左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 男は大きな河になれ | トップページ | プチおせち料理 »

2013年12月11日 (水)

心に響く命の音

左手のピアニスト智内威雄(ちないたけお)を聴いてきました。

左手のピアニストといえば舘野泉が有名ですが、

NHKのETV特集(11・16放映)「左手のピアニスト、もうひとつのピアノレッスン」を見て、智内さんを知りました。

428

          CDジャケットより



片手で弾くわけですから、端的に言って音が半分になります。どうしても隙間ができるので、ペダルを使って音を伸ばしてやります。伸びている間に次の音を重ねます。

ですから、音がとても豊かに響きます。中世の教会で聴くように、空間にパーッと拡がり、心地よく響きます。頭上から降り注ぐようです。

こうして片手だけのピアノを聴くと、両手で弾く曲は、音の密度が高く、窮屈で、まるで早口言葉を聴くようです。不思議ですね。

智内さんの演奏には、ゆったりとした時の流れを感じます。そして、より大きな感情の起伏を感じます。

一音一音が心に響き、語りかけてくれるようです。

ただ、この日のコンサートは、会場が広くないこともあり、過剰に響き、音量もやや大きいと思いました。常にmf~ffくらいに聞こえました。もっともっとppがあって良いと思います。購入したCDは、音楽的に処理されて、ppがとてもきれいでした。

これからも智内さんを応援したいと思います。ありがとうございました。

« 男は大きな河になれ | トップページ | プチおせち料理 »

音楽」カテゴリの記事