左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 名曲の暗号 (本の紹介No.004) | トップページ | 音楽と絵画の融合 »

2014年1月26日 (日)

日本を変えられるのか?

繰り返しになりますが、政治に関心を持つことは、私たちの暮らしや、日本の将来を考えることと同じです。

それは歴史が証明しています。


だから、東京都民でもないのに、どうしても気になる都知事選。

元総理二人の連合チーム(細川氏)が勝つのか、自○党、公○党の推す舛添氏が勝つのか。共○党、社○党の推す宇都宮氏が勝つのか混沌とした情勢です。それにしても、かつて唾を吐いて出ていった舛添氏を応援しなければならない自○党。人材がいないことが露呈した形になりました。

色々ある都知事選ですが、その焦点は、やはり原発問題でしょう


防災も、経済も、オリンピックも大事ですが、原発再稼働だけは困ります。これは日本国民全体の問題です。

与党である自○党、公○党の中にも原発に反対する人がいます。

原発はコストが安いというのは、万一の事故の処理費用や、使用済み核燃料の最終処理にかかる膨大な費用(7兆~11,9兆円)を計算に入れない暴言です。


また、東京都知事選と原発は直接関係ないという意見もありますが、認識不足も甚だしいと思います。

東京都の電力の一部は福島で作られていました。電力の最大消費地東京のために福島の原発はあったのです。

原発が安全というなら、どうして東京湾に作らなかったのでしょう?わざわざ220Kmも離れた東北の福島に作ったのでしょうか。送電線設備や送電ロスを考えても、そうせざるを得ない理由があったのです。それは誰でも分かることです。

だから東京を守るために、福島は犠牲になったと言っても過言でありません。(もちろん都民に罪があったわけではありません。)


ただ、心ある人なら都知事選と原発は関係ないなどと言うことは許されません。


やがて3年経つのに、原発事故は全く収束していません。今なお福島だけで13万人の人たちが故郷を追われ避難生活を強いられているのです。汚染水の流失は深刻です。廃炉までは順調にいっても数十年(40年~50年)かかると言われています。

それでも原発再稼働を目指す「自○党」。 何度も言いますが、安全なら何故東京湾に作らなかったのですか!火力発電所は12基もあるのです。


国民目線のはずの公○党は、消費税の軽減税率の採用を自○党に要求しても、最終的には譲歩してしまいました。この先も自○党に押し切られそうで心配です。共○党は、独りよがりで正論を振りかざすだけの政党、今回の都知事選も勝ち目がないのに候補者の宇都宮氏を立てて(宇都宮氏は立派な方だと思いますが)、結局は反自民勢力の分散を招いています。残念ながら共○党は自○党の補完政党と言わざるを得ません。国民の期待を大きく裏切った民○党は論外、もう存在価値なしです。日本維○の会、み○なの党も態度をハッキリさせません。


一方、今回メディアの報道を見る限り、小泉劇場の再演はありません。大手メディアは電力会社から多額(数百億円)の広告料をもらう以上、口が裂けても反原発とは言えない事情があるのです。そもそも競争相手がない電力会社が広告を出す必要があるのでしょうか? 広告料の裏に何かがあるとしか思えません。

このことは、ニューヨークタイムズ東京支局長、マーティン・ファクラーの著書「本当のことを伝えない日本の新聞」に詳しく書かれています。日本ではジャーナリズムが衰退してしまったのです。 その証拠に、ジャーナリストによる非政府組織が公表している「世界の報道の自由度ランキング」において、昨年(2013年)、日本は53位(2012年は22位)に大きく転落しました。いつの間にこんな日本に成り下がったのでしょう。


私たちは今回の都知事選を通して、日本の将来を真剣に考え、子供たちに明るい未来を残さなくてはなりません。どの候補を応援しても、どの政党を応援しても自由ですが、政治に関心を持つことだけは忘れてはなりません。




19703

小泉元総理の応援演説で感極まって男泣きする細川候補

« 名曲の暗号 (本の紹介No.004) | トップページ | 音楽と絵画の融合 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事