左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 会長の死を悼む | トップページ | 月例聞法会とは »

2013年10月10日 (木)

うまいが一番! 男の料理


Photo_3


                          月1回の「男の料理教室」。

                          本日のメニューは

                          1.秋刀魚の甘辛揚げ

                          2.里芋の煮っころがし

                          3.しょうがシロップ

                          初めて生の秋刀魚を調理したが、意外と上手く出来た!

             しかし、まだ料理人としてのデビューは???



                          あはれ 秋風よ

                          情(こころ)あらば 伝えてよ

                          ----男ありて

                                                    今日の夕餉に ひとり

                                                    さんまを食ひて

                                                    思いにふける。 と

             
                                                   佐藤春夫  「秋刀魚の歌」 より 一節

« 会長の死を悼む | トップページ | 月例聞法会とは »

男の料理」カテゴリの記事