった。噴火が起きてから「レベル3」に上げても意味がない。何のための観測だったのか。悔やまれてならない。

広島の土砂災害、3年半前の東日本大震災、災害が起きるたびに評論家や大学の先生がTVでもっともらしいことを話しているが、要は専門家でも予知は難しく、災害を未然に防ぐことは出来ていない。

地震列島、火山列島、台風列島の日本では、自分の身は自分で守るという覚悟が必要になる。 退化してしまった動物的本能を呼び起こし、サバイバル術を身につけることが今、現代人に求められている。

2014年9月27日 (土)

前途多難な再生可能エネルギー

政府はエネルギー基本計画で、再生可能エネルギーの比率を、2030年に20%を超える水準にしたい方針です。

しかし現状は、まだ2%に過ぎず、まだまだ目標にほど遠いと言えます。

ところが、このほど九州電力は、再生可能エネルギーの購入受け入れを中断しました(家庭用は除く)。 他の一部の電力会社も中断検討や受け入れ制限を検討しはじめたようです。

一見、不可解なニュースと言わざるを得ませんが、九電の説明では、太陽光発電などの自然エネルギーは、天候に左右されやすく、安定的な電力の供給には向かないとのことです。

特に九州では、日照時間などの条件が良いため、急速に太陽光発電の普及が進み、7月末の買い取り申請分だけで、1260万キロワットに達していて、すべてが接続されると、電力の安定供給に支障が出たり、送電設備に負荷が掛かり、停電などの障害が起こると言うのです。

説明は分かりますが、そんなことは初めから分かっていたはずです。何故今になってそんなことを言うのでしょうか。

国内全体で、わずか2%しか普及していない再生可能エネルギーは、今回の九電の突然の買い取り中断で、早くも暗礁に乗り上げた格好です。

1260万キロワットといえば、原発(1基100万キロワット)12基分に相当します。無理をして原発を再稼働しなくても済むはずですが、今になって出てきた安定供給問題と送電網不備の壁が大きく道をふさいでしまいました。 今後は政府主導で、蓄電システムや送電システム(送電設備、九州外への送電)の早期改善を図って欲しいと思います。

Img_2123
九州おひさま発電(薩摩川内市次世代エネルギーウェブサイトより)

2014年9月25日 (木)

自筆譜の発見の意味するところ

AFP(9・24配信)によると、モーツァルトのピアノソナタで最も有名な「ピアノソナタ第11番イ長調K331」の自筆譜が発見されたそうです。

詳しい経緯は分かりませんが、この自筆譜はハンガリーの国立セーチェーニ図書館で公開されます。

Mozartkotta1
国立セーチェーニ図書館公式サイトよりhttp://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=hu&u=http://www.oszk.hu/&prev=/search%3Fq%3DOrsz%25C3%25A1gos%2BSz%25C3%25A9ch%25C3%25A9nyi%2BK%25C3%25B6nyvt%25C3%25A1r%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGNI_jaJP565JP565

230年の時を経て、あの有名な「トルコ行進曲付」ソナタのモーツァルト直筆の楽譜の発見は、音楽界にとってBIGニュースではないでしょうか。

何故なら、この発見によって今後ソナタK331の楽譜が改訂される可能性があるからです。

この楽譜は、1784年ウィーンの出版社アルターリア(Artaria)から初版が発行されていますが、今後は研究者によって自筆譜との詳細な比較が行われるはずです。

実際、1990年に自筆譜が発見された「ピアノソナタ第14番ハ短調K457」では、従来の出版譜と詳細に比較した結果、テンポ、強弱記号、奏法記号などに差異があり、その後に改訂されています。

しかし、モーツァルト研究は現在も進行中であり、さまざまな楽譜版が存在するのも事実で、今回の発見でK331の楽譜が大きく変わることはないと思います。ただ、初版譜に明らかな誤植が認められた場合は改訂される可能性はあります。

むしろ、現代の出版社は、自筆譜より、モーツァルト存命中の初版譜を尊重する傾向にあります。ある研究者によれば、初版譜は、自筆譜より少し易しくしてある場合もあるそうです。時代背景や出版社の販売戦略もあったかも知れません。

それより興味深いのは、今回発見された自筆楽譜の行き先です。博物館や図書館に所蔵されるのなら良いですが、1990年発見のソナタK457の自筆譜は、サザビーズのオークションで88万ポンド(2億円余)で落札されています。

最も有名なK331ですから、もしオークションに出せば、相当な高額になることは間違いありません。

ただ、後日の報道によれば、発見された自筆譜は、(もちろんですが)全曲ではありません。1楽章と2楽章のごく一部ということです。あまり興味本位になるのはやめたほうが良さそうです。

ちなみに、ベートーヴェン第九の初版筆写スコア(自筆譜ではありません)は、190万ポンド(3億6500万円)で匿名氏によって落札されています。

神様の時間調整

斎藤ひとりさんの講話テープを聞きました。久しぶりにスピリチュアルなブログになります。

私はこの話を聞いて、運転中のイライラが無くなりました。


斎藤ひとりさんの話を自己流に解釈すると、

日々の生活の中で、私たちの行く手を横切る 「 マイナスのエネルギー 」 の存在があるそうです。このエネルギーは時間の中に浮遊しているのです。

もちろん目には見えませんが、イメージとしては 「 黒いモヤ 」 みたいなものです。とにかく、そのモヤの中は 「 負のエネルギー 」 がウヨウヨ詰まってます。斉藤ひとりさんは 「 魔の時間 」 と言っています。

運悪く、このモヤの中に突っ込めば、災難が降りかかります。

しかし、私たちの神様( 守護霊 )は、この帯状のモヤに出会わないよう必死に私たちを守ってくれています。 もし私たちが進もうとしている前方にこのモヤが現れていれば、神様は進む時間を遅らせたり、方向を変えたりして 「 魔の時間 」 に出会わないようサポートしてくれます。

例えば、車を運転していて、信号が次々と赤になったり、工事で迂回させられたりすることがありますよね。 

一見運が悪いようですが、そうではありません。神様が時間調整してくれているのです。バスや電車に乗り遅れるのも、神様の時間調整です。 私たちが 「マイナスエネルギーのモヤ」に突っ込まないよう必死に時間調整してくれているのです。

そうやって神様は、私たちの災いを未然に防いでくれています。

ですから、信号の調子が悪い(赤ばかり)からと言って、イライラするのはやめましょう。むしろ、神様が守ってくれているのですから感謝して安全運転に努めましょう。

バスに乗り遅れても、ラーメン屋で1時間待たされても、文句を言うのはやめましょう。

すべては神様の時間調整という取り計らいによるものです。 みんなで「 魔の時間 」 を回避して幸せに暮らしたいものです。 

ありがとうございます。

0123

神様の時間調整 youtube

2014年9月24日 (水)

マタハラとドボコン

今日の朝刊に、またまた訳の分からない文字が載っています。

Epson067

クリックで拡大

マタハラ上司??

マタハラ = マタニティー(maternity 妊婦)・ハラスメント(harassment 嫌がらせ) = 出産や妊娠を機に職場で嫌がらせや解雇などの不当な扱いを受けること。

最近は、何でもハラスメントを付けて文字を省略する「 造語 」 が多数あるようです。

一例として、

セクハラ、パワハラ、アカハラ、モラハラ、アルハラなど。

あなたはいくつ分かりますか?


同列ではありませんが、クラシック音楽の世界にも、何でもコンチェルトを付けて文字を省略するマニア向けの「 略語 」 があります。

一例として、

メンコン、ドボコン、ベトコン、オケコン、シベコンなど。

あなたはいくつ分かりますか?

 

 

2014年9月23日 (火)

秋の日のコスモス


9月23日 秋分の日 気温23度 湿度60% 北北東の風2m/s 晴れ

Dscn05691

そよぐコスモス(秋桜)に癒されながら歩きました


秋風あるいてもあるいても      山頭火

暮色蒼然。 今日を境に夜のほうが長くなります。 秋の日は釣瓶(つるべ)落とし。

2014年9月22日 (月)

卯野杏実 ピアノでめぐるヨーロッパの旅

コンサートのお知らせです。

「 ピアノでめぐるヨーロッパの旅 」 ~詩的な調べによせて~

2014年11月7日(金) 11:30~ 宗次ホール

ピアニスト 卯野杏実(うの あずみ)

Epson066
         クリックで拡大

ピアノで、ドイツ、オーストリア、フランス、ロシア、ポーランドを旅します。

しかし、このコンサートの本当の価値は、ピアノ音楽の持つ二面性を表現することです。

詩情的で歌うような音楽と、攻撃的で激しい音楽です。

誰もが知っている「歌の翼に」や「月の光」、ロマンティックでうっとりしますね。

でも、ピアノ音楽のもう一つの顔は、目の覚めるような衝撃的な音楽です。

滅多に演奏されることのない プロコフィエフ 「 サルカズム 」 。 突き刺さるような音の洪水と色彩感。 機関銃のごとく発せられるピアノ音。 推進力と躍動。 

こんなにもピアノは雄弁だったでしょうか。

参考動画 → 超難曲 サルカズム 楽譜付き動画 

 ■ このコンサートは盛況裏に終了しました。 → 詩的な調べに寄せて

2014年9月21日 (日)

蝶に好かれた演奏者 国際コンクールのハプニング

やはり珍しいことなのでブログに書くことにしました。

デンマークで開催中の「カール・ニールセン国際音楽コンクール」において、本番中に一羽の蝶が舞い込んで、演奏中の日本人フルート奏者 太田幸江氏の顔面に止まるという前代未聞のハプニングが起きました。

Flute1_3041103b

       The Telegraph より

太田氏は、このハプニングに動じることなく演奏を続け、その模様がYouTubeで配信されると、世界中から称賛の声が上がり、動画再生回数は170万回を超えています。

前代未聞のハプニング映像 → https://www.youtube.com/watch?v=5I60gr0ZQfw


太田氏は、このハプニングの後、ファイナリスト(3名)
に残り、最終結果は2位の好成績でした!

Imagescaler

おめでとうございます!


今日は、あの人の誕生日だって

佐村河内守氏 51歳。

1963年(S38年)9月21日生まれ、うさぎ年、おとめ座。

140206japanesecomposerfraudmamorusa

誕生花は、イヌサフラン。 花言葉は「裸の貴方」。

自己を演出していた佐村河内氏、貴方は虚飾がはげ落ちて「裸の貴方」になってしまいましたね。

でも、演出家、プロデューサーとしての才能はあったと思います。新垣隆氏も貴方がいなかったら、とても有名になれませんでした。

貴方は多くの音楽愛好家を失望させたと言われていますが、貴方が指示書を作り、新垣氏に書かせた「交響曲HIROSHIMA」は、やはり後世に残る名曲です。

だから、貴方の誕生日をお祝いします。


ちなみに、安倍晋三氏も9月21日生まれです。「裸の貴方」にならないことを願っています。

そうそう、7歳年下の新垣隆氏は、9月1日生まれ、同じおとめ座です。やはり共通点があったのでしょうか。




あがたゆりえピアノコンサート

日本介護ベンチャー協会年次総会のゲストで、ピアニストあがたゆりえのコンサートがありました。

オールショパンプロ、60分トーク付き、名曲ばかりでとても楽しめました。

Dscn05671

音楽は滑らかで温かく、細やかな情感も漂います。そして優しい音色に癒されました。

彼女のコンサートは、選曲、構成、トーク、どれを取っても、お客様本位です。どうしたらお客様に喜んでいただけるか、良く考えてあると思います。

クラシックファンを増やす意味でも彼女の活躍に期待したいところです。



2014年9月20日 (土)

ブログ開設一周年

おかげ様で、当ブログ 「 壺中日月長(こちゅう じつげつ ながし)」を開設して1年が経ちました。いつもお引き立ていただきありがとうございます。

定年とは、高速道路からインターチェンジを経て、一般道に下りることを言います。

景色が一変しました。 今まで見えなかったもの、見過ごしてきたものが見えるようになりました。

そのさまざまな感慨の一端を、自分なりに書き留めておこうと、このブログを始めました。


この一年のテーマは、高村光太郎の次の言葉です。

「 心はいつでも新しく 毎日何かしらを 発見する。」

Dscn05631


佳き人、佳きもの、佳きこと、多くの出会いに感謝申し上げます。






映画「物置のピアノ」

福島の小さな桃農家に生まれ、ピアノに魅せられたひとりの少女の物語。

東日本大震災を経て、福島の小さな田舎町を舞台に、姉妹の葛藤と成長、家族とのきずなを描き出す。

Banner_piano2

映画「物置のピアノ」予告編

9/27~ 東京、神奈川  10/18~ 愛知  11/30~ 埼玉  で公開予定


 

2014年9月19日 (金)

新垣隆音楽 映画「日本と原発」

新垣隆氏が精力的に活躍しています。

今度は、11月18日公開の映画「日本と原発」の音楽を担当しています。


「私たちは原発で幸せですか」 弁護士の河合弘之監督が世に問う原発ドキュメンタリー映画。

Bx3x7cyaa484

予告編を見る限り、音楽は劇的でインパクトがあります。

映画「日本と原発」予告編


新垣氏のオマケ画像です。↓

34087_1399_72b10555_c636fe9am_2

15日、大阪市内のショーでニセ佐村河内氏に出くわした新垣氏。

本人は、「一瞬ドキッとした」そうです。

流れなかった「蛍の光」

注目のスコットランド独立の是非を問う住民投票は、独立反対側が勝利する結果となりました。

卒業式など別れのシーンに定番の「蛍の光」は、ご存知の通りスコットランド民謡ですが、今回ばかりは、「蛍の光」が流されることはありませんでした。

スコットランドの準国歌である「蛍の光」の原曲は、「Auld Lang Syne」で、旧友と再会して酒を飲みかわす、と言う意味だそうです。

今回のことで双方にわだかまりを残すことなく、酒を飲みかわして友好の絆を深めて欲しいと思います。


スコットランドで思い出した「フィンガルの洞窟」。

メンデルスゾーンの楽曲や、ウィリアム・ターナーの絵画が有名ですね。

37d22313b28bb8134aed731cc94ac627cd2 Staffa1

メンデルスゾーン フィンガルの洞窟




2014年9月15日 (月)

小2から熟年までオーケストラと協演

「 第6回夢のプロオーケストラとの協演 」 に出掛けました。

声楽、指揮、ブルグミュラー、協奏曲の各部門に分かれ、それぞれアマチュア音楽家が堂々たる演奏を披露しました。

今日は全員が主役です。

Dscn05461 Dscn05531

明日からでもオペラ歌手になれそうな人から、本物の指揮者よりカッコいい熟年の人、可愛らしいピアニストの卵のお子さんたち、コンチェルトを本格的に弾いたお姉さんたち。

ほぼ満席の客席からは、本日の主役の皆さんに温かい声援が送られていました。

2014年9月14日 (日)

オペラ万葉集(演奏会形式)を観る

黛まどか台本、千住明作曲によるオペラ万葉集(9・13 芸文コンサートホール)を鑑賞しました。

オーケストラ、合唱団、ソリスト他 総勢200名近いスケールの大きな公演でした。(名古屋初演)

Dscn05421
満席の場内と、プレトーク中の黛、千住両氏

最古の和歌集「万葉集」を、現代女流俳人の黛まどか氏が読み取り、台本に書き下ろして1300年以上も前に起こった人間ドラマを現代によみがえらせた創作オペラです。

作曲家千住明氏が精魂込めて創ったという音楽は、雄大なスケール、躍動する生命力、そして、切々とした情感にあふれた名曲と言えるでしょう。

特に、後半の二上挽歌編「伊勢」の、大伯皇女(おおくのひめみこ)の歌唱は心に響きました。限りなく哀しく切ない旋律、歌手に大伯皇女が乗り移ったかのようでした。合唱団の皆さんも、ついソリストの歌唱に引き込まれていたのではないでしょうか。

どのソリストも役柄を良く理解され力演だったと思います。合唱も休憩をはさんで2時間立ちっぱなしで、最後まで感動的に歌い上げました。合唱無くしてこのオペラは成り立ちません(マタイ受難曲を思い出しました)。きっと猛練習されたことでしょう。

黛氏、千住氏はもちろん、演奏者、関係者の皆様に敬意を表したいと思います。記念すべき初演だったと思います。

Dscn09301

(BSジャパン TV画面より)


余記ですが、プログラム(約30ページカラー)が200円でした。とても良心的に思いました。また、開演前のプレトークも良かったと思います。それに、語り役の方が素晴らしかったと思います。ただ一点、次回に再演される時は、やはり字幕表示をご検討下さい。さらに感動が増すと思います。

Forwebjimaku1 Jimaku1

        舞台上の字幕装置の例

■ 2016年3月26日(土)愛知県芸術劇場コンサートホールにて再演決定!

気性=気象 近年の異常気象を真理の眼で考える

ある喫茶店のミーティングルームで、月1回の真理の勉強会が行われています。

今回は、「自然と人間の調和とは」というテーマで素晴らしい講演がありました。

Dscn05441

近年の異常気象は、地球温暖化が主因だと言われています。確かに温室効果ガスの増加は憂慮すべき問題でしょう。

しかし、本当にそれだけでしょうか。

万物の霊長たる人間と地球とは、本来は調和が取れているはずです。人間を含むすべての生物は、地球という惑星の生命体と一体であり、人間の精神波動が地球の生態系や自然に影響を与えています。

以下は講師の先生が用意された資料「光の泉 S48年5月号」より一部転記します。


「人間の精神波動は、全ての生物に影響を及ぼすだけでなく、気象に対してさえも影響を及ぼし、人心すさびて荒々しくなれば、気象の変化も荒々しくなり、たまたま雨降れば、時ならぬ集中豪雨となり、洪水となり、がけ崩れ、人畜におびただしき被害を生じる。

これら外に起こるごとく見える被害も、実は人間の内にある心が争いに満ち、争闘と、非難と、攻撃の精神の波動を影響せしめてその性質を変ずるのである。」


すなわち、自然界の異常気象は、人間の争いの波動が影響しているというのです。

そう言えば、近年の社会問題、世界中の紛争、領土問題、人種問題から、いじめ、自殺、オレオレ詐欺、児童虐待など、人心(じんしん)は乱れに乱れています。

すさんだ私たち人間の「気性」が、荒々しい自然界の「気象」を創っているとしたら・・・

非科学的かも知れませんが、物の見方は360度、こんな考え方もあるということを知っただけでも収穫です。

気性=気象 なかなか考えさせられる貴重な講演でした。今日からは少しでも心穏やかに過ごすことを心掛けたいと思いました。ありがとうございます。 九拝

晴天かと思えばゲリラ豪雨 最近のニュース


理研の高橋政代プロジェクトリーダー率いるチームと、先端医療センター病院が、ips細胞の世界初の移植手術を行った
。(各社ニュース)

B_06766014

     写真 神戸新聞NEXTより


とても歓迎すべき明るい二ユースだと思う。 リーダーの言う通り、まさに「大きな一歩」であり、これを機に再生医療の新時代が到来することに期待が集まる。

ただ、最近のニュースを見ていると、常に話題の人が登場して、マスコミによって大きく持ち上げられるかと思うと、急にストンと落とされるパターンが多いことに気づく。

小保方晴子ユニットリーダーや佐村河内守氏、古くはホリエモンなど、「時代の寵児」、「現代のベートーヴェン」「世紀の大発見」などと持ち上げられ、問題が発覚すると、寄ってたかって袋叩きにする。

もちろん、報道自体は間違っていないが、その落差が大きい。人格まで否定されかねない昨今の報道の在り方には疑問を感じてしまう。

 

晴れかと思えば、突然のゲリラ豪雨。 今回の理研のニュースがゲリラ豪雨にならないことを切に願っている。



仏典が学べる倖せ

ご住職の法話で仏典を学ぶ「月例聞法会」が開かれました。 月1~2回のペースです。

ご住職は元大学の先生だけあって、講義内容はアカデミックです。

資料は、漢語→書き下し文→現代語訳 と分かり易く、お経の意味が良く理解できます。

Dscn05411

これだけの講義が無料で、しかも茶菓付きです。

今日は、政治家がよく使う「不退転」の語源を勉強しました。梵語(サンスクリット語)も勉強します。

昼間は、親鸞聖人の伝記「御伝鈔(ごでんしょう)」を、夜は「阿弥陀経」が教材です。全部は頭に入りませんが、たとえ一つでも知識となれば幸せです。





自尊を弦の響きにのせて チェリスト青木十良氏の死

名古屋出身のチェリスト 青木十良(あおき じゅうろう)氏が亡くなった。99歳だった。

88歳で、「バッハ無伴奏チェロ組曲第6番」をCD発売、その後91歳で「同5番と鳥の歌」を、96歳で「同4番」を発売した。

また2012年には、本人のドキュメンタリー映画「自尊(エレガンス)を弦にのせて」が完成。指揮者の小澤征爾氏も制作に関わっている。

2012年の新聞記事(クリックで拡大)97歳チェロ奏者 青木十良 ↓

Epson063
     記事 中日新聞 長谷義隆氏

「人生50、60代は勉強の時期、70代はさらに完成を目指し、80代で開花したらいい。」

忍び寄る老いと闘いながら、バッハの高みへのぼっていった奇跡のチェリストの死に哀悼の意を捧げたい。

参考映像 映画特報 自尊を弦の響きにのせて




2014年9月12日 (金)

震災3年半 見えない未来を一枚の絵画に託す

吉田調書の誤報をめぐって朝日新聞トップが謝罪した。

As20140912000352_comml_2  Img_0

139081384155475533227   Ikegami

従軍慰安婦の吉田証言が虚偽として、記事を取り消したことについても、遅きに失したと謝罪した。 謝罪についてジャーナリストの池上彰氏は評価している。

二人の吉田なる人物にかかわる報道によって、朝日の権威も信用も地に落ちた。 朝日の歴代の社長や幹部はこの事態をどう見ているのか。 特に慰安婦問題は事件をねつ造し、日本の国益に計り知れない損害を与えた。現トップが謝罪して済むレベルではない。

時期を同じくして、吉田調書と吉田証言の問題があるが、震災3年半の節目にあたり、ここでは原発事故に焦点を当てたい。

 

吉田所長の調書公開により、原発事故当時の生々しい状況が見えてきたが、この公開も遅きに失した感がある。すでに国会の事故調査委の最終報告は終わっている。

事故調査委は、福島第1原発の事故は人災だったと報告している。それなのに、一体誰が責任を取ったのか? 東電幹部も、原子力安全保安院も、原発を推進した自民党も、当時の政権も、誰も責任を取っていない。そのことの方が重要に思える。

東電の吉田所長も以前は原発の地震・津波対策の責任者(原子力設備管理部長)だった。報道によると、2008年3月時点で、社内チームが最大で15,7メートルの津波が予想されると試算したにもかかわらず、対策を先延ばししている。

この期に及んで、調書の公開はどれほどの意味があるのだろう。すべては遅きに失したと言うよりほかない。

震災から3年半、未だ24万6千人(原発関連は12万人余)が故郷を追われ避難生活を強いられている現状の中で、最も大事な原発事故の収束が遅れている。汚染水の垂れ流しは止めることが出来ない。除染も進まない。

また、震災関連の自殺者は、内閣府の調査によると福島県で56人、宮崎で37人、岩手で30人となっている。先日も原発事故に関係した自殺が裁判所に認定され4900万円の支払いが命じられた。

人的被害ばかりではない。中間貯蔵施設の建設には、1兆数千億円掛かる。今後の除染にはざっと5兆円掛かるという。 そして廃炉には少なくとも40年は掛かるらしいが、その間の費用は別途必要になる。まさに天文学的数字である。

湯水のごとく税金が投入されるだろう。復興特別税の徴収は今後25年間、住民税の加算は10年間続く。電気料金も上がるだろう。それでも足らない。原子力発電が安いなどという虚言は絶対に通用しない。

しかし、川内原発の再稼働はゴーサインが出た。万一事故が起きても誰も責任は取らないから、今回のように税金を上げれば済むだけの話だ。 

一方で、経団連は企業献金の復活を目指している。企業と政治家の癒着を無くそうと、政党交付金制度が出来たのに、献金が復活したら、政党は二重取りとなる。本来なら、政党交付金(税金)は廃止すべきだろう。今後を注視したい。

このように、素人評論家の私がちょっと考えただけども問題が山積のように思える。一体日本はどこへ向かっているのか。

特定秘密保護法、集団的自衛権、消費増税、原発再稼働などと、世論調査の民意が反映されないまま政治が進んでいる。ネガティブに考えたくないが、日本の未来に明るい光はあるのだろうか。

 

森本草介 画 「 未来 」  ( 画集 「光の方へ」より )

1110143

震災の日、写実画家の森本氏は、千葉のアトリエで大きな揺れに見舞われた。不思議にもこの絵が無傷のまま残ったという。だから、「未来」と名付けた。

静寂の中にたたずむ女性の姿に、安らぎが漂う。視線の先には平和への揺るぎない信念を感じる。 気高い美しさだ。

せめても、この一枚の絵画の中に明るい未来を見出して、現実から逃避することにした。

 

2014年9月11日 (木)

今日も美味しく、楽しく! ほのりん男の料理

食欲の秋が到来。ほのりんプラザの「男の料理教室」が今日も楽しく開かれました。


1.さんまのかば焼き丼

2.揚げ出し豆腐

3.長芋とじゃこのサラダ

Dscn05371

今年は値段が高いと聞いていましたが、とても立派な秋刀魚が美味しく戴けました。

初めて、三枚におろすことを習いましたが、先生に助けてもらい何とか出来た次第です。

Dscn05341

ピカピカのキッチンスタジオ、最高の先生方、気の合う仲間、そして食後のコーヒータイム、今日も美味しく、楽しく学べました。 感謝申し上げます。

2014年9月10日 (水)

ウィーンの話題 3つ (2014年9月)

【その1】 楽聖のそばで安息の眠りに包まれる


この程、ウィーン中央墓地の一角が、日本人のために売り出されることになった。

クラシックファンも驚くこのニュース(出典 IRORIO)。 音楽ファン憧れの世界遺産ウィーン、その中央墓地が、ウィーン国外の人に提供されることは初めてとのこと。

この事業を手掛けるのは、ワールド・ミュージックファン・セメタリ―(株)。

Page4img5
        同社Webサイトより

お値段は永代供養込みで、お一人300万円だそうである。(310基限定)

死んでから、ベートーヴェン、ブラームス、ヨハンシュトラウス、シューベルトなどの楽聖たちと一緒に眠るという究極の墓所の提案。 

興味はあっても・・・

https://www.youtube.com/watch?v=_xJUXWP4Ug4




【その2】 華麗なるコロラトゥーラ 田中彩子 CD発売
(2014・11・26)

ウィーンを拠点に、ヨーロッパで活躍中のソプラノ歌手の田中彩子が待望のCD第2弾を発売する。(エイベックスクラシックスよりメジャーデビュー)

彼女はウィーンで学び、22歳の若さで名門ベルン州立歌劇場(スイス)でデビューした。
数少ない ハイ・コロラトゥーラソプラノとして最も注目の新星である。

CDタイトルはズバリ「華麗なるコロラトゥーラ」、夜の女王など全12曲を収録。

995

2015年3月、東京、大阪で公演予定     

田中彩子オフィシャルサイト(日本語サイト)

田中彩子 公式サイト(ドイツ語・英語)



【その3】 ウィーン国立歌劇場音楽監督の突然の辞任


小澤征爾氏の後任として名門ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任していた オーストリア人指揮者 ウェルザーメスト氏が、シーズン途中で辞任を表明した。(ロイター発)

同劇場の総支配人 ドミニク・メイエール氏との、芸術性の違いが原因とのこと。

Wiensocardillac1

ドミニク・メイエール総支配人(左)と ウェルザーメスト氏

今シーズン残りの34公演は代役として誰が指揮をするのか、また後任の音楽監督には誰が就任するのか、このニュースの行方から目が離せない。

ホームコンサートで聴いた夭折の作曲家

滝廉太郎(1879-1903) 享年23歳

貴志康一(きし こういち 1909-1937) 享年28歳

にドイツへ留学して西洋音楽を学び、同時に日本音楽を西洋に広めた先駆者である。

 

惜しくも、滝廉太郎は結核で倒れ、貴志康一は虫垂炎をこじらせ帰らぬ人となった。今なら治る病気である。

Img_0_2  Img_kishi_koichi_01

↑滝廉太郎物語(1993年)   ↑ヴァイオリニストでもあった貴志康一


音楽ファン十数人が集まったホームコンサートでは、滝廉太郎の「荒城の月」がソプラノ独唱で、貴志康一の「月」がヴァイオリンで演奏された。 この日は中秋の名月であった。

参考動画  月 ヴァイオリン&ギター 貴志康一 バレエとのコラボ映像youtubeより

Dscn05321

二人の夭折の作曲家に光を当てた今回のホームコンサートは大成功だった。

2014年9月 9日 (火)

優しさの欠落 杉山平一の詩に学ぶ

繰り返される いじめによる自殺。 学校ばかりではない。 海自の痛ましいニュースが連日報じられている。 

また、児童や幼児への虐待事件が後を絶たない。 わが子を虐待する親。 深い闇を見る思いがする。

弱い者を攻撃する今日の社会。


ここに一遍の詩がある。 杉山平一(すぎやま へいいち)97歳の作品である。

      
             わからない    杉山平一「希望」(2011)より


お父さんは
お母さんに怒鳴りました
こんなことわからんのか

お母さんはお兄さんを叱りました
どうしてわからないの

お兄さんは妹につっかかりました
お前はバカだなあ

妹は犬の頭をなでて
よしよしといいました

犬の名前はジョンといいます



立場の弱い人間に向かう やり場のない感情。 しかし、この妹は予想に反して、見事に兄の攻撃をかわして見せた。

「お前はバカだなあ」と言われ、もちろん素直に受け入れたわけではなく、ただ、その言葉に引っかからなかっただけである。

そこには兄に対する絶対の信頼があった。 妹の直観的な家族愛と、人に対する思いやりが、弱いものを攻撃する負の連鎖を断ち切ったのである。

ジョンが捧げる無償の愛。 妹の他者への思いやり。 

この詩は、そんなことを私たちに教えてくれる。 私たちは地球という惑星の家族だということを忘れているのではないだろうか。

271image

  大家族 ルネ・マグリット(画)

桃色の三等切符は疲れた心を運ぶ  関連ブログ

2014年9月 8日 (月)

中秋の名月 うさぎの自己犠牲

9月8日は、中秋の名月(十五夜)です。 一年で一番美しい月が夜空に輝きます。

二番目に美しい月は、10月6日(十三夜)とされます。

今年は171年ぶりに、11月5日(のちの十三夜)の名月も見られます。 3 回もの名月は今世紀中にはありません。 したがって今年は人生に一度の特別な秋と言えるでしょう。

Higashitukil

        東山魁夷 「 月 」

さて、月と言えばうさぎですが、月とうさぎにまつわる話を 「 Wikipedia 」 から一部引用してご紹介します。

その昔、猿、きつね、うさぎの3 匹が、山の中で力尽きて倒れているみすぼらしい老人に出逢いました。

3 匹は老人を助けようと考えました。猿は木の実を集め、きつねは川から魚を捕り、それぞれ老人に食料として与えました。しかしうさぎだけは、どんなに苦労しても何も採ってくることができませんでした。

自分の非力さを嘆いたうさぎは、何とか老人を助けたいと考えた挙句、猿ときつねに頼んで火を焚いてもらい、自らの身を食料として捧げるべく、火の中へ飛び込みました。

その姿を見た老人は、帝釈天(たいしゃくてん)としての正体を現し、うさぎの捨て身の慈悲行を後世まで伝えるため、うさぎを月へと昇らせました。

この伝説は、仏教説話 『 ジャータカ 』 を発端とし、『 今昔物語集 』 などを始めとして多く語られ、うさぎの自己犠牲と利他の菩薩道を今日に伝えています。(余談ですが私はうさぎ年生まれです)

Image6651024x768

尚、ロマンティックな月は、芸術家の創作意欲を掻き立てました。多くの音楽や絵画は、月からインスピレーションを得て作られました。

特にクラシック音楽では、ベートーヴェンの月光ソナタを始め、ドビュッシー、フォーレ、ブラームス、シューマン、メンデルスゾーン、シェーンベルク、日本では滝廉太郎などの名曲が残されています。

ドヴォルザーク 《 ルサルカ  》 より 「 月に寄せる歌 」 <9月8日はドヴォルザークの誕生日です)

https://www.youtube.com/watch?v=sbZiNiZJEyQ

640pxlunallena

今宵、名月が見られますように・・・

2014年9月 6日 (土)

映画「グランドピアノ」DVDを観る

~狙われた黒鍵~ 映画 「 グランドピアノ 」 をDVDで鑑賞しました。

51s6mgu9lhl__sl500_aa300_
サスペンスファンにはおススメです。happy01

音楽ファンにはおススメできません。happy02 (監督は作曲家とのことですが、どうしてこうなったのでしょうか・・・)

ベーゼンドルファーが可哀想でした。


初秋の野外スケッチ

「河川環境楽園 オアシスパーク」へ行って月1回のスケッチを楽しみました。

かやぶき屋根の農家がありました。 昔に戻ったかのようなのどかな風景です。

Dscn05221


Dscn05241

園内には、夏の主役ひまわりと、初秋の主役コスモスが同時に咲いていました。

天候不順の中、季節は上手くバトンタッチされていくのでしょうか。

2014年9月 5日 (金)

心の痕跡

愛知県美術館で行われている ある美術展に出掛けました。

2014090414300000

お世話になっている方の 「 パリ遠望 」 など数十点を鑑賞しました。

やはり心の栄養です。 

言うまでもありませんが、絵も音楽も出来るだけ一流を、出来るだけ子供の頃から鑑賞することが大切です。

「 絵は心の痕跡 」 だと言った人がいますが、まさに描いた人の心情や人生までもが、一枚の絵に表れていることもあります。 まだまだ勉強中の身ですが、これからも絵画との出会い、音楽との出会いを大切に過ごしたいと思いました。

2014年9月 4日 (木)

秋の月 友人の早過ぎる死を悼む

同僚だった友人が亡くなった。

突然の訃報に接し、茫然自失のありさまだった。

その夜、

ふと、滝廉太郎の「秋の月」が聴きたくなった。

Hqdefault
https://www.youtube.com/watch?v=MFl4HIc590Q

 

     秋の月                   

                               滝廉太郎 作詞作曲

光りはいつも 変らぬものを

殊更(ことさら)秋の月の影は

などか人に 物思はする

などか人に 物思わする

あゝ鳴く虫も おなじ心か

あゝ鳴く虫も おなじ心か

声の悲しき



思い出をありがとうございました。 安らかにお眠りください・・・



2014年9月 3日 (水)

君が代について考える そして野々村彩乃という歌手の存在

最新のNEWSポストセブンによると、オーストラリアのゴールドコーストで行われた、水泳のパンパシフィック選手権の、日本人の表彰式において流れた「君が代」に前奏が付いていたとして、ニュースキャスターの鳥越俊太郎氏が、

「こんな君が代は聞いたことがない!」 と発言し波紋が広がっている。

国旗が掲揚される国際的な表彰式で、君が代に前奏が付くのは確かにおかしい。前奏が付いたら2小節分繰り返しになり、聴いていても不自然だし、正式な国歌ではなくなってしまう。

法律(国旗国歌法)でも、「国歌としての君が代に前奏はない。」と明記してある。

では何故前奏は付いてしまったのか。 

それは、国歌は歌うものという考え方に基づいている。 国歌は、国の歌なので歌うのは当然で、その意味では前奏があった方が歌い易いだろう。

そもそも日本では長い間、君が代論争があり(今でも続いているが)、国歌を歌うこと自体が問われてきた経緯がある。 不思議な現象だが、まだ国民に国歌「君が代」が定着していないのではないだろうか。

ソチ五輪の時、表彰台の羽生結弦は、君が代を歌っていた。このシーンは誰もが覚えているだろう。

Hqdefault

もちろん、この時は前奏はなかった。(ちなみに演奏は読売日本交響楽団CDを使用)


前奏のある、なし議論をきっかけに、「君が代」について考えたが、ネットを見ていて、何と再生回数が200万回を超える凄い「君が代」を見つけた。

野々村彩乃さん(現在、大阪音大声楽家4年)。彼女が高校3年生の時歌った「君が代」は、今まで聴いたどの「君が代」より素晴らしいのではないだろうか。

0

必見➡ 第82回選抜高校野球大会 野々村彩乃 国歌独唱

参考➡ 2015・2・28 FUJI XEROX SUPER CUPでの野々村さんの君が代動画↓

https://www.youtube.com/watch?v=RuLiyW0Inx8

動画サイトでは、神がかっているなどと絶賛されているが、確かに彼女の声には魅了される。 声に密度と奥行、重量感があり、高校生とは思えない豊潤な声に圧倒される。高音域にかけては、突き抜けるような迫力と広がりを感じる。特に声の密度と重量感は、歌詞の厳かで崇高な内容に一致する。絶品と言えるだろう。

大学生の野々村さん、今後のさらなる成長が楽しみである。 オペラ歌手として世界に羽ばたく日は遠くない。

その後のニュース ■ 2016年3月29日 ニューヨーク カーネギーホールリサイタル 

0329


 



チェロカルテット「Carillon(カリヨン」を聴く

チェロカルテット「カリヨン」のコンサートに出掛けました。

カリヨンは、メンバー全員が東京藝大の同級生で、現在はN響のチェロ奏者、日本センチュリー響の首席チェロ奏者など、それぞれが活躍中の実力派4人組です。

メンバーの1人と懇意にさせていただいている関係で、本日聴く機会に恵まれました。

会場は、メニコン HITOMIホール、こじんまり(110席)とした上質で心地よい空間のホールです。

Dscn05091

どれも素晴らしかったのですが、特に後半の2曲、演奏会用ポロネーズとバッハのシャコンヌが圧巻でした。

精緻&迫力! そして精神性&情熱! チェロアンサンブルの魅力を堪能しました。

広島出身の方がメンバーにみえて、最後は祈りを込めて「G線上のアリア」が静かに演奏されました。

3大都市ツアーとのことですが、明日の東京のコンサートも頑張って下さい。

2014年9月 2日 (火)

あの交響曲「HIROSHIMA」が海外で演奏される

ご存知の方もあると思いますが、あの佐村河内氏の曲とされた交響曲第1番「HIROSHIMA」が、来年エストニアで演奏されることが分かりました。

エストニアは、バルト三国のひとつで、ヨーロッパの北東に位置する観光都市です。

注目の演奏会は、2015年5月14日 同市コンサートホールで開催されます。(指揮 ネーメ・ヤルヴィ氏 エストニア国立交響楽団)

20090217_casals01 100306jrvi

事件発覚以来、日本では全ての公演が中止され、CDも回収されました。

あれほど絶賛され、日本中が沸いた楽曲が地に落とされた格好です。 しかし、作品自体の価値は変わらないはずです。

今回、ネーメ・ヤルヴィ氏が取り上げたことで、この曲が海外でも評価されるかも知れません。

なお、エストニアでの公演、作曲者は、

”Masaru Samuragouchi/Takasi Niigaki” と、二人の名前が記されているようです。 このことが何を意味するか興味が尽きません。

■ お知らせ

その後、エストニア公演は曲目が変更され、「HIROSHIMA」 は演奏されないことになりました。

 

2014年9月 1日 (月)

佐村河内守の企画会社、 演奏会中止で提訴される

まだまだ尾を引く佐村河内事件。 

今度は、富山県文化振興財団が、交響曲第1番「HIROSHIMA」の演奏会中止によって生じた損害金315万円の支払いを求めて、コンサート企画会社の「サモンプロモーション」を富山地裁に訴えた。

Dscn05001

公演中止の貼り紙 (魚津市 新川文化ホール) KNBニュース画面より


2月の事件発覚後、全国で予定していた15公演が中止になった。 今回の提訴によって今後、同様の損害賠償請求が表面化するかも知れない。

当の佐村河内氏は先の謝罪会見で、損害賠償の請求があった場合は応じると言っていたが、先行きは不透明だ。



24時間TV 完成した影絵に城島リーダーが

大好きな藤城清治が出演するとあって、今年の24時間テレビを楽しく拝見しました。

そして、ついに完成。 ( 実物が見たいですがTV画面です。)

生きる喜びを全部詰め込んだという90歳の藤城さん渾身の大作です。

022e0465ae03a463533946b6d04ef9ae

         クリックで拡大
         


感動的なゴールとなった城島リーダーが!

Dscn04891

やはり、ギターや笛を奏でる小人が登場しました。

Dscn04961



参考  こびとのオーケストラ ↓

61keecbvykl

藤城先生、本当にお疲れ様でした。いつまでもお元気でご活躍下さい。

影絵作家 藤城清治が24時間TVに出演

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »